わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

             サックスでヒトの心癒やす

         ナマ演奏の場増やしたい

                        岡なづきさん

 

 和歌山市内生まれ、市内在住の岡なづきさんはサクソフォーン(以下サックスと略称で言う)奏者。去る6月「和歌山市議会と高雄市議会との友好交流に関する覚書」調印記念レセプション」でも和装で日本国歌と台湾国歌の演奏をし、皆に感銘を与えた。彼女の魅力を伝えたい。

 (中村 聖代)

e0171960_11231331.jpg

 なづきさんは、現在2人の小学生の母親である。病院の事務職に就きながらサックス活動も続けている。幼いころからの母親の影響だと本人は言う。

「結婚や子育ては自分の時間がなくなり、やりたいことができなくなる」と敬遠する声が多い昨今。大変だが、家族の支えがあってはじめて自分自身の人生を歩むことは可能だと訴える。

【楽器との出会い】

 なづきさんの最初の楽器は、小学3年生になってからのピアノだ。「となりのトトロ」が大好きだった彼女は、家にある古いキーボードを使って両手で演奏していた。もちろん独学。

「それほど好きなら習ってみる?」小さな頃からピアノを習う周囲の中で、同じようにする必要がない、と考えていた母親の心を動かしたのだ。

音楽が大好き少女は4年生になると「金管バンド」に入る。花形のトランペットをやりたかった。が、身長が160㎝あったためか、6年生までずっとユーホニウム担当。

中学校の吹奏楽部では今度こそトランペット、と思ったが、やはり希望者多数。昔ジャズバーに勤めていた父親の「サックスがかっこいいよ」の一言でサックスが第二希望となり、高校卒業までの6年間はサックス。

短大に入ると今度はサックスがいっぱいで無理といわれ、トロンボーン担当になる。思い通りにならないのもいい経験だったと振り返る。

【審査員の一言で】

 卒業後市内で就職。2年ほどは楽器から遠ざかっていた。母から「せっかくサックスがあるのだから、吹奏楽団にでも入ったら?」で、和歌山市吹奏楽団に入団。第二の音楽活動が始まる。

 サックスとピアノのクラシックコンテストに県の代表として出場した際、審査員から「あなたの演奏は独特で魅力的。ソロで活動してみては?」といわれたことが心に響き、「オフィストーン」事務所に所属。イベントや結婚式の演奏、小中学校の外部講師や個人指導、慰問活動などを行う。

【なづきさんの思い】

和歌山ではライブハウスはあるものの、一般人が生の演奏に触れる機会が少ないので、もっと生演奏の場を拡げたい。

 芸大・音大出身でなくても、特別に師事されなくても、自分なりの表現はできるし、目の前の人に心を伝えられることを知ってもらいたい。

 県内にも増えつつある児童虐待。母親と胎児に演奏を聴いてもらって、その結果として虐待を防ぎたい。

 次から次へと、なづきさんの熱い思いがほとばしる。

 サックスは人間の声に近い音色を奏でるため、聴く人の落ち着かせ、穏やかにする効果があるらしい。筆者も癒された。

「自分の音を必要とする人がいる限り演奏を続けたい」という彼女は、要請があればどこにでも来てくれる気がする。


[PR]
by mako0491 | 2018-08-24 11:25 | アタマ記事

和医大便り


新卒看護師の就活について

世界的にも珍しい日本の雇用慣行として新卒一括採用があります。新卒の学生を同時期に採用することで、効率よく人材を確保するものです。もともとは戦前の重工業化の進展とともに人材確保と人材育成を行う必要があった企業事情によって日本社会に定着してきましたが、その時代の景気に影響を受けることや新卒枠を逃した際のやり直しの難しさなどから制度の見直しがしばしば議論されます。

 この新卒一括採用が大学生に密接にかかわるのは、何と言っても「就活」でしょう。大学3年生の秋ごろになると、就職活動を始める学生も増えてきます。看護学生は慢性的な看護師不足のなか、売り手市場と言われ、そんな就活とは無縁かと思われがちですが、最近は決してそうではありません。一般学部の学生のように各病院が開催する説明会やインターンシップに参加し、大学4年生の春から夏にかけて採用試験を受けます。

とはいえ、一般の就活のように何十社も面接に行くということはなく、せいぜい1、2病院の受験で、大半の学生は希望する病院に採用が内定しますし、そうでなくても就職できないということがないのは看護師の強みです。

