わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

高齢者と園児など世代間交流こそ大事

1月23日掲載

人は必要とされるとき輝く

 市民活動団体「わたぼうしくらぶ」は、園児と高齢者との花を通した世代間交流活動を行っています。交流は人に笑顔を咲かせてくれます。さらに豊かな心、和の心を未来につないでいく効果があると確信しています。

 そこで世代間交流の情報を発信したいと思い、わたぼうしくらぶは、昨年12月7日に世代間交流を考えるフォーラム=写真=を開催しました。テーマは「今、この時代に世代間交流を考える」で行いました。 
e0171960_18583082.jpg
 今の時代、人間関係の希薄化が進んでいます。社会にいろんなひずみが顕在化してきています。
 その解決方法のひとつが世代間交流だと考えています。

 交流する意義は「人は必要とされるときに輝く、そこから本当の笑顔が生まれる」(NPО法人このゆびとーまれ理事長惣万佳代子さん)にあります。子どもたちと高齢者の場合、子どもたちは高齢者を必要とし、高齢者は子どもを必要としています。高齢者は、地域や社会に役立つことを求めています。

 高齢者だけでなくすべての世代にはその時最も輝く活動があります。各世代の輝く活動が響きあうとき、人は人間としての発達を実現します。それを「生涯発達」といいます。

 私たちの暮らしの中に目を向けると、生活の知恵や技術の「先生」は当時壮年世代として暮らしに責任を持ってきた高齢者たちです。この知恵や技術を実践的に生きた形で伝達していくという世代間交流は、歴史の発展の中で、未来永劫に不可欠な課題です。まさに時代を超えつつ、時代と共に必須となる教育の機能のひとつだと考えます。それこそ世代間交流で実現していきます。

 そこに高齢者の社会的役割があり、子どもたちにとっては知恵や技術に出会い、そのメカニズムを楽しみながら学ぶことができます。子どももまた、遊びや学習という活動が実現することになります。その過程で中間世代もまた双方から学ぶことができます。

 こうして世代間交流は、生涯発達、生活の知恵や技術の伝達の面で、大きな役割を担っていく活動だと考え、今年を世代間交流元年と位置付けて、交流の輪を広げて行きたいと決意しています。
                                 (森下 和紀)
[PR]
by mako0491 | 2015-01-25 19:01 | TOPIXS