わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2017年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 人生の「逆さ年表」を作ってみよう       オトコの独り言


前回(324日)は、将棋の名人とコンピュータソフトの戦いで、生身の人間が負けたことにかこつけて、日常生活上の問題解決は、多くの所でコンピュータソフトとロボットに任す時代が来たのかと、その不甲斐なさと不自由について独り言をした。今回は人生の「逆さ年表」を作ってみようという提案である。

(久山 稔)

 

逆さに書いてゆく

私の知り合いに「近未来小説」作家がいる。何から書き始めるのかと尋ねたら、「まず未来のある時点を設定し、そこを第一行目とし、未来から現在、それから過去へと遡っていく年表を作る」と言う。

通常の場合は、例えば自分史を書き残そうと思えば、自分の誕生日の状況を一行目とし、現在に向かって綴っていくだろう。それを逆さまに書いていく過程で、未来のある時点の自分や社会の姿の在りたい姿を仮想し創造し、構想が固まるという。

 早速、自分史を書くつもりで、あと十年生きるとしてその逆さ年表なるものを作ってみた。

面白いことに、過去の時点での人と人との出会いが基で、現在の自分の姿があり、未来の自分の姿はこれからの人との出会いで作り上げられていくのだと実感した。


バンドで施設巡り 

私は現在、あるフォークバンド・グループでウッドベースを受け持っている。ボランテイアで福祉施設めぐりなど行っている。しかしそんな事よりも、10年後の自分の演奏技術のレベルをもっと高い水準にまで引き上げれば、さらに深く音楽を楽しめるという思いがある。その時の自分の姿を想像し、そこからの逆さ年表を創ってみたのである。 

どんな時点での師となる人との出会いが10年後の自分の姿を創りあげるのか、それは神のみぞ知る世界かもしれないが、その過程こそ自分にとって貴重なのだと自覚した。自分に出来ることは、自分の生きて来た場と異なる世界の方々に人間関係を拡げ、そのどこかに面白い人生の変節点が生まれ出て来るという事を信じる大切さに気付いたのである。


時には右に、左にまわり 

誰しも自分の一生を悔いなく終わりたいと思っている。私はあと10年の時点では90歳を超える。この10年の過ごし方の目標がこの逆さ年表が一つのレールを示してくれていると自覚した。時には右に逸れ、左に曲がり進むかもしれないが、どんな位置に今自分が居るのかは分かるのではと思っている。

 将棋のコンピューター・ソフトは過去の多様なデータを基本に次の手を決定するのだろうが、生身の人間の方は幸せな未来の自分の姿・社会の姿を目指して、自由に選ぶ楽しさを目がけて次の手を考えるのだ。

 技術の進歩は、所詮、技術の進歩の世界で、生身の人間の心の感性の世界は越えられない。いくら人工頭脳の世界が進もうとも、所詮そこは過去の知識の積み重ねの統計手法が生み出す技術の世界だろう。「喜び」という感性の世界とは異質だ。

 

感性求める権利と尊厳

e0171960_13043509.jpg
ユニセフという組織の公報がテレビ画面に映し出す、あの餓えた小児の澄んだつぶらな瞳を見る時、「彼らにも未来を夢見ている幸せ感があるだろう。今この世に生きる人間一人一人に平等に、この感性を求める権利と、尊厳が有るはずだ」と思う。  


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 13:07 | アタマ記事

4.21人交差点

エキストラそれとも女優?

