わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

『パパとあたしのキャンプ』


9.14絵本

『パパとあたしのキャンプ』

鈴木永子絵著 

ひさかたチャイルド 

2009年 1296

対象年齢:年齢に応じて読むことができます。

(読んでもらうには)3歳から

(自分で読むには)5歳から大人まで 

今年の夏は本当に暑かったですね。お出かけしようにもかなりの対策と勇気がいりましたね。そんな時はお家でキャンプ気分を味わいましょう♪

<あらすじ>

今日はあこちゃんとパパがキャンプに行く日です。パパが梅干し入りのおにぎりを握ってくれています。あこちゃんは小さなリュックサックとお気に入りのうさぎのお人形を用意しています。

さあ車で出発です。到着まで山道が続きます。キャンプ場はまだまだです。あこちゃんは少し退屈気味。「パパー、キャンプ場まだあ?おなかすいた」

「じゃあ、おひるにしよう。」ところが、忘れ物です。「ありゃ、おにぎり忘れてきた。せっかく作ったのに。」でも、パパは前向きです。「まっいいか。ソーセージとゆで卵があるしな」

対して、しっかり者のあこちゃん。「あたし、かにパン持ってきた。パパに半分あげる。」

ようやくキャンプ場に着きました。早速、テントを張ります。あこちゃんもテントがお風に煽られないように必死で抑えます。そして、焚き火の薪を一緒に運びます。あとは焚き火をおこすだけ。

ところが、またもやパパが大失敗。火がつかないと焦った途端、あちちちち。親指を少しやけどしてしまいました。あこちゃんはここでも大活躍。ビニール袋に氷を入れてパパの指に当てました。「保育園でドアに手を挟んだとき、先生が氷でこうやってくれたんだよ」

やっとご飯になりました。焼くだけなのに、焚き火の晩御飯は格別です。「パパ、毎日焚き火の晩御飯食べたいな」

次の日は一日中、お魚を捕まえたり、ボートに乗ったりと、のんびり湖で遊びました。昨日の失敗はうそのよう。良い思い出になりました。

(浦田 ひろみ)


by mako0491 | 2018-09-14 10:56 | 絵本この一冊