わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

カテゴリ:ヒト交差点( 24 )

ワダイビト

6.8  ワダイビト   

e0171960_12155955.jpg
工藤 新史(観光学部2回生)

    コミュニティで多彩な出会い

     

和歌山大学に入学する前、高校生の時は、将来どのような暮らしをしていたいかということを、よく友達と話していました。会社にライフスタイルを拘束されず、自分の好きなことをして、自由に生きたい、そう漠然と思っていました。

そのようなことを考えていた私は、高校生の頃も、友達と旅行をしたり、一人で街なかをぶらぶら歩くのが好きでした。地元芦屋の街中をしばらく歩いていると、昔ながらの商店街や古い木造建築が並ぶ住宅街が見え、時には、古墳に出くわしたりします。

旅行をしているときでも、見知らぬ土地をただただ歩き回り、気に入った景色があれば時間を忘れて見入り、ここでどんな生活ができるのだろうかと思いふけってしまいました。

また、観光地の商店街やホテルなどに行くと、働いている人たちの姿がとても活き活きしていました。私もそんな風になりたい、直観的にそう思って過ごしていました。いつしか、観光地に住み働くことは、自分の好きなことをしながら自由に生きていくことなのではないかと思うようになったのでした。

そうして、「観光=自由な暮らし」と思い始め、そこに近づけるように勉強しようと、和歌山大学の観光学部に入学しました。

     大学に入学してからは、「観光地」に行くということだけではなく、様々な「コミュニティ」に出掛けています。有田の段々畑でみかんを収穫してみたり、大学で政治経済を研究するサークルを立ち上げたり、去年の衆議院選挙では、地域の方々と選挙啓発カフェをしてみたりと、興味のあることはどんなことでもやってみようと活動しています。

このような活動の中で、「コミュニティ」で自由に活き活きと生きている人たちとたくさん出会いました。それぞれの人たちが積み重ねてきた十人十色の「自由な暮らし」を見て、では自分ならどうするのかということ考え、これからも「旅」を続けていきたいと思います。

   


[PR]
by mako0491 | 2018-06-14 12:18 | ヒト交差点

和歌山に暮らす外国人妻

6.8付け   

 森 ソルさん(フィリピン出身)

   日本の肝っ玉母さん

e0171960_12074808.jpg

 ソルさんは、来日して35年。フィリピンで生まれ育った年月よりも長くなる。この35年の歴史を聞いた。

 銀行の電話交換手をしていたソルさんが、仕事でフィリピンに来ていたご主人と、知人の紹介で会ったのは、ソルさんが23歳の時。

意気投合した二人は、ご主人が仕事でフィリピンに来るたびに会い続け、ついに19836月、ソルさん29歳の時に結婚、11月に来日した。

 ここからソルさんの日本での奮戦記が始まる。

フィリピンでは、車に乗る時ドアを開けて乗せてくれて後で閉めてくれていたのが、日本に来たとたん、運転席に座ったまま。荷物はほとんど女性が持ち、男性は手ぶら。パーティーなどには夫婦二人で出かけるのに、夫は一人だけで出かける。部屋の中に亡くなった人の写真がずらりと並んでいるのが怖くて眠れなかったこと、またフィリピンではエプロンをつけるのはメイドさんだけで主婦はつけないから、エプロンをつけることに抵抗があったこと等、習慣や価値観の違いに戸惑った。

 

ソルさんは、生花業を手広く営むご主人の会社の仕事をし、教会に行き、子どもやご主人、両親の世話をし、そして家事もこなしてきた。朝5時に起きて、しまい風呂に入って12時に寝るまで目まぐるしく動き回る生活が何年も続いた。その間、両親を見送り二人の息子を立派に育て上げ、家族のために一生懸命に働いてきた。

 今は二人の息子たちも社会人となり独立したので、エステティシャンの資格を取得し、自宅でサロンを開いている。

今では、昔感じた習慣や価値観の違いを感じることも少なくなった。

今日まで頑張ってこられたのはやはりご主人と強くしっかりした絆で結ばれているからだと感じる。穏やかな物腰と口調の中に、芯の強さを秘めたソルさんと話していると日本の肝っ玉母さんが浮かんでくる。現に日本人男性と結婚したフィリピン女性はソルさんを頼ってよく相談に訪れると言う。

ちなみにフィリピンの女性が男性を見るポイントは手と歯だそうで、手でどんな仕事をしているか、歯でどんな家庭で育ったかを推察するらしい。歯が生え変わったころに歯並びを矯正し、ペーストの上に塩を振りかけて歯を磨くらしい。筆者もピカピカ歯を目指してこの塩振り歯磨き法を実践中。(いささか手遅れであるが)