人生も折り返し点を過ぎて、残りのページに新しい項目を加えたいと思い、エキストラ登録をしてみました。

 同時に二つ。一つは事務所での登録。登録料が安いものを選びました(初回だけ、更新料不要の5千円)。もう一つは登録はメールアドレスのみ。自分でエントリーするので費用は一切かかりません。

 さて、事務所からエントリーしても良いかの連絡が数回ありましたが、日程などが合わず流れていたのです。エントリーというのは、広告やテレビ・映画出演などで、条件に合う人を事務所側から推薦するものです。

 当然、関西にいくつあるか分からない事務所からの複数エントリーのため、選考されるとは限りません。この方法ではギャラが発生します。

 二つめのメールエントリーは、別件です。この案内を見る限りは、その他大勢的な案件が多く、ギャラはおろか交通費もなく、全くボランティアです。お弁当がでることもあるようですが、長時間拘束される場合に限ります。有名人に会えるというだけ、思い出つくりにはいいかも知れません。このメール案件は見るだけです。早朝は定番のようですし、夜遅くまでと言うのも多いので無理。

 私は、事務所の登録直後、福山雅冶の映画でエントリー応募しましたがダメでした。かなり朝早くしかも遠い京都の山奥にもかかわらず、ボランティアでもいいと思う方は相当数いらしたのです。

 ついこの間初回エントリーで選ばれ、京都の老舗結婚式場に行ってきました。そこでの体験を。

 役は「花嫁の母」ということでした。当然「花婿の母」もいます。控室でその方のお話を聞きました。 

 彼女は大のベテランでいくつものエキストラ出演をしています。主にテレビの再現ドラマやひな壇に座るということでした。この春からレギュラー出演もあるとか。彼女いわく、

「演技とか、容姿とかより、時間の融通がきくから重宝されるのよ」。「ひな壇ではユニークな体験や赤裸々な話ができるひと」だとか。ギャラは振り込まれるけれど雀の涙程度、細かく確認する人は事務所に敬遠されるらしい。

 初体験で結局花婿の母になり、大手結婚情報誌の何号に載るのか不明。選考されたといってもギャラは本当に僅かで二ヶ月後ということでした。が、いい経験ができました。

   (中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:52 | ヒト交差点

urata siten

まちなかに大学目白押し

4月1日、イオン付近まで部分的に開通していた第二阪和国道が全線開通しました。「和歌山市から大阪府岬町、さらに泉南までスムーズに行けるようになる」、ということで、家族でドライブに出掛けました。

新しい景色を見ながら、初めて和歌山大学に来た時の風景を思い出しました。乗客がどんどん減っていく電車の車内。何度も通過するトンネル。ようやく着いた駅から見た「ようこそ和歌山へ」の看板。数十年前、電車で大阪市から和歌山大学に行くのに2時間半程かかりました。

まず、大阪環状線に乗りJR新今宮駅へ。南海電車に乗り換え、約1時間。車窓から和歌山大学・紀の川を臨み、和歌山市駅で下車。そこから和歌山大学行きのバスに乗車。バスで再度、紀の川を渡り、ようやく大学に到着。JRで和歌山駅に到着しようものなら、わざわざJR和歌山駅から南海和歌山市駅までバスに乗り、和歌山大学行きのバスに乗り換える必要がありました。近くに下宿をしても通学や買い物が大変でした。

 それが、今は、大学の側に「和歌山大学前駅」。そして、その裏に第二阪和国道。電車でも車でも便利です。さらに、今後もまだまだ計画が目白押し。本町小学校跡に和歌山信愛大学、雄湊小学校跡に東京医療保険大学、伏虎中学校の跡に県立医科大学薬学部が開学するようです。

これらの大学はまちの中にあります。通学も買い物も散策も便利でしょう。これまでの「和歌山にある数少ない大学は山の上。車のない学生は不便」という時代は遂に終了するのですね。しみじみ。

