わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0171960_18163864.jpg
8.21掲載


 新宮市の熊野速玉大社境内に郷土の文豪『佐藤春夫記念館』がある。8月30日(日)まで「谷崎潤一郎没後50年特別企画展」が開催されている。サブタイトルは新発見の書簡などから谷崎潤一郎の「父親像」と「創作意欲」を捉えるーーとなっている。
    (玉置ひとみ)

最初の妻、春夫に託す
 谷崎潤一郎が「痴人の愛」を執筆した神戸市東灘区の旧宅が和歌山県有田川町に移築され、年内には公開されるようだが、両人には作家というつながりだけではなく、谷崎の最初の妻、千代を春夫に託した『細君譲渡事件』がある。

 春夫が谷崎の妻、千代に横恋慕したといわれた時代もあったが、実は谷崎は千代の妹に恋をし、更に人妻松子へと気持ちは移っていき、もてあました?千代を春夫に押し付けたようである。

 しかし、「今回発見された春夫宛ての谷崎の書簡からまた新たな谷崎が見えてくる」と、谷崎研究の第一人者である千葉俊二早稲田大学教授が評している。私は谷崎潤一郎や佐藤春夫の作品に詳しいわけではないが、郷土の偉人のことは知っておきたい。

 建築物を見ようと出かけたのに、またまた興味を惹かれるものに出会ってしまった。

家族ぐるみで交流
 企画展では今回発見された谷崎が「春琴抄」執筆のころ春夫宛てに送った書簡などが展示されている。春夫宛てに3通。春夫の父豊太郎宛てに1通。春夫の父にまでなぜ?

 実は先妻千代や娘鮎子をただ春夫に託したのではなく、谷崎は家庭内の問題の複雑なところまで、春夫に語っていて、春夫を大変信頼していたこと、また娘鮎子の行く末を大変心配し、愛情を注いでいたこと。春夫の父豊太郎にも大変感謝していること。家族ぐるみで交流がされていたことなどが今回新たにわかったことのようだ。

 また、春夫から芥川龍之介宛ての書簡も展示されており、龍之介からの二通の書簡の返書の形になっていた。

 ふらっと出かけてみただけの私だったが、この時代の文豪の交友関係を知ることができ、それを文豪たちが語り明かしたであろう春夫の居宅で見たからか、タイムスリップしすぎて自分の現在地に迷い頭がクラクラした。企画展後展示物はまた持ち主に返還されるとのこと。 

 次に記念館の建物について触れる。

庭の花まで忠実に再現
 この建物は、春夫が昭和2年から昭和39年まで過ごした東京都文京区関口の旧佐藤邸を郷里新宮市に移築復元したものである。平成元年11月に熊野速玉大社境内の一角に竣工された。
 
 建物本体だけでなく、アーチ型の門や塀、石畳のアプローチ、庭に植えられているマロニエに至るまで忠実に復元されているので、門をくぐった瞬間から昭和の時代が始まる。

 木造2階建て一部鉄筋コンクリート造り。洋風建築である。館内には、佐藤春夫自筆の原稿や絵画、愛用品が展示されている。

 設計者は、新宮市出身の大石七分。東京神田駿河台の地に日本で初めて男女共学の学校、文化学院を開校した西村伊作の弟だ。谷崎も芥川龍之介も佐藤春夫も文化学院で教壇に立っていた。

狭いところ好んだ
 新宮市伊佐田(JR新宮駅から徒歩5分)に伊作が自ら設計し暮らした家がある。現在は西村記念館として国の重要文化財に指定されているが、多才で建築家の一面もあったという。佐藤邸も弟に設計を任せているが、伊作が指揮していたようである。両記念館には共通点が多い。それらを探すのも面白い。

