わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「お勧めPCスキル(Excel関数編」

今回は、 MicrosoftExcelで知っておきたいテクニック、ワザをご紹介します。

 Excelは、表計算。見栄えのいい表を作成したり、その表をもとにグラフにしてより正確に数字データや統計などをまとめることができるソフトウエアです。ビジネスシーンでは、Excelの出番は本当に多いですね。
 まず、Excelでは主に「数値」を扱います。これは、計算の対象となるデータ。数字はもちろんのこと日付や時間も対象になります。その数値データを効率よく入力するためには、やはり「英数」モードで入力するのがお勧めです。Wordと同じ感覚で日本語入力をするより、英数モードに切り替えてから、入力してください。その際に「Enter」キーや「Tab」キーをうまく使う。入力後のカーソル移動を先を見越しながらすると、ストレスがたまりません。

また、Excelを使いこなすためには、「計算」を極める。+、-、×、÷などの四則演算を行い、そして「関数」を使う。Excelが苦手な方はこの関数が難しいとおっしゃる方が多いです。

関数は400以上の種類があり、確かに計算を効率よくさせるものですが、計算だけではなく、Excelのデータ編集を効率よくするためのものであり、数学や算数はあまり関係ないんです。学生の頃、数学や算数が苦手だった方も全然大丈夫ですよ!

e0171960_19450401.jpg
 以下に、是非マスターしてほしい関数を10個ご紹介します。
 SUM・・合計を計算する

AVERAGE・・平均を計算する

MIN/MAX・・最小値、最大値を返す

COUNT・・数値が入力されているセルの個数を数える

COUNTA・・空白でないセルの個数を数える

ROUND・・四捨五入する

SUMIF・・条件を満たすものを合計する

COUNTIF・・条件を満たすものの個数を数える

IF・・条件によって答えを出す

VLOOKUP/HLOOKUP・・条件に合致した値を検索表の中から探し出す

 まずはこの10個をしっかりマスターするだけでも、Excelがあなたの仕事の手助けをしてくれるはずです。

 この年末年始のお休みにマスターしてみませんか?

 Excelはまだまだたくさんの機能を持っています。次回は、Excel書式編をご紹介する予定です。

    (ステップワンキャリアスクール キャリアコンサルタント) 石川 礼子


[PR]
by mako0491 | 2015-12-28 16:54 | TOPIXS

12.25

『どんぐりむらのほんやさん』

なかやみわ著 

学研教育出版 2014年 1296

http://tinyurl.com/nelq8pk

・対象年齢:年齢に応じて読むことができます。(読んでもらうには)3歳から

(自分で読むには)4歳から大人まで 

街の本屋さんってどんなところですか?絵本を通じて考えてみませんか?

<あらすじ>

秋になると見かけるブナ科の木の実の「どんぐり」。みな同じく、胴体に帽子をかぶっていますが、帽子の形は多種多様。クヌギ・カシ・ナラ・スダジイなど等様々な種類があります。

そんな様々などんぐり達が暮らす森がどんぐり村。その村の一軒の本屋さんのお話です。

この本屋さんで働くのは3粒です。読書家の「店長さん(スダジイ)」、読み聞かせ担当の「くるん(クヌギ)」、配達担当の「こなろう(コナラ)」です。

ある日、本屋さんに本が大好きな次郎がやってきました。が、いつもと様子が違います。店長さんが尋ねてみると、次郎は失敗して母親にしかられた模様。店長さんはお店にある本の中身は頭に入っているので、次郎にぴったりの本を紹介しました。次の日元気になった次郎。店長さんは言います「本はすごいんだよ」。

またある日、くるんが子ども達に「おはなし会」をしていると、突然停電しました。怖がる子ども達。そんな時、くるんは暗い海底の冒険のお話をします。子ども達は自分たちも大冒険している気分になり、懐中電灯の光も宝物を捜す光に大変身。楽しい時間となりました。

