わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歯科医療の進歩 

e0171960_23131534.jpg
 医師に聞く「先生の子供だったらどうする?」

 妊娠がわかってから心配したこと。ひとつは妊娠に気づかず服用していたアトピー治療薬影響。胎児の臓器や器官形成はできているのか。もうひとつは、私自身顎関節症のため、顎関節および歯列矯正をしたため、生まれて来たら、早い段階で矯正の専門医の門をたたかねばということ、でした。
 
 幸い、アトピー治療薬の影響はなかったものの、よだれで赤い頬や口の周り、乾燥肌で保湿に心がけることになりました。

 歯科については、乳歯が出そろったころまで大きな問題なく過ごすことができました。なぜならば、保育園では食事はもとよりおやつの後の歯磨きまで、生活習慣として指導していただきました。家でもおやつをほしがることもなく、チョコレートも清涼飲料水もあまり摂りません。正確に言えば、う歯で歯科に通院する時間と手間を省きたい、いえ正しい食生活と口腔衛生のためです。お菓子を買わないことを少し職場で話したら、その徹底ぶりに周りの先輩パパママに驚かれました。
 
 思い切って、保育園近くに開設された医療モール(複数のクリニックがビルの各フロアにある)にある歯科に行ってみました。便利になったもので、歯科のHPには医師の経歴も所有する設備機材も掲載されているのです。思い切って行った割には、口内炎で痛い…と子どもが言って食事を摂りずらそうにするからだったのですが。

 口腔内を確認して、患部を消毒して薬を塗布して終了でした。それ以来、半年に一回は口腔内チェックをしてもらいに通いました。

 ひとりで歯磨きできるしと、歯磨きをひとりでに切り替えた次のチェックで、奥歯の永久歯にそれはそれは大きなう歯(治療しながら医師から、こりゃ痛かったはずよ…といわれるくらい)ができたことも。乳歯から永久歯への生え変わりも経過観察しながら、初期の小児矯正を始めました。
 
 四半世紀前の私の矯正からの進化が著しく、PCのシュミレーションが素晴らしく、説明を聞くだけで「へえー」と感嘆するばかり。医療は日進月歩。子どもの矯正を通して感じます。あ、私自身が施してもらった矯正も当時としては最良の選択。後悔はありません。
 
 選択といえば、親になって、歯科に限らず医師から選択を迫られて決断する時、必ずすることがあります。それは質問した医師に対して「先生、先生の子供や家族だったらどうします?」と。これ、結構おすすめです。(あ、心の中で、二択迫っておいてそれないわ…という二択とわかることもあります)
 ぜひ、お試しあれ~
                       (田中 麻衣子)
[PR]
by mako0491 | 2016-02-20 23:15 | 子育て
小中学校に映像・標本携えて 松本 朱実さん
写真は天王子動物園で↓
 
 小さい頃から動物が好きで、以前に動物園で飼育技師や学芸員として働きました。長野市の茶臼山動物園で担当したチンパンジーは賢くて力が強く、私の不注意で怪我を負ったこともあります。言葉が通じない動物といかに信頼関係を築くか。動物の立場に立つことを、動物たちから学びました。
e0171960_22252795.jpg
 動物園は生命や動物の多様性を学べる場です。動物たちの生態を、お客さんに正しく知ってほしいと、東京都多摩動物公園では動物のガイドや教材作成などを行いました。その後、大学院で環境教育や理科教育を学び、この観点から動物園教育を研究しています。

 以上の経験を踏まえ、関西を中心に、動物や動物園を教材化した学習支援を行っています。個人の研究機関名である「pocket」は、動物の不思議や魅力、子どもたちの興味や探究心を引き出す、ドラえもんのポケットのような可能性を意味します。

 具体的な活動例として、予定が目白押しなのが、地元の学校への出張授業です。県の環境学習アドバイザーとして岩出市・紀の川市・和歌山市などの小中学校に動物の映像や標本などを携えて出向きます。テーマや内容は学校の要望や子どもたちの経験や興味に合せて。国語の説明文に対応させた「動物の赤ちゃん」「食べ物のつながり」「土壌動物調べ」「動物の体とくらし」などいろいろです。

 動物は子どもたちにとって刺激的で楽しい教材です。中には動物が苦手な子どももいますが、「私たち人間とは違う動物たちの世界を知るのは楽しいこと」と伝えると、皆が目を輝かせます。

 特に子どもたちに反響が大きいのが本物のウンチ標本を使ったお話。今はテレビやインターネットなどからの情報が豊富で、頭だけでわかったつもりの子どもが多いと感じます。
 
 ゾウやシマウマなどのウンチを見せると「えーっ」と驚き、一斉に鼻をつまみます。「自分で確かめなければ匂いはわからない」と促すと興味津々にチャレンジ。草食動物の糞は臭くなく、ネコのウンチは強烈で大騒ぎになります。自分なりに分析して「コアラのウンチはお茶の匂いに似ている」と説明してくれた子どももいました。動物はみんな食べ物(他生物)を食べてウンチをする。食べ物やウンチを通して生物どうしがつながっている。ウンチ標本はそのことを実感させる逸材です。