 佐藤邸はアーチ形の窓が多く、当時としてはめずらしいサンルームや八角塔の書斎などがある瀟洒(しょうしゃ)な建物である。春夫は執筆中、狭い所を好み、廊下の隅に文机を置いて書いていたという説明と写真が展示されていた。集中力を高めるため?しかし私には追いつめられた人間の心理のようで親近感が湧いた。

 大きな窓から差し込む光。春夫はどのように感じていたのだろう。共有させていただいた空間に贅沢な時間を過ごすことができた。
[PR]
by mako0491 | 2015-08-21 18:18 | アタマ記事

ガラシャと勝龍寺城

8.21掲載
歴史とロマン秘め
 
 義母が大阪・箕面にあるホスピス「ガラシア病院」に入院、細川ガラシャの生涯に興味を持った。そんな折、この城(跡)に行く機会があった。e0171960_16104553.jpg
 
 JR大阪駅から約30分で長岡京駅に着く。南へ歩いて10分程度、勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)がある。鉄砲時代の先駆的な城造りだったといわれる。

 細川ガラシャと細川忠興の銅像が立っている=写真。本能寺の変の直後、山崎の合戦で敗れたばかりの明智光秀が一時退避していたこともあるそうだ。

 ガラシャは光秀の三女で、16歳の時、この城の城主の長子である細川忠興に嫁いだ。その波乱に満ちた生涯から歴史とロマンを秘めた城として全国的に有名になっていく。
 
 みめ麗しく、情けもあり、信仰心強い婦人であったと伝わっている。3年間の新婚生活の後、本能寺の変から丹後に幽閉されて困難な時代も過ごした。心の平安を求めてキリスト教に入信する。
 
 ガラシャは洗礼名で、丹後にいた時は、細川珠(玉・玉子)夫人と呼ばれていた。

 2年後、豊臣秀吉の計らいで忠興との復縁を許されて、大阪・玉造に住む。その後、関ヶ原の戦いで石田光成の人質になることを拒み、自害する。
 
 ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは故国への報告書に次のように書き残している。
〔夫人は非常に熱心に修士と問答を始め、日本各宗派から、種々の議論を引き出し、また吾々の信仰に対し、様々な質問を続発して、時には修士をさえ、解答に苦しませるほどの博識を示された。修士は夫人を、「日本で、いまだかつて、これほど理解ある婦人に、また、これほど宗教について深い知識を持っている人に会ったことはない」といった〕

 城の方は、石垣、隅櫓(やぐら)、土塁、空堀、模擬天守(資料室・管理棟)、沼田丸と呼ぶ自由広場など整備が進んでいて、無料でゆっくり楽しく見学できる。

 ガラシャ夫人の辞世の句
「ちりぬべき時知りてこそ花も花なれ人も人なれ」
     
                            (篠原 有麻)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-21 16:15 | お勧めスポット
8.21掲載
結局は買い物に夢中

 中国からの旅行者の爆買いが、話題なって久しい。

 上海在住時の友達五人が、日本へ旅行で来た。
 その中、一人は日本で生活の経験があるので日本語は問題ない。
 
 東京、京都と自分たちでコースを作り、大阪・和歌山へとやってきた。
心よく案内を引き受け、観光コースを考えたものの。観光は変更!また変更!

 結局、買い物にデパート巡りだった。

 主人は彼女たちの子供を連れて海遊館へと。報道のような大きな電気製品はないものの、普段買えないブランドのバック、服を、自分と親戚、友達へのお土産に。 関空へ見送る間際もまだショッピング!

 一体いくら使ったのだろう?