配達担当のこなろうも負けていません。病院に本を届けに行くと、入院中の女の子が外出したいと寂しそう。こなろうは次の日「チョウ達がお茶会する絵本」を配達しました。女の子は本を読む度に「まるで本の魔法にかかったみたい」にお花畑にいる気分になります。

一緒に私たちも絵本の魔法にかかって、本屋さんでワクワクした気分になります。実際の本屋さんにも行きたくなりますよ♪

(浦田ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2015-12-28 02:38 | 絵本この一冊

実利行者

12.27


実利行者の人物像とその歴史


奈良県下北山村の「歴史民俗資料館」の品々を見ていて、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一つ『大峯奥駈道』の修験道を現在へと繋いだ実利行者(じつかがぎょうじゃ)を知った。役行者が修験道の開祖で、吉野から熊野への修験の道『大峯奥駈道』をつくられたということは知っていたが、実利行者のことは知らなかった。今回の小さな旅から実利行者がどんな人だったかを紹介する紹介する。

(玉置 ひとみ)

e0171960_02232280.jpg

秋晴れの行楽日和。友人を快適な道路となった奥熊野へ案内した。目的は、北山村の少し先。奈良県下北山村の歴史民俗資料館。新宮市の名誉市民西村伊作(日本で最初の男女共学の文化学院創立者)が無医村だった下北山村に私財を投じて自ら設計して作った桑原病院の一部が現在資料館となっている。伊作ファンの友人に喜んでもらいたいと思ったから。

 

 熊野での伊作の話を聞こうというのが、目的だったが、今回は実利行者に焦点を移すことになった。


*那智の滝から投身

役行者が作った奥駈道を整備しながら、実利行者が千日回峰行を何度も成し、修験道の奥義、衆生済度平等利益の誓願は捨身を通してのみ実現することができると確信して、捨身の場として修験道最高の聖地、那智の大滝から身を投じられたという。亡骸は信者によって手厚く祀られ那智のお山に眠っているという歴史を知った。


先日も天台宗・比叡山延暦寺の釜堀住職が「千日回峰行」に挑んでいて、最大の難関とされる9日間の荒行、断食、断水、不眠、不臥でお堂にこもる「堂入り」を成し遂げられたと報道されていたが、精神を高めるための覚悟の行の凄さを知ったばかり。


熊野には、那智の浜から南方浄土を求めて行われた補陀落渡海。過去、現世、未来の安泰を願った熊野三山参詣。修験の場としても大事な場であった。熊野に住む者として、実利行者を知っておかねばならないと思った。


翌日、那智山の実利行者のお墓を訪ねた。熊野那智大社への参道の最後、那智山観光センターからスカイライン(現町道)を1km程行った所に那智山共同墓地があり、その一番奥に祀られていた。


*宮家とも深いつながり

さて、実利行者と下北山村との関係だがーー。

大峯奥駈道は紀伊半島の背骨と称される大峯山脈の北端にある吉野山と南端にある熊野の二大聖地を結ぶ180kmの尾根道だ。実利行者は1843年岐阜県に生まれ25歳で出家。各地を巡拝の後大峯山に入り千日行を行う。宮家とも深いつながりを持ち、厳しい修行が認められ有栖川家より直々に役行者に次ぐすぐれた山伏を意味する『大峯山二代行者実利師』の号を授けられた。


修行とともに怒田宿の再建と大峯山道を復興。壊れて迂回を余儀なくされていた大峯奥駈道の全行程の修業を可能にし、その道が現在へと続いている。


*村の人がお世話

この千日の山籠もりは山麓の村々の人々の世話なしではできなかった。村人たちは食物を運び、水をくみ、薪をとる常随給仕をした。実利行者は、山ごもりばかりしていたのではなく、時折、麓に降りてきて、村内の病人や苦悩する人などの救済にあたった。科学のない時代、行者は医師であり、祈祷師であった。村人の中には弟子として入山する者もいて、親密な信頼関係で結ばれていたようである。


