わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

カテゴリ:TOPIXS( 37 )


易占い、今回は「現状維持を」

易占いをご存知ですか?

筮竹(ぜいちく)算木(さんぎ)用いて行う占い卜筮ぼくぜい)ともいいます。

さて、(えき)嗜み(たしなみ)20年になる。ほとんど自身が迷ったときに易を立てるくらいで、あまり積極的に易者としての活動はしていないが、たまに口コミで訪ねてくださる方もいる。

私の生き方は、よくブレないね。といわれるが、いやいやブレまくりである。

だが、この易占のお陰で、心が通っているように見えるのだろうと思う。

50本の筮竹(ぜいちく)で占い6本の算木(さんぎ)という棒に形を表していく。(えき)には64()があり、更に算木(さんぎ)に現われた一本一本の意味の形で384通りの答えを導き出していく。

よく、当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)というがそれは捉え方次第で、楽な道ばかり選んでも人生はつまらないと思う。

絶対選択しないだろうなという卦が出ても、その道に進む。なぜなら易には『初噬(しょぜい)(ツイッター)ぐ。再三(さいさん)すれば穢れる(けが)』という教えがあるからだ。

平坦な道ではないが、その方向に進んで良いと思えることは、自身に足りないことに気づき、また工夫をして乗り越えて、確実に経験値が増えていくことである。

もちろん、厳しさばかりではない。心が折れそうな時は、励まされ、勇気をいただくこともある。

とこのように書くと、頼りっきりになっているように思われるかもれないが、あくまでも壁に当たった時のみの手段である。

折角なので、ここまでお読みいただいた皆様に。立てているところをお見せできないのは残念ですが・・・

水火(すいか)既成(きせい)既成(きせい)とは完成の形です。完成した物を手直しするとバランスが崩れます。今は新規事に手を出さない方が賢明。現状を維持してください。こんなん出ました~。

(玉置 ひとみ)


[PR]
by mako0491 | 2018-08-24 11:05 | TOPIXS

和医大便り 

TOPIX 和医大便り 


ゆとり教育の恩恵か

3月は卒業シーズンです。大学から毎年、約80人の看護師や保健師になる卒業生を社会に送り出していますが、一方でいつも、送り出した教え子たちがどうしているかなと思い出す季節でもあります。

そんな折に、卒業して丸5年になる学年の同窓会がありました。

この学年はとにかく元気がよく、みんなそれぞれに自主自立した力のある子たちですが、学年全体の仲もとても良いのが特徴でした。

在学中は学生たちだけで運動会を企画して、自分たちで一から十まで作り出すような、そんなエネルギッシュな学生たちでした。

5年ぶりの同窓会とあって、歓談するだけでは物足りないこの学年らしく、またもや企画は運動会です。20代後半となり、約半数が結婚をして、4分の1が子どもを持ち親になっているのですが、彼らの行動力とエネルギーは学生時代と全く変わらず、さらにパワーアップしているかのようでした。

それぞれの職場ですっかり頼られる存在に成長し、学生実習や新人の教育担当をしていたり、中にはもう副看護師長になる人もいたり、5年を節目に海外へ飛び出す人もいました。

彼らはまさに「ゆとり世代」です。豊かな人間性を育むことを目的とした「ゆとり教育」を受けた世代なのです。世間一般にはゆとり教育の弊害などと言われ、社会人となったゆとり世代の様々な問題が取り立たされていますが、むしろ私は、彼らにゆとり教育の恩恵を感じるのです。

自主自立というと聞こえはいいですが、学生時代の彼らは大変ヤンチャで枠にはまらない学生たちでした。そんな彼らの特性を潰さずに伸ばすことが出来たからこそ、今、しっかり社会で活躍しているのではないかと思います。教育の制度がどんなに変わっても、やはり重要なのはその中身なのではないでしょうか

(保健看護学部講師 石井敦子)


