わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

神戸の山岳リゾート 「まやビューライン」

9.26日掲載

市民グループが存続、かち取る


 神戸は「おしゃれな街」のイメージで私たちの憧れ的なスポットになっています。瀬戸内海をはさんでお向いさんに遊んでみてはいかがでしょう?e0171960_0133395.jpg
 
 中でも神戸の市街地から一番近い山岳リゾート、摩耶山の山上と山麓を結ぶケーブルとロープウェーでの空中散歩がお勧めです。

 震災後に運休し、2001年に「まやビューライン夢散歩」として6年ぶりに運行を再開しましたが、利用客の減少を理由に2011年末をめどに、廃止が打ち出されていました。

 ところが地元市民グループが中心になって「摩耶山再生の会」を結成、さまざまな活性化策を実践、存続に成功しました。さらに「まやビューライン」を未来へつなぎたいという願いからサポーターの会を発足させています。
 
 面白いのは毎月第3土曜日に開かれる「リュックサックマーケット」。 参加条件は、出品したい物(なんでもOK)をリュックサックに詰めてくることだけ。ピクニック気分で気軽に出店でき、物々交換も可能です。

 第1日曜に開かれる読書会「ブックカフェ」は、自分で読みたい、あるいは読んでほしい本3冊以上と敷物、食器マイカップ持参です。青空のもと自然の中で遊ぶのも楽しそう。

 「星の駅」にあるゲストハウスでは大パノラマが広がり、そのスケールは、さすが日本3大夜景の一つ、1000万ドルに値するものと言えます。

 10月3日から13日は「KОBE観光ウィーク」が始まります。六甲、摩耶・北野界隈はもとより、みなと市街地や灘・東灘地域、有馬や須磨垂水など広域にわたり、無料開放施設、各種料金割引、特別イベントやプレゼントまで用意されています。

 観光立県をめざす和歌山との比較においても、「観光ウィーク」体験する価値はありそうです。

                                          (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-26 00:14 | お勧めスポット