実利行者は1884421日に那智の滝に飛び降りて入定した。その二日前に6通の遺書を書き、下北山村の民家に残されていたものが歴史民俗資料館に寄贈されていた。民家に遺書を残していたということからも実利行者と村民の強い繋がりが感じとれる。


苦行の極致としての捨身をすることで、霊魂は神通力を得て永遠に生き、衆生済度が自在にできるようになる。自分の身のことは考えないで、他人の増益を図ることには力を惜しまない。菩薩の大慈非行というそうだ。


熊野の歴史の奥深さをまたひとつ知ることができた。下北山教育委員会に実利行者のことを教えていただき、特別に「下北山村の歴史」と「実利行者と修験道」の本を貸していただいた。熊野の魅力にますますハマりそうだ。

 

<北山村への道改善>

和歌山県の飛び地、北山村。新宮市からは国道168号線から169号線(311号線併用)を通って行く。169号線は国道とは名ばかりの酷道だった。913日に九重~玉置口間が、片側一車線、対面通行の道路になり、新宮市から1時間くらいで行けるようになった。20分くらい短縮されたということだが、曲がりくねった対向できない道から考えるとストレスは大幅に緩和されたと感じる。


[PR]
by mako0491 | 2015-12-28 02:21 | アタマ記事

友人たちと飲み明かして

12月25日

口角泡を飛ばして社会情勢語る

 
 先日数年ぶりに学生時代の友人たちと飲みに行った。集まったのは、同じ学部、同じクラブに属していた同期で、一回生の時からつるんでいた仲間である。


 クラブを途中で退部してしまい(自分もそのうちの一人)、当初の目標を達成できなかった者が圧倒的に多いが、卒業後もずっと付き合いは続いている。そう言えば「熱なき者は去れ」と部室の扉に書かれていたな。

 
  ともあれ、大阪に残っている者だけでも、と6人がミナミの繁華街に繰り出したわけである。私にとってはミナミは久しぶり。わくわくして、帰りが夜中を過ぎてしまった。 


 誰しも経験あるだろうが、学生時代の友人と会うと、タイムスリップして、何十年の時の経過が消えてしまう。孫もいる年代なのに、精神は二十歳前後のままだ。


 近況報告的なことはしても、ごくわずか。愚痴を言い合うでもなく、身体の衰えを嘆くでもなく、話題はもっぱら現在の社会事情をどう捉えるか。それぞれの視点を述べ合う。


 学生時代から変わっていない者もいる。今もデモに参加するという。かと思えば、全く視点が変わってしまった者がいる。口角泡を飛ばして議論するなんて、あの頃とちっとも変っていないじゃない。

 
 夫に聞かれた「そのうち女性は何人?」。以前はもうひとり女性がいたが、郷里の岡山に帰ってからは会えなくなった「私ひとりだよ」。

 
 性別なんて関係ない。「男女間の友情なんてありえない」という考え方もあるかもしれないが、考えは違って当たり前、違うからこそ面白い。それとも私はいわゆる「男脳」なのかな?

  (中村 聖代)

 


[PR]
by mako0491 | 2015-12-28 02:13 | 女の視点

e0171960_1525356.jpg3人の輝く笑顔見るために


一杯いっぱいだった子育ての生活も早11年。ようやく、ステキな時間を過ごさせてもらっていると実感できるようになりました。何故って娘たちは「三人三様」。毎日、様々な会話を楽しめるようになったからです。


でも、会話ができない時は本当に大変でした。出産前は大人ばかりの文章三昧の毎日だったのに、泣き声のみの生活に変化。さらに娘は発達が遅かったんです。首が座るのは6ヶ月、歩くのは2歳過ぎてからなど等。病院では入学までには追いつくと言われていましたが、もちろん焦りました。自分で脱ぎ着ができるように!と、やればできる根性論の強制練習をしたこともあります。


