わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

インターネット情報収集術

e0171960_063773.jpg
石川礼子の情報レポート5   

 みなさんは、インターネットを活用していますか?しているなら、どの端末をつかっていますか?2015年4月のニールセン株式会社の調査では、スマートフォンからの利用者が4,832万人、パソコンからの利用者が5,100万人となっています。

 昨年4月の調べですので、今はおそらくスマートフォンからの利用者がパソコンを逆転しているかもしれません。
 
 そんな身近なインターネット。うまく使いこなす情報収集方法を今回はお伝えしたいと思います。

 まずは、見たい情報が載っているホームページを検索するためのワザ。キーワード検索です。検索エンジン(Yahoo!とかGoogleなど)には、調べたいキーワードを入力しますね。よくテレビの情報番組などで「今週の注目キーワード」なんてやってますよね。アレです。

 そのときに複数のキーワードを入力して調べてみましょう。素早く目的の情報にたどり着きやすくなります。例えば「和歌山市□ランチ」とか「岩出市□ネイル」とかです。□はスペースを表します。そうすると、その2つのキーワードをもったページ(AND検索)が表示されるという仕組み。

 いずれかのキーワードをもったものというOR検索はキーワードの間に「|」を入れてみてください。するとその2つのキーワードのいずれかをもったものを検索してくれます。例えば「和歌山市 ワッフル|和歌山市 サンドイッチ」などですね。

 あと、マイナス検索。調べた中から除外したいキーワードを「-」に続いて、入力します。「和歌山市 語学レッスン-英語」などですね。

 ちなみに2015年、一番検索されたキーワードは「Youtube」「yahoo」「天気予報」だそうです。初めて「Youtube」がトップになったとのこと。時代を反映していますね。

 あと最近便利なのは、ニュースアプリの活用。「Gunosy」や「SmartNews」「LINE NEWS」などが有名ですね。自分の好きなカテゴリを登録しておけば、関連ニュースをスマートフォンに送信してくれます。これを通勤電車の中でチェックしている人も多くなりました。

 それから、RSSリーダーの利用もお勧めです。RSSリーダーとは、お気に入りのサイトの更新状況を集めて、確認することができるもので、最近は「feedly」が人気です。ただ、インターネットは便利である半面、気をつけなければならないことがたくさんあります。そのあたりは次の機会にお伝えしようと思います。
[PR]
by mako0491 | 2016-03-06 00:08 | TOPIXS