わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

上海の友人の日本観光は?

8.21掲載
結局は買い物に夢中

 中国からの旅行者の爆買いが、話題なって久しい。

 上海在住時の友達五人が、日本へ旅行で来た。
 その中、一人は日本で生活の経験があるので日本語は問題ない。
 
 東京、京都と自分たちでコースを作り、大阪・和歌山へとやってきた。
心よく案内を引き受け、観光コースを考えたものの。観光は変更!また変更!

 結局、買い物にデパート巡りだった。

 主人は彼女たちの子供を連れて海遊館へと。報道のような大きな電気製品はないものの、普段買えないブランドのバック、服を、自分と親戚、友達へのお土産に。 関空へ見送る間際もまだショッピング!

 一体いくら使ったのだろう?

 考えてみれば、私も初めての海外旅行は、見るもの全てが珍しくて買い物していた気がする。

 帰宅して、荷物の山を見て何でこんなものまで買ったのだろう?と自分で首を傾げたものだった。

  どちらにしても、彼女たちが納得のいくような日本の旅になったのだろうか。

  本当は、日本の景色や、習慣など感じて欲しかったが、それはまた旅慣れてからなのだろう。
  関空で別れた時、買ったぞーと、満足気な笑顔が輝いていた。
                                  (市野 政子)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-21 11:50 | 女の視点