 考えてみれば、私も初めての海外旅行は、見るもの全てが珍しくて買い物していた気がする。

 帰宅して、荷物の山を見て何でこんなものまで買ったのだろう?と自分で首を傾げたものだった。

  どちらにしても、彼女たちが納得のいくような日本の旅になったのだろうか。

  本当は、日本の景色や、習慣など感じて欲しかったが、それはまた旅慣れてからなのだろう。
  関空で別れた時、買ったぞーと、満足気な笑顔が輝いていた。
                                  (市野 政子)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-21 11:50 | 女の視点
8.21掲載
暖かく、心を包み込んでくれるe0171960_15533148.jpg 

 沖縄は基地問題などで、ホットなニュースが続いている。
 
 少し古いが、古謝(こじゃ)美佐子=写真=をリーダーにする4人組「ネーネーズ」(第1期)の2曲を久しぶりにユーチューブで聞いた。ネーネーズは姉さんの意味らしい。

 「素朴で純情な人たちよ、きれいな目をした人たちよ、黄金で心を汚さないで。黄金の花はいつか散る」

 ネーネーズの代表曲である『黄金の花』。岡本おさみ作詞、知名定男作曲のこの曲は、拝金主義が盛んだったバブル→そして崩壊時代の中での、一種の緩やかなメッセージソングとも捉えることができよう。

 いくつ印象に残る歌詞には「病気のお金はありますか 悪い人には気をつけて」「神が与えた宝物 それは黄金でないはずよ」
 1990年にデビュー、10年間で様々なジャンルに挑戦、欧米にもファンを広げていく。
 
 中でも、よりメッセージ性の強いのが『平和の琉歌』。
 桑田佳祐の作詞・作曲で、サザンも歌うが、ネーネーズの方が好きだ。

「この国が平和だと だれが決めたの 人の涙も渇かぬうちに
アメリカの傘の下 夢も見ました
民を見捨てた戦争(いくさ)の果てに
蒼いお月様が泣いております
忘れられないこともあります
愛を植えましょう この島へ」

 さらに2番の最初は心に突き刺さってくる。
「この国が平和だと 誰が決めたの 汚れ我が身の罪ほろぼしにーー」
 戦後、傷ついた沖縄がアメリカに支配され、基地の島にされてしまった現実を歌の背景にしている。

 ただメッセージ性の強い歌詞なのに、ネーネーズの歌い方は、暖かくて、緩やかに包んでくれる。

 古謝はソロ活動も活発に行っている。『童神』(わらびがみ)という名曲もあり、色んな歌手がカバーしているので、今度ゆっくり聞いてみたい。
                  (末井 霧子)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-21 10:39 | 音の魅力・魔力

『たろうとつばき』

8.7掲載
渡辺有一作 ポプラ社 
1978年 1296円
http://tinyurl.com/p7me2z6
・対象年齢:年齢に応じて読むことができます。(読んでもらうには)3歳から
(自分で読むには)4歳から大人まで e0171960_16441055.jpg

<あらすじ>
 東京都の南に約140kmいくと、伊豆諸島があります。その中に周囲約8km&面積4.12km2の小さな島、利島があります。

 この絵本の主人公はこの島の小学1年生の男の子。日本一の生産量を誇る椿油を作る工場のひとり息子です。名前は太郎君。

 太郎君は小学校から帰る時、友達に海賊ごっこの誘いを受けました。しかし、放課後は「母ちゃんの椿の実拾い」の手伝いをしなくてはなりません。日曜日にも、遊びたい気持ちを抑え、工場の手伝いです。

 冬休みになると、ようやく友達と思う存分、遊べるようになります。

 しかし、身重の母親が働きすぎで倒れ、東京に入院することになりました。役場の人が旗を携え、太郎を呼びに来ます。自衛隊のヘリも要請されます。母親は横になったまま、ヘリで東京に運ばれました。

 それから4日後、母親は手術で出産することになりました。太郎君は心配です。出荷真っ最中の父親に代わって、東京に行くことにしました。

 父親に地図を書いてもらい、出発です。
 まず、知り合いばかり6人程度の小さな船に乗ります。そして島をめぐるフェリーに乗り換え、約5時間かけて、東京を目指します。

 さらに電車、バスと約2時間乗り継ぎ、ようやく病院に到着。雪が降る中、警備員さんの計らいで母親に会うことができました。

 絵本はコマ割になっていて、沢山の絵が丁寧に書かれています。背景からも時間の経過がよく分かります。

 少年の頑張りに自分の姿を重ねるのも良し。応援するのも良し。その他にも、離島の生活の大変さや、自然の豊かさも垣間見ることもできます。夏休みに旅行に行った気分にもなれますよ♪
                                                  (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-09 16:45 | 絵本この一冊