[PR]
by mako0491 | 2018-04-06 15:32 | TOPIXS

TOPIX

久留米かすりを使った

地下足袋スニーカーなど

e0171960_03071984.jpg

久留米絣(かすり)をご存じですか?福岡県の筑後地方で200年続く膨大な細やかな工程と長い時間をかけて織りあげられる日本伝統の織物。

ギャラリー木綿(ゆう)=和歌山市西高松=では主に久留米絣を使った洋服やバッグなどを販売。2年前、オープン10周年にむけて久留米絣を使った商品は出来ないものかと考え、出来上がったのがこの地下足袋スニーカー&サンダル=写真。

久留米絣との出会いはオーナーの谷口登喜子さんが久留米絣の服を購入したのがきっかけ。肌が弱く化学繊維の服を着ると肌荒れなどをおこしていたのがこの久留米絣の洋服を着たところ夏は涼しく、冬は暖かくそして何より肌荒れが全くおこらなくなった事で久留米絣の素晴らしさを体感しその魅力を伝えるべく和歌山にお店をオープンした。

実はこの久留米絣はほとんどが福岡の小さな工房で作られている。工程に手間がかかるため後継者が減っていっているのが現実。この伝統工芸をたやさない為にオーナーの娘さんの谷口まりこさんも織物屋さんとの交流を深め、この伝統工芸を残すべく和歌山県内外へと販路を広げている。

ギャラリー木綿では久留米絣の生地を使ったオリジナルな製品を扱っているが、洋服と同じ柄でトータルコーディネート出来るように地下足袋シリーズが考案された。

地下足袋は自然と親指に力をいれて歩くことで正しいい歩き方ができるので腰痛の方や外反母趾の方にお勧め。男性にもお勧めという。

地下足袋スニーカー22cm-28cm ¥8,640税込み

地下足袋サンダル242628cm ¥7,480税込み

(神谷 弥生)


[PR]
by mako0491 | 2017-07-06 03:07 | TOPIXS


児童虐待防ぐ策を

最近、関西で児童虐待に関するニュースが目につく。姫路の認定こども園では定員を大幅に超える園児を受け入れ、給食の量が少なく、保育士数を多く報告して公費を不正受給していたとか、大阪の森友学園の経営する幼稚園では、給食を時間内に食べられないと椅子の上に給食を置いて正座して食べさせたり、トイレに行く回数を制限していたという。

警視庁の発表した統計によると、虐待の疑いがあると警察が児童相談所に通告した子どもの数は大幅に増加し、54227万人で、通報件数は大阪が最も多い。

通報件数の増加の背景には、20157月から運用が始まった児童虐待の通報・相談電話「児童相談所全国共通ダイヤル」189(いちはやく)の導入や、報道などによる住民の意識の高まりもあるという。大阪がトップなのは、地域のネットワーク構築が進み、早期に相談や通報がなされる体制づくりが機能している面もある。

厚生労働省は、昨年3月に社会保障審議会・新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会による提言をまとめた。これまでの「保護中心」から「養育中心」に力点をおいている。

具体的には地域における支援機能の拡大、職員の専門性の向上と配置数の増加、里親制度の充実強化などが挙げられている。

かつての日本は、近所付き合いも頻繁で、親戚との交流も多く、大家族の中で子育てを行ってきたが、核家族化が進み、地域や近所とのコミュニケーションも希薄化した近年は、あまり見られない光景になっているようにも思われる。

このような状況の中で、新たな地域や共同体とのつながりが必要とされ、最近ではSNSを介したコミュニティーのやり取りも盛んになっている。地域ぐるみの子育て支援として「子ども食堂」など、うまく受け皿となるような子どもと家庭を支援するようなコミュニティー主体の社会活動が進むよう願っている。

(中山まり)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:22 | TOPIXS

maikosann

 日曜夕方「ばっかもん」の威勢のいい昭和の父の声、「ああ、明日は月曜だ」と現実に引き戻されるご長寿アニメ、その2時間半後、重厚感のある社会派のドラマの提供をしていた、家電メーカーの決算をまつわる様々な話。聞こえてくるのは、提供を止めるとかやめないとか。