 反対に男性は女性の笑顔を見るそうです。

ソルさんは「今は平気でエプロンをつけてますよ」と白いきれいな歯を見せて、にっこり微笑んでくれた。

(林 多恵子)


[PR]
by mako0491 | 2018-06-14 12:08 | ヒト交差点

和歌山に暮らす外国人妻

和歌山に暮らす外国人妻

 山本トレイシーさん(イギリス出身)

トレイシーさんは、平成11年英会話教師として来日、和歌山市に赴任した。日本の空手に興味を持ち、英会話を教えるかたわら道場に通い黒帯の初段を取得。そこで知り合った空手の先輩の大工さんと平成17年に結婚し、ずっと和歌山で暮らしている。

今では市内2か所で英会話教室を経営し、小中高等学校などで英会話講師もしている。平成24年には女児も生まれ、母としても多忙な毎日を過ごしている。ストレス発散と美容のために夜ルームランナーで走るのが日課だとか(10㎞、ハーフ、フルマラソンにも出場している)。

共働きが主流の英国では家事や育児を夫婦で分担する。来日した頃、「結婚や出産で仕事を辞める」女性がいることに驚いたり、職場で男性が優遇されていると感じたり、定時で帰ろうとして驚かれたりしたこともある。

子どもが生まれた時ご主人が育休を取り、赤ちゃんの世話に貢献。夕食作りはご主人、後片付けはトレイシーさん。その他もろもろの家事も仲良く分担しているが、ほとんどご主人任せらしい。しかし保育園に通う娘のお弁当に時たまトレイシーさんの力作が。遠足などの行事には腕によりをかけてキャラ弁を作る。

言語教育に関わっているトレイシーさんだけに日本人が話す言葉について、次のようなことを指摘する。

「日本語では主語を言わないで話すことが多く、聞き手が混乱する。話し手本人のことかと聞いていたら、自分の子どもや他の人のことだったりする。また、返答が、yesnoがはっきりせず、判断に困ることもしばしば」。

e0171960_15190510.jpg
将来、オールイングリッシュで、遊びながら自然に学べるインターナショナルプレスクールを創りたいと熱っぽく語るトレイシーさん。

和歌山からたくさんの国際人が育成されることを期待する。

(林 多恵子)


[PR]
by mako0491 | 2018-04-06 15:20 | ヒト交差点

12日ヒト交差点


和歌山に暮らす外国人妻

e0171960_18005449.jpg

 

前田 芳(ホウ)さん=写真=が内モンゴルに留学していたご主人と結婚したのは芳さん23歳の時。卒業後二人で中国の学校に通い、資格を取得して来日。3年ほど大阪で暮らした後、ご主人の実家のある和歌山に来て12年が経つ。         

今では日本語もうまくなり、夫婦で中国式リフレクソロジー(足裏マッサージなど反射療法)の店を営むかたわら中国語を教え、ご主人の実家の老舗料亭を手伝い、妻としても、主婦としても、一男一女の母としても、日本社会にしっかり根を下ろして生活している。

来日して間もないころ、信号のない横断歩道を渡ろうと立っていると一台の車が停まり、どうぞと手で合図して渡らせてくれた。また道を尋ねた時はそこまで連れて行ってくれたり、地図を描いてくれたりした。その方たちのやさしさと親切に芳さんは感激。

一番苦労しているのは、やはり日本語。漢字で書けば意味が理解できるものもあるが、日本語にはいろんな言い方があり相手に失礼なことを言っていないか心配だと言う。

日本で生まれ育った中学1年と3年の子どもたちからは「お母さんの日本語、変だ」と言われる。「ラベンダーの香り」を「ベランダの香り」と言ったり、「ハーゲンダッツ」が「ハゲンダッツ」になったりして大爆笑されたことも――車の運転免許試験にも、日本語能力検定試験1級にも合格しているのだけれど・・・

日本人より日本人らしい細やかな心遣いをする芳さんは、日本語をもっと上手になって日本と中国の交流の役に立ちたい、誤解が深くならないように中国人にもっと日本のことを伝えて教えてあげたい、日本人にも中国のことを知ってもらいたいと願っている。

 民間の草の根交流を深めたいものである。

  (林 多恵子)


