わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

妊娠と癌のお話

すぐにあきらめず、正しい知識と情報を得よう

e0171960_19235270.gif

A美:市川海老蔵さんの奥さんである小林麻央さんが進行性の乳がんだと公表してから1年近くなるわね。

B子:あの時はすごくショックを受けたわ。


A美:海老蔵さんも麻央さんもブログを更新して立派ね。

B子:麻央さんは既に子どもが2人いるけど、妊娠しているとわかった時に癌が見つかり、子どもをあきらめた友人がいるの、お気の毒ね。


A美:出産を勧めないお医者さんが多いと聞くけど、すぐにあきらめてはダメよ。そういった人たちでも子どもが産める方法など研究が進められているのよ。

B子:出産、授乳が癌に何か影響を与えるということはないの?


A美:出産や授乳そのものによって癌が進行したり、再発することはないらしいから、その点は安心できるわね。ただ、レントゲンやМRIは、胎児の発育が盛んな妊娠前期には奇形などの原因となるから、安定期に入るまでは行われないことが多いわね。超音波検査や生検などによる細胞診、マンモグラフィなどの検査は行えるようよ。

B子:抗がん剤治療や手術時の麻酔はどうなのかしら?


A美:これも妊娠前期にはダメみたい。それから放射線治療やホルモン療法などは、どの周期でも胎児に悪影響が出るので出産後に行うらしいわ。

B子:妊娠の周期によって、また癌の種類や進行ぐあいによって検査や治療が異なるのね。家族もそうだけど、お医者さんとしっかり相談したいわね。ところで、高齢出産が増えているので乳がんの発生率も高くなっていると聞くけど?


A美:高齢出産には「リスク」ばかりが取りざたされているけど、さまざまなメリットがあるという研究発表もあるのよ。例えば子宮体がんの発生率の低下(米国の国立がん研究所の発表による)。25歳以前の女性を基準にすると、ママになった年齢が30歳だと13%のリスクの低下、40歳だと44%のリスクの低下がある。その他の年齢層でも高齢になるほど子宮体がん発生のリスクの低下がみられたそうよ。また、妊娠中に分泌され続ける「プロゲステロンホルモン」にガン抑制作用があるということも判明しているの。


B子:難しいことはよくわからないけど、妊娠中に癌と分かってもすぐにあきらめるのではなく、正しい知識と情報を得ることが何よりも大切ね。

   (中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2016-11-24 19:28 | 健康ナビ

今日も空を見上げています


最近、毎晩のように「お月さま」を観察しています。きっかけは些細な事でした。


 ある日、娘がいつもの様に幼稚園からチャイルド社の雑誌『かんがえる』を持って帰ってきました。いつもの様にシールで遊び、読み聞かせをしました。


その月の特集はお月見。娘はお月さまを見たいと言いました。もちろん最初は付き合いますよね。そして数日。だんだん、面倒になってきます。三日月から満月になるのでしょ、と。でも、娘は何日も見たいと言います。


いつもなら、「また後で」と言いながら忘れてしまいます。が、その日は洗濯物を取り入れておらず(汗)、取り入れるついでに一緒に観察。それが良かったのか、その後も毎日見たいと言い続け、寝る前の習慣になりました。


数日続けていると、お月さまが見えない日がでてきました。そして、形や見える場所の違いはもちろんのこと、三日月は早く沈むこと、三日月の左右反対の形(下弦の月)は見かけないことに気が付きました。娘の観察と発見に付き合ううちに、私自身も「地球」と「月」と「太陽」の位置関係が立体的に感じるようになりました。

 

感激して、夫に力説です。「下弦の月は後ろから太陽がくるから、早朝にしか見ることができないんだ」と。本当に嬉しかったんです。でも、反応はもちろん、今ひとつ。


 落胆と同時に反省です。今まで、娘達はこの様な「芽」になるかもしれないことを私に投げかけていたはず。それを今まで大量にスルーしてきたんだと。そして、娘達が嬉しそうに学んだ知識を披露する話を聞き流してきたんだと。「ごめん」。そして後悔。


 娘達にまだ「小さな芽」は残っているのだろうか。今からでも間に合うのだろうか。ドキドキしながら、今後、娘達の「実」になるような事を1つでも受け止めることができますように、と今日も空を見上げています。お願い、お月さま!!