 必ず就職口はあるという強みも良し悪しで、看護学生の就活は単に就職先を見つけるだけの就職への手続きに過ぎないのが残念です

一般的な就職活動では、自己分析や企業研究に注力することで自分を見つめ、将来を考える機会になります。看護学生の就活は、その部分が省かれがちですが、自分はどんな看護師になりたいか、仕事と結婚などの私生活とのバランスをどのように考え、自分がどう生きていきたいのかといった人生設計を考える機会にすることに意味があると思います。  

大学に入る時点で職業選択をしているだけに、ただ流れるように看護師になって、就職したら現実とのギャップに自分を見失うというのではなく、まず学生のうちに、自分自身をしっかり見つめ、将来を考える機会にすることが大切だと感じています。

(保健看護学部講師 石井敦子)


[PR]
by mako0491 | 2018-08-24 11:13 | 和医大便り


易占い、今回は「現状維持を」

易占いをご存知ですか?

筮竹(ぜいちく)算木(さんぎ)用いて行う占い卜筮ぼくぜい)ともいいます。

さて、(えき)嗜み(たしなみ)20年になる。ほとんど自身が迷ったときに易を立てるくらいで、あまり積極的に易者としての活動はしていないが、たまに口コミで訪ねてくださる方もいる。

私の生き方は、よくブレないね。といわれるが、いやいやブレまくりである。

だが、この易占のお陰で、心が通っているように見えるのだろうと思う。

50本の筮竹(ぜいちく)で占い6本の算木(さんぎ)という棒に形を表していく。(えき)には64()があり、更に算木(さんぎ)に現われた一本一本の意味の形で384通りの答えを導き出していく。

よく、当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)というがそれは捉え方次第で、楽な道ばかり選んでも人生はつまらないと思う。

絶対選択しないだろうなという卦が出ても、その道に進む。なぜなら易には『初噬(しょぜい)(ツイッター)ぐ。再三(さいさん)すれば穢れる(けが)』という教えがあるからだ。

平坦な道ではないが、その方向に進んで良いと思えることは、自身に足りないことに気づき、また工夫をして乗り越えて、確実に経験値が増えていくことである。

もちろん、厳しさばかりではない。心が折れそうな時は、励まされ、勇気をいただくこともある。

とこのように書くと、頼りっきりになっているように思われるかもれないが、あくまでも壁に当たった時のみの手段である。

折角なので、ここまでお読みいただいた皆様に。立てているところをお見せできないのは残念ですが・・・

水火(すいか)既成(きせい)既成(きせい)とは完成の形です。完成した物を手直しするとバランスが崩れます。今は新規事に手を出さない方が賢明。現状を維持してください。こんなん出ました~。

(玉置 ひとみ)


[PR]
by mako0491 | 2018-08-24 11:05 | TOPIXS

8.17視点


しそ栽培愛しさいっぱい


 三女はこれと思ったものには世話を焼く。そして几帳面。毎日、朝早く登校し、朝顔に水をあげていた。夏休みに家に持って帰ってきてからも、毎日水をあげていた。

 すると、今まで体験したことがないことがおきた。夏休み中はもちろん、新学期を迎えても、朝顔は枯れず、時々花をつけていたのだ。恥ずかしながら、長女、次女の朝顔は早々に枯れ、こんなもんだと思っていた。ごめんなさい。

 加えて、三女はひとつずつ花を摘み、種を大事にとっていた。今年、その種を植えたいと言い、育て始めた。ついでに私自身もと、しそ(大葉)を栽培することにした。

スーパーで購入すると一袋100円の大葉。植木鉢と土のセットで800円。割高だが、農薬なしの新鮮野菜が食べられると、購入。水やりが面倒なので、栽培場所は毎日必ず通るところで、日当たりの良いところ。洗濯物を干すベランダに決定。

まず、発芽しやすいように、種を水たっぷりの脱脂綿に乗せ、一日。植木鉢に植え、発芽まで、待つこと2週間。ようやくかわいい芽が出てきたときには、愛おしさでいっぱい。

 こうなると、洗濯を干す度に眺め、取り入れ時も贅沢な時間に。摘んだ4枚の大葉は刻んで梅干しと一緒に温かいお蕎麦に入れて食した。和歌山市でも貸し農園、さらに農家さんの指導を受けながら栽培できる市民農園がある模様。大変さも増えるが、喜びも格段に違うのだろう。人気なのも納得。いつか挑戦しようかな。

(浦田 ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2018-08-24 10:56 | 女の視点