[PR]
by mako0491 | 2018-01-16 18:01 | ヒト交差点

Airbnbで民泊運営

12・8・ ヒト交差点

Airbnbで民泊運営、海外の客増える

e0171960_12185575.jpg

Airbnb(エアビーアンドビー)とは、インターネットなどによると、空き部屋短期間貸したい人と、旅行などで宿泊地を借りたい人をマッチングするサービスAirbnbでは、宿泊したい地域検索し、日程条件マッチした場合には賃料支払って宿泊約束を取ることができる。詳細情報やり取り基本的にホストゲストとの間で個人的に行う仕組みとなっている。支払いもカードで前払いシステムなので、双方に安心・安全に利用できるそうだ。

Airbnb2008に提供が開始され、商用ホテルでは味わえないさまざまな建物宿泊できたり、現地の人とのコミュニケーションが図れる、商用サービス比べれば安価、などの点から、人気を呼んでいるそうだ。

新宮市で20164月よりこのシステムを利用してご自宅で民泊をされている、『Airbnbふくろく』を運営されている平見靖子さん=写真=にお話を伺った。

始められたきっかけは、市内に空き家が目立ってきたので、買取り、リフォームを検討してみたが、コストパフォーマンスが高く、そんなとき自宅に空き部屋が2部屋あることを生かせないかと思いつき、すぐに保健所で旅館業の申請をし、許可を受け、民泊に踏み切られたそうだ。

次は宿泊施設の宣伝だが、最初は市の観光協会からの当日宿泊客を紹介してもらっていたが、利用は芳しくなかった。そこで知人を通じてAirbnbに加入してシステムを導入したそうだ。

現在は、海外の熊野人気に後押しされ、ほとんどが海外からのお客様という。会話には苦労しているということだが、スマホの英会話サイトを利用してコミュニケーションをとっている。と常に前向きに物事を考えられる姿勢と明るさで、リピーターや宿泊客からの紹介で忙しい毎日だという。平見さんのフレンドリーな対応に国内外を問わず安心感を得られるのではないかと感じた。                   (玉置 ひとみ)


[PR]
by mako0491 | 2017-12-22 12:21 | ヒト交差点

心のブロックを解除

片手に軽く触れるだけ

3分で1個 心のブロックを解除

マインドブロックバスターのさらら凜です。

私は2014年4月 マインドブロックバスターになりました。その時、和歌山市にマインドブロックバスターを養成できるインストラクターがいなかったので、大阪に習いに行き和歌山市初のマインドブロックバスターになりました。

そしてその年の9月、インストラクターになり、たった一人から今では受講中の方を含め29人を養成。その中からインストラクターも数名誕生しています。

マインドブロックバスターは、悩みや気になっていることを片手に触れ、潜在意識が見せてくれるブロックのイメージと解除のイメージを書き換えするだけの簡単なセッションです。 道具もいらないので いつでもどこでもできます。 

潜在意識の部分で書き換えをするので無理することなく自然に自分が望む方に進むことができるようになります。

マインドブロックバスターに、「自ら投資し」で始まり「共に豊かになる」で終わる7つの教えがあります。

私はマインドブロックバスターのリーダーとして活動するため、その教えを軸に創始者の栗山葉湖先生から直接学び続けています。

 以前の私は自分の人生が自分のものだという実感がありませんでした。今までは「自分で決められない」。「誰かに決めてもらう方がいい」。そんな人生を生きていました。

そんな中、出逢ったマインドブロックバスターは違いました。ただ気になること、心が反応したことをブロック解除していただけです。

それなのに50年以上自分で何も決められなかった私が根っこの部分から変われました。 

50年以上もそんなものと思っていた自分の人生が変わったのだから、変わりたいと思っている人は誰で変われる。

それは私だけでなく誰にでもできること。特別な事ではなく、ブロック解除を続けるだけで誰でもできること。それを伝えるために、活動しています。

(さらら凜)


[PR]
by mako0491 | 2017-08-23 04:11 | ヒト交差点

e0171960_09492718.jpg

熊本県の慈恵病院に日本で初めて、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預け入れるシステム「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の運用から10年。これまで125人の赤ちゃんを救い、大きな反響を呼んた。安易な棄子や育児放棄の助長につながり、匿名で預け入れることに子の出自を知る権利が損なわれるなど批判もある。

今回は関西で初めて「面談型こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の設置を目指して、活動されている神戸市のマナ助産院院長の永原郁子さん=写真=にお話を伺った。

 きっかけは、関西でこうのとりのゆりかごを設置するために「特定非営利活動法人こうのとりのゆりかごin関西」(理事長:人見滋樹京都大学名誉教授)が立ち上げられ、その理事に就任したことだった。