(浦田ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:48 | 女の視点

『くるまあらいます』

4.21掲載

『くるまあらいます』

e0171960_11354673.jpg

BL出版 2005年 1404

対象年齢:年齢に応じて読むことができます。

(読んでもらうには)2歳から

(自分で読むには)4歳から大人まで 

随分過ごしやすくなってきましたね。さぁどこにお出かけいたしましょう♪まずは絵本の中へ外出、外出。

<あらすじ>

今日はお父さんがお休みの日です。お父さんは二人の子どもに言いました。「お昼を食べに行こう」

早速、車に乗って出発です。ところが、出発した途端、大きな泥の水たまりが現れます。もちろん避けきれず、「パシャ!パシャーン!」車は泥まみれになってしまいました。

お父さんはお昼ごはんどころではありません。先に、車を洗いに行くことにしました。窓を締めて、洗車の機械の中に入ります。

子ども達は何が起こるのか興味津々。ワクワク・ドキドキ。

まずは真っ暗な中を通ります。子ども達にとっては、海の中を潜っていくような気分です。車が潜水艦に変身したかのようです。

窓から見えるのはきれいに泡立てられた洗剤とスポンジ。それは子どもにとっては泡だらけの海と緑のサンゴ礁。もしくは海草。洗剤を流す勢いのある水流は海の嵐や大波です。「しっかり捕まって」

静かになると、窓ガラスにはきれいな水滴でいっぱいです。光が反射してとてもキレイ。と、思ったら「ブォーッ!」海底の火山が噴火したのか、熱い熱風が車にかかります。「大変。やられたらどうしよう。」

でも、大丈夫です。明るい光が見えてきました。無事に海から出られそうです。車もご覧のとおりピッカピカ。

大人にとっては些細な日常でも、子ども達にとっては楽しい大冒険の時間。空想の時間です。私達大人も、たまには空想遊びをするのも楽しそうです.

(笠井 ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:39 | 絵本この一冊


児童虐待防ぐ策を

最近、関西で児童虐待に関するニュースが目につく。姫路の認定こども園では定員を大幅に超える園児を受け入れ、給食の量が少なく、保育士数を多く報告して公費を不正受給していたとか、大阪の森友学園の経営する幼稚園では、給食を時間内に食べられないと椅子の上に給食を置いて正座して食べさせたり、トイレに行く回数を制限していたという。

警視庁の発表した統計によると、虐待の疑いがあると警察が児童相談所に通告した子どもの数は大幅に増加し、54227万人で、通報件数は大阪が最も多い。

通報件数の増加の背景には、20157月から運用が始まった児童虐待の通報・相談電話「児童相談所全国共通ダイヤル」189(いちはやく)の導入や、報道などによる住民の意識の高まりもあるという。大阪がトップなのは、地域のネットワーク構築が進み、早期に相談や通報がなされる体制づくりが機能している面もある。

厚生労働省は、昨年3月に社会保障審議会・新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会による提言をまとめた。これまでの「保護中心」から「養育中心」に力点をおいている。

具体的には地域における支援機能の拡大、職員の専門性の向上と配置数の増加、里親制度の充実強化などが挙げられている。

かつての日本は、近所付き合いも頻繁で、親戚との交流も多く、大家族の中で子育てを行ってきたが、核家族化が進み、地域や近所とのコミュニケーションも希薄化した近年は、あまり見られない光景になっているようにも思われる。

このような状況の中で、新たな地域や共同体とのつながりが必要とされ、最近ではSNSを介したコミュニティーのやり取りも盛んになっている。地域ぐるみの子育て支援として「子ども食堂」など、うまく受け皿となるような子どもと家庭を支援するようなコミュニティー主体の社会活動が進むよう願っている。

(中山まり)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:22 | TOPIXS

oota mika

4月7日あたま

フラワーデザイナー太田美香さん

日本では最大級のお花の展示会として知られる「国際フラワーEXPО」。2016年10月、「アーティフィシャル&プリザーブドフラワーコンテスト」で、特別賞「モノ・インターナショナル賞」に輝いたのは、和歌山市在住の太田美香さんである。「デザインの神様が降りてくる」と言う美香さんに会い、彼女の素顔に迫った。