でも、逆効果。娘は泣くし、私もイライラ。「ぼちぼちいこか」とあきらめかけた頃、本人が「自分で!」と失敗しながら練習したら、すぐズボンが履けるようになりました。しかも自信満々。それから、子どものペースに応じてぼちぼちと、自信を育む子育てを心掛けるようになりました。


心に余裕が出てくると、子ども達はやんちゃし、家の中は散らかり(片付けろと雷を落とすこともありますが)、のびのび笑顔。三人の違いも発見しました。基本的に長女は熟慮に熟慮を重ねるマイペース型。次女は思い立ったら即行動。三女は夢みる乙女。買い物では即決断の次女に対し、友達と一緒のかわいい物を選ぶ三女。長女は反対に他人と同じ物を嫌がります。


外出時には、我先にと用意し玄関で待機する次女。服装や髪型を整える三女。天候や行き先に応じてのんびり準備する長女。と、面白いように違います。もちろん三人とも共通することも。話を聞いてもらうこと、絵本や自分たちの成長話を聞くことは三人とも喜びます。「私ってすごい!」と感じた時の自信満々の笑顔はみな同じように輝いて、心が温まる瞬間となっています。が、残りあと数年なんでしょうね。

                                     (浦田 ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2015-12-17 17:21 | 子育て

国勢調査で考えたこと

11.27
国は調査の概要などPRを
 
 すでに終了しましたが、国勢調査について考えてみました。何に役立っているのか不明、プライバシーの侵害だとの意見もよく耳にしました。私も時代に沿っていないなと感じたこともあります。

 ところで国勢調査の他に、国の指針を決めるために、いろいろな「調査」を行っているのをご存知ですか。

 月末の夕刊でよく耳にする「労働力調査」は周知されていますが、そのほかにも家計調査、生活基本調査、サービス業や製造業、商業、個人向け企業の調査など各方面で行われています。

  ある日、突然、自宅にチラシや郵便で、「○○調査エリアに当たった」とお知らせを兼ねた協力依頼書のようなものが届き、調査員の訪問を受けます。

  一方的でなんとも身勝手な話で、調査される側からすると、面倒くさく、迷惑な話ですよね。私は10年前に調査員の仕事をしたことがありますが、訪問先で「何故うちなの?」「他所に行って」と言われました。

  面倒が理由だけでなく、今の時代、情報漏えいや詐欺も多く多発して気持ち悪いのはよくわかりますが、税金が使われて調査が行われている以上、その税金を無駄にしないことも意識してほしいと思うのです。

 悪質な詐欺にかからぬように、調査員の訪問を受けた際には、身分証を確認し、最寄りの役所に問い合わせれば、調査が本物かどうか判りますので、不信感だけで拒否してしまうのは、税金がもったいないと思うのです。

 と言えば、昔、国勢調査が終わった後に、再び「国勢調査です」と、調査員がやってきて、大変戸惑ったことがあります。

  調査員は別人でしたし、提出した調査票を紛失したのかと疑心暗鬼になり、役所に問い合わせ、「追っかけ調査」という、れっきとした制度があることを知り、驚きました。

 国は、このような調査が大切で必要というなら、もっと調査の存在や概要を認知するように、例えば学校の社会や公民の授業で取り上げてもいいと思います。

  「知らないコト」だから、不信感も募り拒む人や不快に感じる人が多いのも当然です。 私は調査に対して納得していませんが、国が税金をつぎ込んで行う以上は、それを無駄にしないよう対応したいと思います。

                                 (内藤 祐子)
[PR]
by mako0491 | 2015-12-09 17:18 | TOPIXS

 トルコとの友好さらに深める


 東の太陽、西の月とは何でしょうか? 日本とトルコの国旗のこと。12月5日に全国公開される日本とトルコ合作映画『海難1890』。物語の舞台となった串本町大島、樫野地区で「エルトゥールル号遭難を語り継ぐ会」のガイド堀口徳弘さんに話を聞いた。

