わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7.10掲載

ふるさと東北への支援活動に熱
小形みちるさんe0171960_15315399.jpg

 和歌山市にある「(有)フリージア」は、訪問介護や高齢者ディサービス・住宅型有料老人ホームなどを運営し、質の高いターミナルケアを目指しています。

 代表取締役の小形みちるさんは、岩手県下閉伊郡山田町の出身です。そこから大阪府富田林市にあるPL短期大学専攻科に進みました。和歌山県出身の夫は、卒業後勤めたPL学園の講師でした。

 33歳の時に初出産、36歳で二人目の子どもが生まれます。将来は義母の介護が必要になると、41歳の時にヘルパー2級の資格を取りました。
 
 翌年、1週間に一度の訪問入浴サービスの仕事に就き、90歳の女性の喜ぶ姿を目の当たりにして、やりがいを感じました。「自分の仕事はこれだ」と、そのとき思いました。
 
 独立し、秋月で2階建ての民家を借りて事業を始めたのは小形さん44歳、平成16年10月のことです。19年に岩橋に移り、複合型介護ステーションを新設しました。
 小形さんの故郷の山田町も、東日本大震災で大きな被害を受けました。幸い身近な家族は無事でしたが、「自分にできることを精一杯したい。地元を少しでも元気にしたい」と、義援金を集めて届けたり、地元を訪れコンサートを開いたり、今年で4回目になります。
 
 今年3月には和歌山市内で「~忘れない~3.11」と銘打ってチャリティライブを行いました。
 
 山田町山田湾の端に弁天さまがありました。漁師の安全を守る音楽の神さまです。来年はこの神さまの修復に役立てるために、また多くの皆さまに参加して頂けるような催しをしたいと考えています。
                        (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2015-07-09 15:33 | ヒト交差点
7.10日掲載
終末医療、そして最期は・・・

  20年以上前に父を肺癌で亡くした。その時父は65歳、まだまだ若い年代だ。その時分は総合病院も長く入院できた。家にいるより病院の方が安心できると本人も母親も望み、最後は病院で心臓マッサージを受けた後逝った。父親は自分が癌であることを知らなかった。

 今、母親は肝臓癌でホスピスに入院している。肝硬変から肝臓癌になって国立の医療機関で治療・入院をした後、長く月に一度の割合で通院していた。普通は数か月に一度なのに、短いスパンで診てくれていたと思う。

 医師から「高齢でもあるし、身体の負担が大きいので積極的な癌治療を行わない方が良いのでは」と言われた。また延命治療を受ける意思があるか尋ねられ、本人は拒否した。

 国立の総合病院は急性期の患者のためにあり、長期療養を目的とした入院はできない。通院できているうちは良いが、動けなくなったときにどうするか、どういう終末を迎えればよいのか考えざるを得なくなった。

 「取り越し苦労」「まだまだ早い」という人一倍気丈な母親の声を背中に聞きながら、複数のホスピスに相談した。数ヶ月以上前のことだ。

 緩和ケアを受けるためには、本人が病名や病状を正しく理解しているのが条件。さらに病床数が少なく、タイミングが難しいのが現状だった。

 転んだのをきっかけに近くの病院に入院。折も折、腹水が足にも溜まってむくみ、歩けなくなった。まだ本人は国立の医療機関に入院したいと望んだ。ホスピスには程遠いと考えていたのだろう。

 そして幸いにも転院ができた。意識がしっかりとし、まだまだ気丈な母だが、信じる宗教の病院で、幸せな時を過ごせていると思う。

 母は動けないが、同じ病棟で美しく化粧をし、凛とした患者さんを見た時、自分も母や彼女のような最期を迎えられたらと切に願った。
                                 (清川 純子)
[PR]
by mako0491 | 2015-07-09 14:15 | 女の視点
7.10掲載
 ガラスのピラミッド取り壊して
e0171960_1359092.jpg
  兵庫県の「北摂三田ニュータウン」は色んな意味で全国のまちづくりの先駆例である(5月29日掲載)。随時面白いケースの動きを取り上げて、和歌山の参考にしていきたい。        

 「ガラスのピラミッド」の愛称で住民に親しまれ三田ウッディタウンのランドマークでもあった風変りな建物が取り壊され、跡地に密集小住宅の建設が始まろうとしている。

 四角錐の先端を切り取った、中南米に残るマヤ・アズテカ神殿遺跡に似た外形。2面が広大な透明ガラスの屋根壁で、それに囲まれた半地下式のアトリウムは2本の大滝が流れ落ちる亜熱帯の森林と水辺を再現していた。

 量販店マイカルの従業員研修・保養施設で「砂漠の中の人工楽園」を得意にする米国の著名建築家が設計した。ホテル並みの宿泊室、多目的ホール、ジャグジー付きの温水プール、マシンジムなど贅沢な施設は住民にも低料金で開放された。