  (中村 聖代)


e0171960_11141320.jpg
【お花との出会い】

 会社に勤めたのをきっかけに「茶道・書道・華道」のいづれかを習得したいと思った美香さん。

 「茶道は道具を揃えるのにお金がかかる」「書道はもともと字の上手な血筋だから

習う必要がない」と両親の反対にあった。

 わび・さびの世界に興味を持っていたので会社の華道部に入るつもりが、先輩に連れて行かれたところがフラワーアレンジメント教室だった。

「私の習いたいのはこんなお花じゃない」と思いつつ、月に3回いやいやながら通っていたという。

 ところが、3年ほどしてその教室の先生のアシスタントに抜擢されたのだ。2年半後にその教室、その先生を離れ、独立。

 大阪を拠点に仕事をしていたが、フラワーデザイナーとして次第に認められ、東京でも仕事の依頼を受けた。もちろん和歌山でも仕事をする。

【プリザーブドとの出会い】

 「新しいものは先ず東京に入ってきます。1年遅れて大阪、その1年後に名古屋・福岡・神戸といった具合で、和歌山にはさらに遅れて入ってくるのですね。だからいかに早く和歌山に最先端のものを周知してもらうか考えていました」。

 そうしたときに入ってきたのが「プリザーブドフラワー」だった。

【デザイナーとして】

 美香さんは、現在も大阪を中心に、東京、和歌山を行ったり来たりしている。生花も扱うし、アーティフィシャルフラワー(いわゆる『造花』)もつくる。

 チームで結婚式場などの会場装飾も受けるし、教室も開くし、イベントも開催する。

「うちは全て受注生産なので、作り置きをしていません」。

 顧客の依頼に応じた作品をそのつどつくる。アレンジメントには決して『造花』を入れない、全てプリザーブドフラワーでつくるというこだわりがある。

 だが、今はやりの「おむつケーキ」だけは、『造花』を使う。プリザーブドは生花を脱色し、液を吸わせ、着色しなおし、乾燥させるー花自身が自分の力で吸い込むという過程のなかで、まれに虫がつくことがあるからだ。

【造花との差別化】

 「生花を乾燥させるだけのドライフラワーに対して、プリザーブドフラワーは、特殊加工を施すことによって、生花の長期保存を可能にし、匂いもなく、手入れが簡単で、ソフトな感触です。全てが人工の材料からできている『造花』とは全く異なります」。

 そういった理由で、昨今は仏花の受注も増えている。

【これからのこと】

 「今付けている指輪もプリサーブドなんですよ。花弁を拡げ、硬度をつけることで、帯どめとかにも利用できます。可能性はまだまだひろがると思います」。

「もっとお花に触れる機会が増えたらいいなと思います。型にはめられる女性とは違って、大胆な発想ができる男性には、特にそうですね」――と語った。


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:14 | アタマ記事

挨拶には防犯の効果も

新生活の大事な要素

新年度がスタートしました。新しい生活を始めた方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで、重要になってくるのが「挨拶」新しい人間関係において、よりよいコミュニケーションを進めるために「挨拶」を意識してみましょう。

もともと「挨拶」の「挨(あい)」には、「心を開く」、「拶(さつ)」には、「相手に近づく」という意味があり、まさしく「自分の心を開いて、相手に近づくための行動」それが、「挨拶」なんですね。

「あなたに会えてうれしい」「今日はとてもいい一日ですね」を「初めまして」や「こんにちは(今日は)」などという挨拶言葉で表現しています。挨拶をすることにより、相手の存在を認めて、私は敵ではないということを知らせることができます。相手の承認欲求を満たすことが出来る行動ですね。

挨拶は「明るく」「いつも」「先に」「続けて」――

私は講義でいつも皆様に考えてもらうのですが、気持ちいのいい挨拶とはどんな挨拶なのか、そんな挨拶を続けていくとどんないいことがあるのか。

グループなどで話し合いをすると、本当にたくさんのメリットがあることを見つけることが出来ます。

気持ちのいい挨拶とは、笑顔で明るい声で、いつでもだれにでも、そして自分から先に、また、挨拶のあとになにか言葉を続けると、さらにコミュニケーションが図れます。また、挨拶にはリスクはありませんし、もちろん何か特別に用意するものもありません。