 社会的責任、株主への責任、取引銀行への責任といった場面で、経営体質改善は当然のこと。しかし、視聴者としては、アニメもドラマに挟まった広告を見てきたためか、もの悲しさを抑えきれない。

 ブランド戦略といった部分では、どのキャラクターを使うより、あの枠でずっと提供しているその事実が一番の宣伝だった。

やっぱり、冷蔵庫の野菜室はウエスト付近よね…洗濯機は静かな方がいいよね…毎週、同じ時間に見ていると、家電量販店に行っても、まず覚えのあるものを探すのではないだろうか。そのものの一時的訴求力ではなく、ずっと変わらないその威力は計り知れない。こうした部分を論文にまとめたい、と栄谷、ひこにゃんのいる城郭の学び舎で思っていた。

 時の流れは逆らえなくて、離乳食食べて寝る時間だった「ばっかもん」のときは、食べていたわが子は、来月かつおとおなじ学年になる。タラちゃんもわかめちゃんも追い越しています。愛しきを「あいしい」とはよまず「いとしき」と読めます。かくゆう私も学問を修めたのがひと昔半となります。

 どれだけ情報技術が発展しても、ニーズに追いつくサービスが展開されても叶わない、耳なじみや刷り込み。それを数値で表すことができないのでしょうか。

 年度末の気ぜわしさ、学年末、引継ぎなど別れの季節。やりきって、桜をめでたい。どうか平成28年度が無事締められますように。

 (田中 麻衣子)


[PR]
by mako0491 | 2017-03-11 11:08 | TOPIXS

onnna

トピックス

続・女性リーダーたち

和歌子:アメリカの大統領がトランプ氏になり、色々物議を醸しているわね。

天美:クリントン氏の方が票の数としては多かったのだけれど、米国女性大統領の道は遠のいたわね。

和歌子:それはそれとして、今日は国内の女性リーダーについて話さない?

天美:私たちはテレビや雑誌で見たことしか分かり得ないけど―

和歌子:いいじゃない。勝手に評論しちゃいましょうよ。都知事の小池百合子さんなんか、頑張ってるわよね。

天美:本当。テレビ画面を見ていて小気味よいわね。

和歌子:東京オリンピックの見直しとか、築地市場の豊洲への移転問題とか、スパスパ切ってるって感じ。

和歌子:石原慎太郎氏も矢面に立たざるを得なくなったしね。盛り土問題でどんな説明がされるのか楽しみね。

天美:利権に絡んでか何だか知らないけれど、おじさんたちが決めてきたことにメスを入れている?

和歌子:それって、「しがらみ」のない女性だからこそできることと思わない?

天美: 身近な地域の問題にしても言えるわね。永年のしがらみに捉われない女性たちが町内でがんばっているものね。

和歌子:にしても民進党党首の蓮舫氏にはもうちょっと頑張ってほしいわね。なんかスベっている感じがするもの。

天美:彼女が男女の双子の母親って知ってた?子育てもしながら大変よね。

和歌子:防衛大臣の稲田朋美氏についてはどう思う?

天美:国会中継をチラ見したけど、半泣きしてたり、しどろもどろが多くてヤバいよね。

和歌子:つっこみどころがいっぱいあるものね。さすがに防衛大臣だけあって、国民全員―男も女も自衛隊に体験入学すれば良いとか、全員が国を守るために血を流す覚悟がいるとかってことを雑誌や講演で言ってる。

天美:平和ボケしてるって言われる私たち若者だけでなく、年配のひとたちも、うかうかしていられません。

和歌子・天美:みんなの注目が集まる女性リーダーたちに期待するのは、「小気味よく頑張ってほしい」ってことよね。

 (中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2017-03-02 19:16 | TOPIXS

30パーセントで変革が起きる

和歌子:アメリカの大統領にトランプ氏、クリントン氏のどちらになるのか決まるのもあと少しね。

天美:クリントン氏ならアメリカ初の女性大統領ってことね。


和歌子:G7(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダの7つの先進国)では既にイギリスとドイツが女性首相なのでアメリカも女性リーダーになるなら、30パーセント以上を女性が占めることになるわ。

天美:30%に何か意味があるの?