スタイリングジュエリー

8.7掲載
特殊加工のシートで携帯などに張る
e0171960_16333026.jpg
  照明に当たり、日差しに当たり、はたまた夜空の下でもキラキラ輝くデコレーションアイテム。

 巷では「デコ」という言葉があり、携帯や鏡・小物・ライターに至るまで色々なものにスワロフスキーなどでデコレーションしている「デコ」グッズが溢れています。女性だけでなく男性でもデコグッズを持つ時代。

 そんな中、「サロンeclat(エクラ)」では皆さんが知っているデコグッズとは全く違う新しい「デコ」を始めました。その名もStyling Jewelry(スタイリング・ジュエリー)=写真。

 今までのデコグッズと何が違うかというと、通常デコといえば、スワロフスキーのストーンを、携帯などに直接接着剤で付けていきます。

 デコを施された商品は、全体的にスワロフスキーがついてキラキラ輝きとてもキレイな反面、すごく重くなってしまいます。

 それに比べ新商品のスタイリング・ジュエリーは、「特殊なシート」にスワロフスキーなどのストーンを付けて仕上げ、それを携帯など好きなところに貼ってデコレーションを楽しめるアイテムです。

 実はこのシート、ただのシートではないんです。シートが裂けにくく、何度も剥がせるよう特殊加工したオリジナル製法のシートなので、接着剤を使わなくてもデコレーションが楽しめます。 プラスティック素材やガラス・壁・鏡などフラットな部分に使用できて、糊残りもしないのでとても使いやすいんです。

 そして複数回使えるので、その時の気分でスマホに貼ったり、財布に貼ったり、パソコンに貼ったりと、簡単にペタっと貼り替えられるのが特徴です。

 エクラでは、この夏から取り扱いしています。またスタイリング・ジュエリーのスクールも開講しており、一緒にスタイリング・ジュエリーを盛り上げてくれる方を募集しています。

 「サロンeclat(エクラ)」主宰 YUKO
[PR]
by mako0491 | 2015-08-09 16:36 | オンナ磨き事情
8.7掲載

定年、母に寄り添い暮らす決意


<和医大の石井講師と学生の報告から>
 毎年、年に一度、大学1年生の学生たちとともに、伊都郡かつらぎ町花園地区(旧花園村)=別項参照=を訪れます。年々、集落の人口が減る中で、今年は新たな出会いがありました。90歳になる母親の介護のために50年以上離れていた故郷にご夫婦で戻って来られた息子さんとの出会いです。和歌山県立医科大保健看護学部の石井敦子講師のレポートを紹介します。

高野槇で知られる
 旧花園村は1953年7月18日に起きた和歌山県史上最悪の気象災害といわれる紀州大水害で山腹崩壊と土石流により中心集落が壊滅するという甚大な被害を受けた地域としてもよく知られていますが、連なる山々と澄んだ空気、清く美しい自然は今年も穏やかに私たちを迎えてくれました。 

 特産品の高野槙は世界三大庭園木の一つですが、一属一種しかない日本固有種の常緑高木で、幅の狭い円錐形の樹形は美しく目を和ませてくれます。
 
 花園地区で母親の介護のために、故郷に戻ってきた息子さんは、大阪でずっと仕事をして家庭を築き、子育ても一段落つき、定年退職を迎えた後の第二の人生を生まれ故郷の花園で母親の残りの人生と寄り添うことを決意して戻って来られたそうです。