相手からの印象もよくなり人間関係の構築にも役立ちますし、常識のある人、気持ちのいい人と評価を上げることもできます。    

最近は、凶悪な事件もあり、子どもたちに「知らない人から挨拶をされても言葉を返さない」ということもあるようですが、大人たちがしっかり挨拶をしているコミュニティを形成することにより、逆に防犯の効果もあるのではないかと思います。

新生活のスタート、今日から、挨拶をもっともっと意識してみてはいかがでしょうか?

(石川 礼子=ステップワンキャリアスクール マナーコンサルタント)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:06 | オンナ磨き事情

siten

   4.7視点

退職後の「しゅう活」   

私が54歳で退職して12年が経ちました。楽しいことも、やりたいこともいっぱいだった歳月を振り返って、来たるべき次の12年に備えたいと思います。

 退職後の一番大きな変化は、時間が自由になったことです。毎日サンデーとなり、旅行も安い時に混雑を避けて行けるし、やりたいことをやりたい時にできるようになりました。

 また職場と家との往復だった生活が変化に富み、今では手帳を手放せません。退職を機にライフスタイルは大きく変わり、新しい世界がいっぺんに広がったのです。

 退職後の生活は、お給料が無いことを除けばこんなありがたいことはありません。しかし、やりたいことをしていても、自分だけの楽しみだけに終わってしまっては何だか物足りない。社会貢献活動とまではいかなくても自分のやっていることが、誰かの役に立っている、誰かが自分を必要としてくれていると感じられるような活動をしたいと思います。これからの12年は、これを私の「しゅう活」としたいと願っています。

 これに合う「しゅう」と読む漢字を漢和辞典で探してみました。それに近いのが「修」です。この漢字には、おさめる・ならう・学ぶ・つつしむ・そなえる・そなわる等という意味があります。おもしろいことに、「しわをのばす」という意味もあるそうです。

 日本人の平均寿命、男性約81歳、女性約87歳。定年退職してもまだまだ若い。私もしわをのばしながら「終活」ではなく、「修活」をしていきます。30・40まだ子ども、50・60でつぼみになって、70・80花盛り。さあ、退職後もみんなで花を咲かせましょう!

(林 多恵子)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 10:55 | 女の視点

kixyougoku

京極さんレポート


フィリピン共和国は日本からそう遠くないアジアの島国でマニラやセブ島への観光客も多い。最近大統領となったドゥテルテ氏が市長を勤めていたダバオは観光省から「最も住みやすい都市」に認定されている。今回は観光を目的とせず、社会活動センター・シナピス後援の「2017スタディ ツアー inフィリピン」に参加したAIC【別項】のメンバーである京極千穂子さんにレポートしてもらった。

ツアーの目的

 ツアーのひとつの目的は、普段私たちの視界に入らない人たちと出会い、その人たちを取り巻く現実を知ることによって、自分たちの価値観を見直す機会を得ることです。

 自分の知らなさに気付かされたツアーでしたが、この経験を通して私も少しずつ進歩していけたらと思っています。訪れたところのいくつかをご紹介します。

プレダセンター

 1974年アイルランド人神父によって設立された社会活動センター(プレダセンター)は、ルソン島西部にあり、現在「女の子の家」と「男の子の家」を中心に活動しています。

 女の子は主に性的虐待を受けた子どもたち。男の子は何も罪を犯していないのに刑務所に入れられたり、施設で不当な扱いを受けたり、ストリートチルドレンだったりの子どもたち。