 大島の東端に樫野崎灯台がある。450m手前に樫野崎駐車場があり、灯台へと続く遊歩道が整備されている。  

 堀口さんらは通常トルコ記念館、コヨチの浜(船甲羅)、トルコ軍艦遭難慰霊碑、アタチュルク像、樫野崎灯台の順にガイドする。 

 ガイドは7名。その中には曾祖父母、祖父母が実際に救助に当たった人もいて、代々語り継がれたエピソードなども聞かせてくれる。

 堀口さんは、ガイドをする時、まず1985年イラン・イラク戦争で日本の救援機が間に合わず、イランから脱出することができなかった日本人をトルコの救援機が救ってくれたことから話す。

 時代を遡って1890年の遭難事故。軍艦には650余名が乗船。587名が死亡。生存者は69名。慰霊碑には285名が眠っている。串本町や古座町の浜辺に流れ着いた遺体も、時の大島村長の沖周は、樫野へ運び埋葬した。

 今も5年毎に執り行われる慰霊祭は、トルコと串本町合同で行う。初期の慰霊碑は簡素なものだったが、昭和天皇の樫野崎行幸の際、トルコの初代大統領ケルマ・アタチュルクが現在のものを建て、またトルコのメルシン市にも同じ慰霊碑を建てた。

 最初の慰霊碑(墓標)は、現在の慰霊碑の塔の中央へ設置されている。灯台手前のアタチュルク像のことにも触れてみたいところだが、ぜひ大島に来てガイドの話を聞き、この歴史を語り継いでいただきたい。樫野崎の丘は、これから水仙の季節を迎える。
                            (玉置 ひとみ)

(参考資料)
「エルトゥールル号遭難を語り継ぐ会」 問合せ先:0735-65-0255(代表 高山)
東の太陽、西の月は映画の台本に書かれていたもの(仮称)
[PR]
by mako0491 | 2015-12-09 17:08 | ヒト交差点

海外との架け橋に
出所者の復帰支援


 和歌山市民で、西平 都紀子さんの名前をご存じない方を探すのは難しいだろう。彼女は一企業の経営者であるが、その経歴や活動は異彩を放っている。今回「をんな情豊局」でも彼女に迫ってみた。(中村 聖代)
e0171960_1632960.jpg
【女性のチャレンジ賞】
 西平さんは、県を中心に15店舗展開する飲食店チェーン「株式会社 信濃路」の代表取締役である。彼女自身様々な活動を通して成長し、平成26年には、内閣府主催の「女性のチャレンジ賞」を県下で初めて受賞し、谷垣禎一法務大臣(当時)を表敬訪問した際、感謝の言葉を受けた。
 
 その内容は、男性が圧倒的多数を占める刑務所出所者等に対して、前歴を承知の上で女性の視点から雇用する協力雇用主として、平成18年から社会復帰支援を行ったということだ。

【家業の継承】
 昭和50年に西平さんの父・猛さんが脱サラで開いたそば処から徐々に店舗を増やし、都紀子さんは平成7年に31歳の若さで社長に就任したその経過はこうだ。

 彼女は初めからそば屋を継ぐとは考えておらず、大阪でモデルの仕事をしていた。5店舗目にあたる海南店オープン時に父から手伝いを頼まれたのをきっかけに、家業に携わるようになったが、経営者である父が入院して3か月で急死してしまった。

 店長から社長になった都紀子さん、「『この仕事ができて良かった』と社員に思ってもらえるような会社にするぞというところから、私の戦いが始まりましたね」。

 朝9時から夜9時まで毎日休みなく働き、包丁の使い方や天ぷらの揚げ方など、一から勉強した。

【青年会議所で】
 「自分が成長しなければ部下の成長もない」と思い、異業種交流団体である青年会議所に入った。メンバー200人中、女性は3人しかいなかった。「高校中退、ただの蕎麦屋で女性である自分がどこまで通用するのか、しないのかを試してみようと思い、女性を捨てて飛び込みました」。ここでは第46代理事長を務めた。

