わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

アニメに教育効果


13・8・9

数字の書き順なども教えてやって

 ご長寿アニメの数々。最近は、私が幼少期、学童期見ていたアニメを子どもと一緒に見る、(正確には私はテレビ画面を見ておらず何かをしながら音を聞いているだけですが…)ようになりました。声優が交代されたものもありますが、中には四半世紀経っても変わらないものもあり、懐かしさを感じます。

 子どもは一番真似してほしくない、しんのすけの真似はとっても上手で、ある日突然、「みさえ~」の口調で、私の名を呼んだ時には驚きました。

  また、国語辞典より厚い、アニメのキャラクター百科を購入し、毎日飽きもせず見ていて、文字を読んで聞かせてくれます。50音順や濁音、半濁音を一緒に覚えてくれて、いい教材だとも思える程でした。
 
 アニメは思わぬ産物をもたらすこともあります。生きていく術といいますか、社会性といいますか…
 
 子どもと出かけた際、いつも百科で聞いているフレーズを使ってみました。

 「○○怪獣、特技 ママを怒らせること、スーパーで迷子になること」(○○には子どもの名前が入ります)。

 すると、「ママ怪獣、特技 怒ること、必殺技 もー余計なことばっかりする! なんでそうも余計なことするの!! 攻撃力 無限」ほくそ笑む子どもに、返す言葉もありませんでした。

  はあ、この社会性、テレビのお陰だわ。いや、テレビの害か?!

  教えなくても覚えることも多い半面、しっかり教えないといけないことも多い、脱ゆとり世代。四半世紀前の私、ふた昔前の私の弟を思い出しながら、毎日宿題を見ています。

 田舎育ちの私は、手厚い学校の指導があったから、家であまり教えてもらった記憶はありませんが、近頃は先生もサラリーマンらしく、4月の学年集会で「全員見きれません、家庭で指導してください」といわれて焦る、焦る。

  どうかアニメで数字の書き順や書き方もやってくれないかな。8の形と9の書き順を先生から指摘されています。 他力本願ですが、どうかよろしくお願いします。のはらしんのすけ様。

                                     (田中 麻衣子)
[PR]
by mako0491 | 2013-08-12 03:17 | 女の視点