 こういう子どもたちを救出し、保護し、生活のルールや基礎教育を行い更生させ、自立を目指しています。

 「男の子の家」のヘッドが次のように話してくれました―私も捨てられストリートチルドレンになり、ドラッグにも手を染めたことがある。カレン神父に助けられ、教育の機会を与えられ、ここで一〇年働いている。今は家庭を持ち、子どももいる。金持ちではないが幸せだ。自分にもできたのだから、ここの子どもたちもきっとできると信じている。悪いことをしたと自覚した時から第二の人生が始まった、と。

日本人墓地にて

 第二次世界大戦の末期、フィリピン・ルソン島で日本軍はアメリカ軍と戦い、戦争当事者だけでなく、多くの市民を巻き込み、捕虜を虐待し、女性に無残なことをしました。

 1951年当時のキリノ大統領は妻と3人の息子を日本人に殺されましたが、「憎しみや恨みの気持ちをいつまでも持ち続けるなら、子どもたちも持ち続けることになる。隣同士のフィリピンと日本は親しく助け合って共存共栄していかなければならない。そのため私怨を断ち切る決心をしたのです」と、収容所にいる日本戦犯を全員釈放したのです。

 モンテンル刑務所の裏にある日本人墓地に向かい線香を手向け、黙祷をささげました。

先住民アエタ族

 ルソン島の4州に、保護区の土地で先住民族アエタ族の人々がコミュニティを作って暮らしています。森林がアエタの生活の場であり、今は主にマンゴーを育て生活の糧にしています。「サコップ」という社会活動センターが契約を結び、買い取り、販売を支援しています。

ハンセン氏病の病院

 タラ村にあるハンセン氏病の病院を訪ねました。男性一〇人程の病室が2つあり、全員全快はしているのですが、行くところがないので病院にいるしかないということです。

 ショックを受けたのは、両手両足を包帯でぐるぐる巻きにされた人を見たときです。彼はこの一月に病院に入ってきたそうです。良い薬もでき感染力も弱いと聞いていたので「何故?」と思いましたが、彼はひどくなるまで病院に来なかったためだということでした。必ず良くなるだろうと確信しています。

<AICとは>

AIC.(International Association of Charities)=国際愛徳協議会メンバー、

約400年の歴史を持つ、世界で最も古い女性ボランティア団体。

ベルギー・ブリュッセルが本部。世界53カ国に支部を持ち約15万人の会員がいる。国連に議席が与えられていて、欧米社会に大きな影響を与える機関となっている。

日本においては1933年に愛徳姉妹会のシスターが釜崎で活動を始め、その後和歌山と神戸を拠点にそれぞれ活動を続けるようになった。



[PR]
by mako0491 | 2017-04-05 07:55 | アタマ記事

otoko

問題解決能力に疑義<>

最近自分で分からなくなったことがある。「自分の能力って何だ」という事である。今までは確たるものが有った。「問題解決能力だ」と信じて疑わなかったからだ。それが揺らいでいるのである。

昨年からその揺らぎは大きくなった。きっかけは、将棋の世界で、プロの元名人のタイトル保持者とコンピュータ・ソフトとの対決でプロ棋士が負けたことであった。

 元名人位者は過去の知識や経験の蓄積を基に、相手に勝利することを狙って全知全能を振り絞ってコンピュータ・ソフトに対決したに違いない。「問題解決能力」の戦いである。そこで生身(なまみ)の人間が負けたのである。

将棋のゲームの進め方を知っている人は、誰しもこの揺らぎを感じ取ったに違いない。名人位のプロの能力がたまたま劣っていたと片付けられる問題ではないのである。自分自身の日常生活の問題解決能力も同様の問題を持つという事を知らされたからである。

 「自分が身に付け知っているというノウハウの値打ち」に疑義が生じているのである。昔から「知っているという事と、出来るかという事は別だ」と、先輩からよく叱られたものだ。「知っていても、出来なければ意味がないではないか、理屈を言うな」と言うのである。

今やまさに将棋の世界でも、「知っているか」ということも、「出来るかと」いう事も、コンピュータの能力に劣る世界が来たのである。

(久山 稔)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-02 15:30 | オトコの独り言