 そして、同業種の団体である大阪外食産業協会(ORA)に入ることで、経営を学んだ。
「この二つに所属して、いろんな悔しい思いもしましたが、10年ほどしてやっと一人間として認められる存在になったのかなと思います」。

【地域起こしに参加】   
 青年会議所卒業後の40歳からは、店を信頼できる社員に任せ、仕事を通して地域を活性化できる活動はないだろうかと考えるようになった。

 「紀州よさこい祭り」を立ち上げから関わったり、「Jリーグチームを和歌山から作ろう」といった活動にも参加している。

【半世紀生きて】
 で、50歳を超えた現在、「新たな人生が再びスタートしたような、また新たな挑戦が始まるのかなという感じです」。

 都紀子さんは、今後は和歌山と海外の架け橋になりたいと考えている。海外で出店という形ではなく、ひとつはベトナムで日本の教育を普及しようと活動している。
 
 「ベトナムでは日本語が話せると、給料がかなり違ってきます。日本語教育で人生が変わるんです。そのお手伝いをしたいのです」。

 16歳のころ、「レディース」で鍛えた根性が今も息づいている都紀子さんである。

[PR]
by mako0491 | 2015-12-09 16:39 | アタマ記事

犬鳴き温泉、美人の湯?

e0171960_15575881.jpg滝は修験道の道場

 大阪随一の秘境に、名湯と滝があるというので晩秋の道をたどり、犬鳴温泉を訪れた。この温泉は泉佐野市にあり、和歌山県境にちかい犬鳴川上流の二瀬川沿いにある温泉。泉質は純重曹冷鉱泉。16度と低いが少しはわかしているのだろう。

  無色でぬるぬる感があり美人の湯かも。建物から少し階段をおりると、渓流が流れ、川音が冷たさを演出してくれる。透明な川の中では鮠が泳いでいるのが見え、日本の風景そのもの。甲高い鳥の鳴き声もここで聞くとやけに寂しいに気分になるから不思議。

 決して広いわけではないが、湯船につかって大窓から見る紅葉と、空の青を眺めるのもいい。トレッキング族のご婦人が滝の様子を教えてくれるのだが同時に喋るので聞きにくい。それでも犬鳴という名前の由来や滝のことなど取材。

 犬を連れて狩に出掛けた主が、獲物をしとめようとしたときその犬が鳴き、獲物を逃がしてしまった。怒った主は犬を切り殺したがその口には毒蛇が。主を助けるために鳴いたと知る。忠義な犬として犬鳴という地名で残っているそうな。

 滝は修験道の霊場として今でも滝に打たれる人もいることなど行者の滝らしい。
滝までのピクニックして来たのかちょっぴり日焼けした親子が入ってきた。ここで入れ替わり湯から上がって外に。

 川風と川音が気持ち良く湯上りの身体のなかに通りぬける。この温泉に離れが何棟かあり、どれも趣のあるたたずまいだったが、もう少し手を入れてくれれば俳句の会に使えるのになあ。なんて勝手なこと考えながら見上げた柿の木には熟柿が透明な光を浴びてオレンジ色のともしびを放っている。お土産はやはり柿で決まり!

「山鳥のなべて出て鳴く秋日和   炎弥子」

                                    (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2015-12-09 16:19 | 温泉巡り
12.11
早期発見・治療がカギ
規則正しい食生活を


 超高齢化社会の到来で認知症患者が増え続けている。単なる老化による物忘れならさほど問題はない。だが認知症が原因としたら日常生活にも支障を来たす。それだけに周囲の人が初期症状を見逃さないことが何よりも大切。和歌山県は早期発見と治療開始のため、認知症が疑われるときは早めに相談窓口やかかりつけ医に相談するよう呼び掛けている。(高堀琴世)
e0171960_1456518.gif
「10年後5人に1人」
 内閣府が10月、認知症に関する初めての世論調査結果を発表した。それによると、認知症の人と接したことがある人は過半数の約56%に上った。家族や親戚、隣近所、医療・介護現場などで認知症の人と接する機会が増えていることを裏付ける。