「何とかして命を守れないかと思いました。赤ちゃんはけなげに生まれてきます。生まれたばかりの赤ちゃんは、ここはどこ?というふうに周りをきょろきょろ見回しています。お母さんを信頼しきっています。泣いてもお母さんが抱っこしたら泣き止みます。信頼していたお母さんに殺されてしまうんです。そのような女性は、極悪非道ではない普通の女性です」。

「病院で産んだり、育てられない命を産むとこまで守り、後は託すという形にしたいと思っています。中絶される命も確実に人格がある命です。5か月くらいから記憶があります。計り知れない可能性のある命を、自分で生み出せないなら、託せば良いというふうにしていきたいと思います」。

保育器につながるドア(赤ちゃんポスト)の設置には、24時間医師の常駐が必要と神戸市の指導があったため、面談型に切り替えた。面談で話し合うことでお母さんが困っていることに焦点を当てて、問題を解決できると考えている。

お母さんの考えを整理して、一人でいるお母さんと一緒に考えられる。顔を見せたくない人や、夜来る人、誰にも言えない人もいる。助産師の仕事は女性に寄り添って母子の必要に応えることだ。母である女性の痛みにもふれることが出来ると考えている。

永原 郁子さん=1980年大阪大学医学部付属助産婦学校卒業後、病院勤務を経て1993年神戸市北区ひよどり台にてマナ助産院を開業。自然出産/母乳育児の推進/子育て支援/環境問題/戦争を語り継ぐ活動などを通して地域母子保健に携わる。

ヒト交差点  下 8.4掲載

「面談型赤ちゃんポスト」目指す㊦

 

今までわが子が妊娠して困っているという相談をたくさん受けてきた。普通に育てられた子供が性交後に妊娠する。自分の子育てが間違っていたのではないかと悲しんだり、怒ったりする母親に、「大変な時期に、どう乗り越えるかでその後の親子関係が変わっていく。乗り越え方が大切です」と話している。

全国の小中高校の教職員や保護者から講演の依頼がある。小中高校の教職員は、必要に迫られていると感じている。実際学校で問題になっており、生徒は教員に相談するようなことはしない。「意識改革」が必要になっている。

助産院に隣接した土地に、思いがけず妊娠した女の子たちが暮らす「マタニティーホーム」を建てたいと考えている。かつては結婚する前に妊娠することは社会的に認められないことだったが、ここ10年ほどで「できちゃった婚」は隠すことでなくなった。しかし今なお、結婚にいたらない妊娠は認められず、人工妊娠中絶する人がほとんどだ。

事情抱えて妊娠し、職場にも言えない人もしばらくの間「マタニティホーム」で過ごすことで出産できるようにしたいと考えている。

日本では、養子縁組には否定的な人が多い。夫婦の選択肢として、自分の赤ちゃんも生んで、養子も育てるように、養子縁組が一般化するような社会になればよいと考えている。実親も生まれた子供とコンタクトを取り、生まれた子供も私には2人のお母さんがいると、胸を張って生きていけるような社会にしていきたいと考えている。

面談型24時間母子相談窓口」を来年3月開設する予定だ。熊本慈恵病院のような「赤ちゃんポスト」の開設を目指していたが、面談型に変更した。マナ助産院の診察室のすぐ側に専用の面談室を設け、母子のプライバシーに配慮して、通常の入り口と別の入り口を設ける。助産師が24時間対応し、面談室で相談に応じる。匿名でも対応する。産婦人科医が駆けつける体制も備え、児童相談所や養子縁組斡旋民間団体、一時保護施設など関係機関とも連携する。電話での相談も今年12月に開始し、緊急時は24時間で対応する予定だ。」

「面談型こうのとりのゆりかご」の開設に合わせて、思いがけず妊娠した女性と胎児のいのちを守る家として一般社団法人「マタニティホーム・マナ」を建設予定で、寄付を募っている。連絡先は以下の通り。

【マタニティホーム・マナ】ikuko@mana-mh.com

(中山まり)



[PR]
by mako0491 | 2017-07-15 09:50 | ヒト交差点

シニアとゲーム楽しむ

地域の高齢者の方々にいつまでも住みなれた地域でいきいきと健康でいられるようにと、看護学生が軽い運動などを考えてお話しさせていただく機会があり、私も一緒に御坊市にある地域の高齢者サロンにお邪魔させていただきました。

学生たちの話があるというので、わざわざ小雨の中、タクシーに乗り合わせて来て下さった方々もいて、学生の教育はこのような温かい地域の方々に支えていただいていることを本当にありがたく思う毎日です。

 学生の話のあとは、日頃、皆さんが楽しまれているゲームを一緒にさせていただきました。それは道具も手作りで、大きなレジャーシートに40個ほどの数字が書かれたマス目が的になり、その的を目掛けてパターゴルフのようにボールを5つほど転がして、ボールが止まった的の数字の合計を競うというものでした。