(浦田ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2016-11-24 19:15 | 子育て

        水分補給が欠かせない

        美肌効果や疲労回復も

e0171960_18564813.jpg

 ゆったりしたヨガ、難しいポーズを次々とするヨガ、ヨガにも色んな種類があります。その効果が実証されているヨガですが、身体を痛めたり体調が悪くなった人もいます。最近芸能人などの間で流行っているホットヨガ。それはどんな効果があるのでしょうか。そしてホットヨガをする際はどうしたら安全に効果的に参加できるのでしょうか?今回はホットヨガに焦点当ててみました。

(神谷 弥生)


私がヨガを学んだインドのヨーガアシュラム(アシュラムとはヨガや瞑想を学ぶ場所です)が併設していたヨーガ療法の施設にも一般ヨガで身体を壊した人がたくさん来ていました。


熱中症に注意

さてホットヨガですが、通常のヨガと違い室温が38~40度の湿度の高い場所で行います。しかし日本体育協会は35℃以上の環境で運動することを原則はすべきではないとしています。

熱中症の危険があるからです。ですからホットヨガに参加する際は水分補給をしっかりして無理をせず少しでも身体に異変を感じたらすぐに部屋から出る事が必要です。

e0171960_19000782.jpg

痩身効果は期待薄

また汗をかく事でデトックス効果があると思われがちですが、汗の役目は体温調節なので老廃物出す事がほとんどありません。汗の99%は水分なので汗をかいて痩せた!と感じても水を飲めばすぐに戻ります。汗をいくらだしても痩せる事はありません。痩せる為には脂肪燃焼が必要ですがそれには筋肉が必要です。汗を大量にかくよりアイソメトリック運動などで筋肉を鍛えた方が痩身効果に期待できます。


高温多湿の環境で運動をすると通常の気温の環境に比べて疲労感を感じやすくなります。その為ホットヨガで体力を使ったように思えますが、実は汗をかく事で体力が失われますので運動量は通常のヨガより少ない場合が多いのです。


さらに身体の水分が少なくなると血液がドロドロになり脳梗塞、脳血栓の危険性も考えられます。



靭帯痛める可能性も

また暖かい環境だと柔軟性が増えヨガがやりやすいと言われますが常温の時では出来ない関節可動域を超えたポーズをしてしまう可能性がありますので靭帯を痛める可能性もあります。

自律神経やホルモンバランスを崩す大きな原因の一つに温度差があります。1日何度も常温、高温多湿の環境をくり返すと自律神経のバランスを崩す原因にもなります。


正しい知識で安全なヨガを

しかしホットヨガに通う事で美肌効果や疲労回復などのたくさんの効果も報告されています。水分補給をしっかりする、ご自分の体調を考えて無理せず参加する、めまい、頭痛のある人は気をつける、ストレッチや難しいポーズを無理にしない、1日1回のクラスを限度とする、など気をつけてクラスに参加することで安全に楽しくホットヨガをすることが出来ます。


汗をかく事や身体を動かす事がヨガの目的の全てではありませんが向き合う事で何か大事なものが見えてくるかもしれません。


[PR]
by mako0491 | 2016-11-24 19:04 | アタマ記事
自分の可能性信じよう

 改めて聞かれると、ちょっととまどってしまいませんか?


 ある人が、夢は封印してしまったと言った人がいる。悲しくなった。

 勿論、それだけ今の生活で夢を語るほどの余裕がないのだろう。


 ある人が、ディズニーシーで、子供たちと、汗かいてパレードの席とりをしたが、人が多すぎて、まったく見えなかった。


 ふと見るとホテルのバルコニーから、シャンパンを片手に優雅にパレードを眺めている人を見上げ、いつかは、子供たちに、あの場所へ泊めてあげると、つぶやいたという。


 自分の夢は棚に置いて、子供たちの夢を叶えてあげることが、親としての夢かもしれない。


 自分として、どんな自分になりたいか?

女性として自立をしなければと思ったという。


 その次の年、友達は、子供たち家族でそのバルコニーで、シャンパンを傾けていた。


 主婦として、母親として、そして自分としてのエネルギーが、自分の中のどこかに眠っているはず。


 封印してしまった自分の夢を、もう一開けてみませんか?


方法はいろいろある。

自分の可能性を信じることも新しい自分を見つけることも新しい自分の生き方。     
                                (市野 政子)

[PR]
by mako0491 | 2016-11-24 18:52 | 女の視点