 中学生まで育った場所とはいえ、人生の大半を大都会で過ごし、環境が全く違う地域での生活と母親の介護をするというのは並大抵のことではないと思われます。

 都会と田舎の生活を知り、またそのどちらの大変さも知る息子さんが18、19歳の学生たちに「今よりも60代、70代になって笑っていられる人生を送ることができるほうがいい」と言われた言葉が若い学生たちの心に響いたようです。

呼び寄せ高齢者に問題も 
 遠く離れて暮らす子供世代に呼び寄せられて、長年暮らしていた土地を離れ見知らぬ土地へ移住する「呼び寄せ高齢者」という社会的現象があります。これは日本の経済的、社会的構造が生み出したものですが、呼び寄せられた親は都会に馴染めず孤立したり、認知症が進行するといった様々な問題も顕在化しています。

 花園で出会った息子さんも生活の基盤が大阪にあり、親を大阪に呼び寄せることのほうが容易であったかもしれませんが、あえて自ら移住することを選んだのです。

 母親が住み慣れた土地で、家族の思い出がぎっしり詰まった我が家で、残りの人生を送れるようにと願ってのことでしょう。

 「将来的にはまた大阪に帰ることになると思います」という息子さんの心には、今度は自分たちが歳をとり手助けが必要になった時に、大阪で育った子供たちにとっては故郷でもない地にいる親の介護で困ることのないようにという思いがあるのではないでしょうか。
e0171960_1651568.jpg
長い人生の幸せの形探す 
 戦後70年で平均寿命は30年延び、男女とも人生80年時代となりました。家族や社会の形が変化してきたなかで、定年退職後のUターン・Iターンなど第二の人生をいかに送るかを考えることが求められています。

 定年後の人生も決して短くはないことを考えると、60代、70代になって笑っていられる人生を送るようにするには、親から子へ、子から孫へ、移りゆく時代とともに家族で幸せの形を探っていくことが大切なのかもしれません。

<かつらぎ町と合併、人口300人切る>
 花園地区は有田川の源流を有し、霊峰高野山の南に位置する集落で、2005年10月にかつらぎ町と合併した当初は約550人だった人口が現在では300人を切っており、ますます超高齢化、過疎化が進んでいる。写真は「花園村100周年記念」で、住民が描いた壁画
[PR]
by mako0491 | 2015-08-09 16:20 | アタマ記事

共働きと食事作り

8.7掲載
母のような手料理作れる日は


 毎日三食を作る。これは大変な仕事である。

 今日の献立は何にする?栄養バランスは…?そんな事を考えていると、ある時気がおかしくなるような状態にもなった。

 共働きなので平日は朝と夜しか作らなくて良いが、土日は3食作らなければいけない。食事のことを考えると楽しいはずの休日がいっきに沈んだ気分になる。

 そんな時、「外食」という避難所に逃げる時もある。しかし、子供ができたらインスタント食品や外食に頼る事は難しくなる。近い将来、外食への逃げ道がなくなる。一大事である。

 育メンと呼ばれる男性が増えた。子供を一人持つ私の友人は平日の夜は奥さんが料理を作り旦那さんが後片付け、土日は旦那さんが料理を作って後片付けを奥さんがする。旦那さんが土日の料理を作るついでに一週間分の弁当のおかずを作って冷凍するそうだ。

 友人いわく「共働きなら、家事も完全に分担しないと(おかしい)!」昔に比べたら女性が料理を作る負担は減ったのかもしれない。

  私の母は専業主婦で、毎日きっちりと三食の手料理を作ってくれた。インスタント食品もほぼ見た事がない。父が台所で料理を作る姿を見た事もなく、自分が料理を作る立場になって、改めて母のすごさを知った。