 こんな推計もある。国内の認知症患者は10年後の2025年に現在の1・5倍の700万人に――。厚生労働省が1月に発表したもので、65歳以上の高齢者の実に5人に1人に当たる。しかも予備軍の軽度認知障害(MCI)の人を加えると約1300万人に達しそうという。
 
 人の名前が出てこない、2階に上がったのに用件をなかなか思い出せない――。年をとるに従ってこんな経験が増えてくる。では老化と認知症による物忘れはどう違うのか。認知症になると物忘れをしているという自覚そのものがなく、少し前の体験や出来事を全て忘れ思い出せなくなる。

「脳の海馬が萎縮」
 認知症で最も多いのがアルツハイマー型。脳の中の記憶を蓄える海馬(かいば)が萎縮し新しい記憶が入らなくなってしまう。だから同じことを何度も話したり、同じものを何度も買ってきたりする。ただ昔の記憶は海馬から既に大脳皮質に送られ保存されているため鮮明に覚えている。
 
 アルツハイマー型認知症になると、記憶障害に加え、人や時間、場所が分からなくことがある。医学的には「見当識障害」と呼ばれるもので、時→場所→人物の順番に症状が出てくることが多い。①今何時頃か季節がいつか分からない②自分がどこにいるのか見当がつかない③目の前の人が誰か分からない――と進む。徘徊や幻覚などの症状が現れることもある。
 
 発症すると、財布を盗まれたと大騒ぎしたり(物盗られ妄想)、趣味に関心を示さなくなったり、買い物のとき小銭を出さずいつもお札で払ったりすることも。本人が病気という自覚がないだけに、家族などが初期症状のサインを見逃さないことが何よりも大切。初期段階ならまだ投薬で進行を遅らせることもできる。

「本人に安心感を」
 身近な人が認知症と分かったときは――。患者は物忘れなどで注意されたり叱られたりすると、逆に分かってくれないと孤立感を深める。「そう、分かったよ」と、本人の気持ちになって寄り添い安心させることが第一。発症してもうれしい・楽しい・悲しいといった喜怒哀楽の感情の機能は残っているのだから。
 
 認知症は脳に刺激の少ない生活を続けている人ほどなりやすいといわれる。特に定年退職後、趣味がなく散歩もせず家に閉じこもってテレビの前でごろ寝というパターンは最悪。高血圧や糖尿病、肥満、喫煙なども危険因子。深酒も控えるべきだが、適量なら血流を促し発症を抑えてくれるともいわれる。魚料理や緑黄色野菜も予防につながる。

「脳の活性化を」
 全国に先行して高齢化が進む郷土和歌山。県長寿社会課・高齢者生活支援室では認知症予防のため以下の4点を呼び掛けている。①生活習慣病の予防②偏食を避けた規則正しい食生活③ウオーキングやラジオ体操、スポーツ活動④日常の中での脳の活性化(音読や計算、音楽や絵画などの趣味活動)。

  和歌山県が目指すのは「認知症になっても安心して生活が送れる社会づくり」。その一環として専門医による診断で早期に適切な治療ができるよう、和歌山県立医科大学付属病院など3病院を「認知症疾患医療センター」に指定している。

 認知症に関してどんな相談にも応じてくれる「わかやま認知症なんでも電話相談」も開設している。市町村ごとに「地域包括支援センター」も配置されており、ここでも無料相談に応じてくれる。

【わかやま認知症なんでも電話相談】
 フリーダイヤル0120・969・487
 (平日の午前10時~午後3時)

【県内の認知症疾患医療センター】
・ 和歌山県立医科大学付属病院
   和歌山市紀三井寺811-1
   電話 073・441・0776
・国保日高総合病院
御坊市薗116-2
   電話 0738・24・1802
・独立行政法人国立病院機構
  南和歌山医療センター
田辺市たきない町27-1
   電話 0739・24・3028
[PR]
by mako0491 | 2015-12-09 13:48 | アタマ記事