 動物園への校外学習などに同行して動物のガイドや観察指導も行います。その時に心がけるのは知識を先に与えないこと。一緒に動物を観察しながら、「○○を見て」「何をしているのかな?」「どうしてだろう?」「なぜそう思うの」と常に問いかけて子どもたちと対話します。すると、「フラミンゴの足指が開いたり閉じたりする」「ウサギは前歯で食べている」「ペンギンは魚の頭から食べる」など詳細な事実を自ら発見して教えてくれます。

 大人がいれば、さらに子どもたちの科学の芽は育ちます。大人も子ども一緒に動物や環境について楽しく学び合う機会をこれからも作り、動物たちと共に生きる環境保全に向けて、人と人との素敵なつながりの輪を広げていきたいと思っています。
[PR]
by mako0491 | 2016-02-20 22:30 | アタマ記事

人間の寿命はいつまで

120歳が天寿とか

  「伝説の女優」原節子さんが昨年9月に亡くなりました。95歳だったそうです。戦前前後、銀幕のトップスターとして多くの作品に出演し、その美しさは色あせることはありません。

 42歳で公の前から姿を消したため、それ以降の彼女を見ることはかないませんが、生涯独身だったそうです。20年以上前に亡くなった私の父でさえ彼女のことを「永遠の処女」といって崇敬していました。

 昨年は私の母も亡くなりました。「寿命は必ずあり、誰でもいつかは死ぬってことは当然すぎるぐらいの命題なんだけれど、「歳をとれば必ず病気になる」というのは間違いだということを、つい最近知りました。

 長年使っていたらあちこちガタがきて具合が悪くなる。なので病気になる。そしてそれが原因で死んでしまう―と思い込んでいました。
 
  ところが、東洋医学では「患者が来たら、医者は手をついて謝れ」という思想がある。予防医学を根本にするため、病気になる前に手を打つのが医者の努めだというのです。本来、人間の機能は120年持つように生まれついているとある医者が本で言っていました。

  そういえば昔から「病は気から」と言われています。 私たちは長年、「歳をとれば必ず病気になる」と刷り込まれ、洗脳されてきたように思います。

  「戸籍年齢より精神年齢・体力年齢」とアンチエイジングに努めてきた私たちですが、もう一歩踏み込んで、「天寿を全うするまで現役でがんばろう!」(天寿は120歳なのだそうですよ)。
                                          ( 中村 聖代 )
[PR]
by mako0491 | 2016-02-20 22:14 | 女の視点
『どんぐりむらのどんぐりえん』

なかや みわ作 e0171960_12501472.jpg

学研 2013年 1296円

http://tinyurl.com/jfgyq26

対象年齢:年齢に応じて読むことができます。

(読んでもらうには)2歳から

(自分で読むには)4歳から大人まで 

親も子ども達も入学&入園は楽しみな反面、不安も一杯。特に、初めて保護者と離ればなれになる幼稚園や保育園への入園は特別です。今回は「どんぐりえん」にお邪魔して、保育園を楽しんでみましょう。きっと不安が減るでしょう。

〈あらすじ〉
「どんぐりえん」はクヌギ・カシ・ナラ・カシワ・クリ等のどんぐり達が住む「どんぐり村」にあります。

朝、どんぐり達がかわいいリュックを背負い、どんぐり園にやってきました。「おはよう!」先生たちは子ども達を笑顔で迎えます。 子ども達も「ばいばーい」と手をふります。どんぐり園の中に入ると、好きな遊びを始めました。

でも、もちろんドアの前でぐずる子もちらほら。そんな時は先生が優しく抱っこしてくれます。

みんなが揃うと、朝のお歌やご挨拶。そしてみんなが楽しみにしているのはお外遊び。帽子をかぶって出発です。

早速、砂場でお店やさんごっこが始まりました。砂のプリン&砂のクレープ&落ち葉のお寿司等、たくさんのお店が開きました。お客役の先生はあっちの店、こっちの店にと大忙しです。

夢中で遊んでいると、あっという間にお昼の時間になりました。教室に戻ると、いい香り。お当番さんの合図で「いただきま~す」。お昼寝から起きると、工作の時間。粘土やビーズ、お絵描きをしていると、お迎えの時間になりました。

クルクルとした帽子はアベマキ、クヌギのどんぐり達。横線入の帽子はカシ、ナラ、カシワ等のどんぐり達。かなりの数のどんぐりが登場します。子どもはもちろん、卒園した大人でも保育園の雰囲気を存分に味わえますよ♪

(浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2016-02-20 22:04 | 絵本この一冊