 旬の食材を使った美味しい手料理を毎日食べる事が人間にとってどれだけ幸せか…。今の自分にはそのハードルは高すぎる。母のような手料理を作れる日は、果たして来るのだろうか。                                         (大森 幸子)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-09 15:39 | 女の視点
7.24日掲載
童子からもてなし受けて

e0171960_16462783.jpg
  「貝塚の水間観音の方面にいい温泉があるよ」との連絡あり。季節は少し前になるが、新緑を楽しみながら温泉に浸かってきた。貝塚ICから府道40を海に向かってまっすぐいくと大きな看板がみえる。ローソンやマクドナルドがあるから解かりやすい。

  清児(せちご)とは読めず命名の由来を探した。聖武天皇の命を受け行基さんが水間の里を訪れた折、十六の童児から丁重にもてなしを受けて、清らかな心を持った童子たちと称賛したことがこの地の由来だとか。この時代から「おもてなし」精神が息づいていたのね。

 温泉の名前は清児の地名と龍谷山水間寺にちなんで名前を付けたと話してくれた。泉質は単純温泉で神経痛、運動麻痺、慢性消化器系などに効き、水間観音様を信仰し旅する人々にはホッとするオアシスになっていたのかもしれない。

 広々とした湯船、露天風呂ありサウナあり、ジェットバスなどは深さにちがう強力なジェットで身の軽い私は流されて溺れそう。

 あれこれ楽しんで水間観音に赴き若葉堪能。楠、椎、楢、楓それぞれが色鮮やかにみどりの光を放ち、所々にはつつじの赤やピンクがポイントとなった素晴らしい景色。

 大屋根の甍(いらか)は大きく迫り、頑健な塔は黒々とそびえ、若葉の緑とのコントラストを見ていると、お寺と自然の緑と身体が溶け合い一体化していた。

 さすが勅願寺いつまでいても飽きさせなかった。俳句もできた。近くにこんないい場所あるのは羨ましいなあと。

 「観世音千の手に受く若葉光 炎弥子」

                               (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-02 16:49 | 温泉巡り
7.24日掲載
曽野綾子著 (中央公論社と中公文庫から出版)。
 何かと論議を醸す曽野綾子。エッセイや論評が多い中、こんな小説を著していました。フランスのルルドについても教えられます。

  シンガポールに暮らす亜季子は、浮気を重ねる夫との生活に嫌気がさし、離婚を決意。日本に帰り実家近く、三浦半島の海辺に住む画家有島との幸福な生活に臨む。  

 ある日、前夫が爆発事故のせいで大火傷を負ったとの知らせが届く。別れた自分には何の関係もないし義務もない、これ以上関わりを持ちたくないと思っていた。

 が、商用でシンガポールに戻った時、失明し片方の耳が聞こえず、全身に大やけどを負った変わり果てた穂積を見る。元妻というしがらみはない。ただ人間として彼を放っておくことがためらわれた。

 そんななか、フランスのルルドという所に病を治す奇跡の泉があり、そこに行くことを切望する穂積に渋々同行する。

 ルルドから戻った亜季子に、有馬が言う―自分たちはこのまま穂積を忘れて二人で生きていくこともできる。でもそうするとあなたが、死ぬときに後悔するかもしれない。もし穂積を見放さず面倒をみることを選択したら、やりたい事じゃなくてやるべき事をやった、ということになる―

 そして亜季子の取った行動は・・・

 「ある復讐」とは?文中にパウロの言葉が出てきます。「自分では復讐せず、神の怒りに任せなさい。『(復讐はわたしのすること、わたしが報復する)と主は言われる』と書いてあります。『あなたの敵が飢えていたら食べさせ、渇いていたら飲ませよ。そうすれば、燃える炭火を彼の頭に積むことになる。』悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい」。

  一見、身勝手な人間だけが得をしているようにも感じられ、読む人の経験とか立場によって解釈が分かれる本です。

 理想的に生きたい、と思っていても、なかなかそうはいかず、キリストの言う「汝の敵を愛せよ」の実践って難しすぎません?
                         (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2015-08-02 16:22 | 名品発掘