和歌子:「マイノリティが30%を超すなら、変革が起きる。マイノリティじゃなくなる」って、アメリカの経済学者が言ってるのよ。たしか「黄金の3割」。


天美:詳しいわね。ところで世界で女性が政治のトップは他にもいるの?

和歌子:さっき言ったイギリスのメイ首相・ドイツのメルケル首相をはじめ、チリのバシェレット。最近まではアルゼンチンのフェルナンデス、ブラジルのルセフ大統領がいたわ―これら南米は男性優位の文化の根強いところよ。

天美:意外にたくさんいるわね。


和歌子:アジアでは韓国の朴 槿恵、バングラディッシュのハシナ首相、台湾の蔡英文が総統になったし。

天美:日本でも小池百合子さんが都知事になったし、民進党首は蓮舫さんだしね。

和歌子:主要自治体で言うならローマ市長ラッジ、パリ市長イダルゴ、ワシントンのハウザーなどもいるわ。


天美:女性がリーダーだと何が変わるのかしら?

和歌子:やはり子育てや再就職など女性が困っている社会問題に積極的に取り組むでしょう。そもそも争いを好まないわね。


天美:問題は男性が素直に従うかどうかよね。

和歌子:「ガラスの天井」って言葉を知ってる?資質や成果に拘わらず、女性およびマイノリティの昇進や進出を妨げる見えないが打ち破れない障壁があるのよ。

天美:やはり抵抗は大きいみたいね。ところで安部首相は「女性が輝く社会を目指す」って言ってるけど。


和歌子:それはちょっと意味が違うような気がする。いろんな問題をクリアせずに、安い労働力として女性を利用しようとする意図が垣間見えるわね。

天美・和歌子:女性リーダーが大半を占めるような社会が待ち望まれるわね。

   (中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2016-10-31 12:39 | TOPIXS

銃撃事件に思う

事件に遭遇!その時どうなる?

A子:先月末、市内で恐ろしい事件があったよね?

B美:塩屋の拳銃発砲事件のこと?

A子:建設会社社長の次男である元従業員が4人を拳銃で撃って、17時間も立てこもったあの事件よ。


B美:近くの人は生きた心地がしなかったでしょうね?

A子:そりゃそうよ。で、このことが原因でPTSD=Post-Traumatic Stress Disorder

(心的外傷後ストレス障害)になったとしたら誰が保障してくれるのかしら?


B美:強烈な恐怖体験が要因となる精神疾患ということなので、「人質にされる」といったことでない限りPTSDと診断されるのは難しいんじゃない?

A子:場合によっては認定されることもありうるらしいわよ。


B美:知り合いの弁護士さんに聞いたところによると、PTSDと診断されれば、治療費・休業損害・慰謝料などの損害賠償の請求を犯人に対してすることができるとか。

A子:犯人は自殺しちゃってるわけだし・・

B美:一般的には損害賠償債務は、財産と一緒に相続人に相続されるんだけど。法定相続人全員が相続放棄をすれば、誰にも損害賠償請求ができないわね。


A子:犯人の家族の監督責任は問われないのかしら?

B美:いくつかの例外を除いて、家族は、他の家族に対する法的な監督責任を負わないようよ。なので犯人の家族に法的責任として損害賠償請求をすることもできないわ。犯罪行為によって、亡くなったり負傷したりした場合の公的な補償(犯罪被害者等給付金)という制度があってPTSDもそれに含まれるのがせめてもの救いね。 

(中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2016-09-28 11:11 | TOPIXS

バリアフリーを実体験

きのくに随想 第七話 
 想像以上の困難、サポートの重要さ訴えたい

 この5月に左足アキレス腱を断裂。手術即入院となった。なにしろこの年まで入院はおろか病気で学校や会社を休んだ記憶さえない。大げさに言えば大変なカルチャーショックであった。
 