またそのボールが角のないサイコロのような形をしているので、思った方向に転がらず、その力加減もなかなか難しいのです。

学生も私も一緒に真剣に取り組んでみたのですが、サロンの方々には全く歯が立ちませんでした。「なかなか思う通りにいきませんねえ」と苦戦している私に、サロンの皆さんが「そうでしょう、人生とおんなじよ」と笑っておっしゃるのです。さすが、人生の大先輩です。 

その言葉になんともいえない重みを感じている私を不思議そうに見ている学生たちの若いまなざしもまた印象的でした。

 そういえば、私もこの学生たちの頃は、そんなことを考えもしませんでした。学生たちの2倍の人生を生きている分の経験の差なのでしょう。そのまた私の2倍近い人生を生き抜いてこられたサロンの方々のように、美しい笑いジワが似合うように歳をとりたいものです。

(石井 敦子)


[PR]
by mako0491 | 2017-06-25 16:27 | ヒト交差点

日中友好、庶民レベルでは・・・

9年前の519日は、四川省大地震の日。

私たちは、四川省南充市蚕糸学校とお付き合いがあった。

地震が少ないと言われている中国での大地震というのが信じられなかった。

また、レンガを積み上げた家が多いので、地震には耐えられないだろうとも思った。

卒業生も沢山、日本で働いていて、彼女たちに連絡をとり、家族の無事を確認したが、犠牲者がなんと多かったことか。

和歌山駅頭で、マイクを握り、四川省大地震災害の募金に立った。日中友好コミニティーかいこ倶楽部として、募金箱を持つ人、地声で訴える人、みんな中国のことではなく、自分のことのように募金活動に、力が入っていた。

マイクを通して一日中しゃべるのも、エネルギーがいる。

通りすがらの、中国人の方が、日本人が中国のためにあんなに募金活動をしてくれているのにと、10.000円を入れてくださった。

中国の方が、声をかけてくれて、その場で、一緒に私たちと募金活動に立って参加してくれる人もいた。

中国と日本での国境線なんてないですね。心が一つと感じた。

国は違っても、じっとしてはおれなかったが、駅頭に立って、みんな心配しながら、募金に応じてくれた人、一人一人の温かい気持ちに感謝💓

二日間で、140.000円ほど募金をいただいた。

中国大使館へ振り込みをすませ、地元誌で、みなさんへご報告をした。

温かい気持ちに、私たちのほうが、心うたれたものでした。

日中友好、国レベルでは、微妙で難しいことが多いが、庶民レベルでは、面子も関係なく、みんなお互いを思いやる大切なお友達だ。

(市野 政子)
[PR]
by mako0491 | 2017-05-30 12:09 | ヒト交差点
e0171960_19231337.jpg

「第一回 天野・花祭り」開催

「わかまなび」サークルというのは、和歌山大学を中心に・県立医科大学・信愛女子短期大学・高野山大学等の学生が連携して、社会教育・生涯学習をベースに、地域起こしを目指して作った研究サークルです。

 このサークルが最初に取り組んだのが、丹生都比売神社を核とした「天野の里の宝を発掘し、地域再生・活性化を目指す」ことでした。

彼らは、去る3月3日開催された、和歌山大学の主催の「クリエ・フォーラム」(学生の創造性を育てる活動)で、この天野地域での活動を、展示パネルを通じて発表していました。 数あるニュース性豊かなテーマの中で、地味ながら興味を引く報告でした。

たまたまそのフォーラムに出席していた私(和大OB)は彼らの活動に強く共感しました。その後彼等とのメールの交換が始まり、この「天野・花祭り」へのお誘いを頂いたわけです。 参加して私は多くの楽しさと今後の生き方の教訓を得ました。

中でも「天野の里」の自然や歴史・文化に魅せられ、他府県から移住されている複数のご家族のお話。学生たちの、参加者に対するサービス活動のチームワークの姿。さらに深まった「天野の里の持つ宝」の知識、それに加えて、地域の人たちの「天野の里づくりの会」の意気込み、等々。それを感じながら素晴らしい一日を過ごさせて頂きました。

 花見の会ばかりでなしに、場所を「天野地域交流センター」に移して開いた参加者35名余りの自己紹介と意見発表は地域と世代を超えて、新鮮で興味深いものでした。6月には「蛍の乱舞・鑑賞の会」も地元で企画されているようです。

(久山 稔)


[PR]
by mako0491 | 2017-05-18 19:30 | ヒト交差点