わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

封印解かれた魅惑の都市 ダバオ

7.10掲載
 災害なく、治安良く、物価安い

 自然環境抜群、利便性も高い
e0171960_13405996.jpg

  この地球上に台風、地震、津波などの自然災害が記録上存在せず、ハワイや沖縄のような自然の豊かさがあり、日本と同等の治安レベルを誇り、物価も日本の3分の1以下という夢のような誰も知らない理想都市が現実に存在しています。その名はフィリピン最南端のダバオ市です。その魅力についてNPO法人海外介護情報センター(和歌山市)理事の小村和成氏に伝えてもらいました。

e0171960_13155643.jpg
自然の豊かさ、ハワイ以上
 
 ダバオ市は日本から飛行機で5時間くらいの近くにあります。1年を通して気候が温暖なことと台風がないため農作物の生産地としても有名で、フルーツ王国と呼ばれていて日本のスーパーなどで売られているバナナやパイナップルの90%はここで生産されたものです。

 従来、生活の利便性と自然の豊かさとは反比例するのですが、人口150万人を超える大都市にも関わらずその自然の豊かさはハワイ以上だといわれています。

 フィリピン第3位の大都市であるダバオ市は日本の地名で例えると、神戸の目前に沖縄があり、山手には軽井沢のような高原地帯、その背後に富士山がそびえ立つといった世界でも例のない素晴らしいロケーションを誇っています。

 フィリピン最高峰で3000m級のアポ山=写真=による新鮮な空気、スイスに次ぐ世界2位の綺麗な水、市内からボートで10分行くと沖縄のような透明な珊瑚の海があるといった素晴らしい環境です。都市中心部にはイオンのようなショッピングモールが8ヶ所、大学数は43の学園都市です。

南国フルーツ美味
e0171960_13163125.jpg
 
 市場に行くと野菜、果物類、新鮮な魚介類や肉類で食材は殆んど日本と変わりませんが、目につくのは見たこともない南国のフルーツです。

 中でも果物の王様ドリアンは、初めての時は臭くて食べにくいのですが、2.3度食べるとその美味しさに魅了されてしまいます。

 また果物の女王マンゴスチンも上品で甘酸っぱいその味わいは女性をとりこにしてしまいます。
その他にもポメロ、ランソネス、マンゴ、ランブータンなどたくさんの果物を驚きの安さで食べられがあります。

 街に出るとレストランも多く、その種類の多さにも驚かされます。日本レストラン以外には、フィリピン、中華、タイ、イタリー、スイス、オランダ、スペイン、アラビア、インド、ブラジル、マレーシア、韓国などの世界中から有名なレストランが進出していて、その大半が日本の大衆食堂と同じ価格で味わえます。

親日的な都市
 
 私達は15年前から日本人にとっての最適な長期滞在先を探し始め8年前にNPO法人に認証され、5年前にダバオ市とその周辺のサマールアイランドを最適地として認定し推奨してきました。

 フィリピン観光省もセブ、マニラに続いてダバオを観光地として今年より推奨しはじめました。今まで封印されていたダバオにようやくスポットライトが当てられ始めました。

 戦前には13もの日本の小学校があり2万人もの日本人が居住していたダバオ。フィリピン一の親日的な都市であり、日本で見かける日系フィリピン人の多くはここの出身です。

 この町は日本人によって作られ発展してきた歴史があり、日本人によって作られたといっても決して過言ではないのです。

 奇跡的な治安の良さや、大都市としての利便性と自然の豊かさをあなたの目で確かめてみませんか。

<ダバオの詳しい情報>
・Facebookの当法人ページ、HPhttp://www.kaigai-kaigo.com/

・毎週火曜日午後7:30から1時間―現地説明会(コーヒー付1,500円)
・毎週金曜日午後7:30から1時間―話せる英会話レッスン(コーヒー付1,500円)を開催。会場:和歌山市小雑賀677-20(喫茶40Winks内)
E-mail  filipine2007@yahoo.co.jp
[PR]
by mako0491 | 2015-07-09 13:41 | アタマ記事