 今まで頭の中では解っていたつもりのバリアフリー…。段差、手すり、わずかな傾斜が実感として襲ってくる。車イスは乗ってみて平面はまだいいとして、舗装道路ですら真中が高く傾いて危険を感じる。わずか1㎝ほどのコードや段差も勢いをつけてやっと超えられる。またエレベーターなしの階段はギプスをつけたまま松葉杖で小さくジャンプして昇り続ける。e0171960_1902179.jpg
 
 それでも車イスに重い松葉杖を抱えて会議や食事会に出ることもあったが、同時に公共施設やホテルのバリアフリーの状況をも実感できた。

 廊下やトイレなどに充分な手すりがあり、段差が一部スロープ化など工夫されてるところは良いが、古い建物のところを車イスで狭い急所を抜ける時などはドアや壁に手を詰めないよう、つい外輪から手を放してしまうなど危険な個所も目についた。

  一方、JRの駅やホテルなどでは歩行が不自由でも職員が助けてくれるのは有難かった。スーパーなどで入口に近い専用駐車スペースの有無など、今までは気に留めなかったところが見えてくる。

 車イスでは目線も子供ぐらいで、まるで幼稚園児になったような世界が目の前に拡がる。服の着替え、1~2m先の物を取る、立ち上がる、トイレなど日常生活の不自由さは身に染みたが、おかげで?少しは介護やバリアフリーについて身をもって考えることができたかと思う。
 
 県内の観光地や交通、公共施設を考えるとき、少しでも広く他府県から来ていただきやすいようバリアフリー化をはかりたいもの。この紙面を借りて、和歌山城の歩行困難者登城サポート活動などをやっていただいている知人の川島さんや笹尾さんたちにはあらためて敬意を送りたいと思います。
                         (A・N・D・O)
[PR]
by mako0491 | 2016-07-22 19:07 | TOPIXS
野球もマラソンもゴルフもあるが、さてーー

e0171960_1926852.jpg
 かつて和歌山は野球王国であった。伝説の嶋投手=写真=を擁した海草中学(現向陽高校)、初期の甲子園常連覇者であった和歌山中学(現桐蔭高校)や、尾藤公監督のもと夏の延長18回星稜高校戦と甲子園を沸かせてきました。最近の甲子園はいい試合はしても敗退。あぁこの春の(夏の)楽しみ終わってしもた…が続いています。
 
 岡山に天満屋という地元百貨店があります。女子マラソンで有名です。1月末の大阪女子などのマラソン大会でいつも活躍し、オリンピックや世界陸上にもからんできます。シャツとパンツと靴だけあれば充分走れるやん。岡山の天満屋にできて和歌山の企業…宣伝にもなるし、県民の心も一つになるのになんでやらへんねん!

 私も目星をつけた会社の経営者に“進言”しました。答えは「女子マラソンってお金かかるよ。コーチもつけチームでメキシコやら高地で長期合宿など大変な費用や…」ウーン…。

 では女子プロゴルファーで地元盛り上げはどうか?被災地熊本は上田桃子、不動裕理、有村智恵、沖縄は宮里藍、諸見里しのぶ…などいっぱい有名選手がいます。年中その話題、ニュースがあり賑やかで地元活性化につながっているのではないか…。

 和歌山県内のあるゴルフ場の経営者にまた“進言”しました。「あの南の県などでは子供のころから競技に親しませるため一般客の最終ラウンドスタート後、子供たちにバッグを背に砂袋を持って、デボット跡を直しゴミを拾わせながら教育面を兼ね無料練習にコースを提供しているらしい…」、

 返事は「そんなことしたらメンバーの一部とか色々ウルサク言う人もいてるし職員の方もなぁ…」。
 スポーツで地元を活性化するのは難しい。「どうしたもんじゃろなー」
                               (A・N・D・O)
[PR]
by mako0491 | 2016-07-09 19:32 | TOPIXS