 同社の経営破綻で裕福な社会福祉法人が買い取り、住民開放も引き継がれた。いずれ養護老人ホームに建て替えるのだろうとうわさしていたら、2年前また転売されて中堅宅建会社のS社が分譲住宅地に再開発を決めた。

 バブルの遺産みたいな施設が消えるのも時の流れかと思ったが、開発プランを示された住民は呆れ怒った。

  108区画の宅地面積は平均150㎡と周辺の既存宅地の6割程度。集会所も児童公園もフットパス(小径)も設けない。桜並木の遊歩道が通る平谷川緑地(風致地区)に接した法面(のりめん=傾斜地)を最高8㍍もの擁壁に替え、幹線道路と結ぶ車の進入路も潰して既存宅地の小街路側に付け替えるという。

 「優れた住環境をかすめ取って、法の許す限り分譲戸数を稼ごうとするコバンザメだ、いやサナダムシ商法だ」と毒づいてはみたが、三田市は住民の同意を条件にしながらも若い子育て世帯が入居してくる宅地開発は最初から歓迎の意向。「人口増加率日本一」(昭和62年から10年間)を誇ったのは昔話で、20年後の総人口は9%減、10万3千人程度という予測もあるからだ。

 住民との会合は何度も重ねられたが、結局、擁壁を後退させて高さも抑え、2か所にフットパスを設けるという妥協案で結着。そして住民側に沢山の反省点を残した。  

 街づくりは自治会の手に余る問題が多い。専門に取り組む組織が欠かせないということで、遅ればせながら「まちづくり住民協議会」がこのほど設立された。筆者もそのサポート会員に名を連ねている。
                                                 (川渕 吉男)
[PR]
by mako0491 | 2015-07-09 14:05 | TOPIXS
7.10掲載
 災害なく、治安良く、物価安い

 自然環境抜群、利便性も高い
e0171960_13405996.jpg

  この地球上に台風、地震、津波などの自然災害が記録上存在せず、ハワイや沖縄のような自然の豊かさがあり、日本と同等の治安レベルを誇り、物価も日本の3分の1以下という夢のような誰も知らない理想都市が現実に存在しています。その名はフィリピン最南端のダバオ市です。その魅力についてNPO法人海外介護情報センター(和歌山市)理事の小村和成氏に伝えてもらいました。

e0171960_13155643.jpg
自然の豊かさ、ハワイ以上
 
 ダバオ市は日本から飛行機で5時間くらいの近くにあります。1年を通して気候が温暖なことと台風がないため農作物の生産地としても有名で、フルーツ王国と呼ばれていて日本のスーパーなどで売られているバナナやパイナップルの90%はここで生産されたものです。

 従来、生活の利便性と自然の豊かさとは反比例するのですが、人口150万人を超える大都市にも関わらずその自然の豊かさはハワイ以上だといわれています。

 フィリピン第3位の大都市であるダバオ市は日本の地名で例えると、神戸の目前に沖縄があり、山手には軽井沢のような高原地帯、その背後に富士山がそびえ立つといった世界でも例のない素晴らしいロケーションを誇っています。

 フィリピン最高峰で3000m級のアポ山=写真=による新鮮な空気、スイスに次ぐ世界2位の綺麗な水、市内からボートで10分行くと沖縄のような透明な珊瑚の海があるといった素晴らしい環境です。都市中心部にはイオンのようなショッピングモールが8ヶ所、大学数は43の学園都市です。

南国フルーツ美味
e0171960_13163125.jpg
 
 市場に行くと野菜、果物類、新鮮な魚介類や肉類で食材は殆んど日本と変わりませんが、目につくのは見たこともない南国のフルーツです。

 中でも果物の王様ドリアンは、初めての時は臭くて食べにくいのですが、2.3度食べるとその美味しさに魅了されてしまいます。

 また果物の女王マンゴスチンも上品で甘酸っぱいその味わいは女性をとりこにしてしまいます。
その他にもポメロ、ランソネス、マンゴ、ランブータンなどたくさんの果物を驚きの安さで食べられがあります。

 街に出るとレストランも多く、その種類の多さにも驚かされます。日本レストラン以外には、フィリピン、中華、タイ、イタリー、スイス、オランダ、スペイン、アラビア、インド、ブラジル、マレーシア、韓国などの世界中から有名なレストランが進出していて、その大半が日本の大衆食堂と同じ価格で味わえます。

親日的な都市
 
 私達は15年前から日本人にとっての最適な長期滞在先を探し始め8年前にNPO法人に認証され、5年前にダバオ市とその周辺のサマールアイランドを最適地として認定し推奨してきました。

 フィリピン観光省もセブ、マニラに続いてダバオを観光地として今年より推奨しはじめました。今まで封印されていたダバオにようやくスポットライトが当てられ始めました。

 戦前には13もの日本の小学校があり2万人もの日本人が居住していたダバオ。フィリピン一の親日的な都市であり、日本で見かける日系フィリピン人の多くはここの出身です。

 この町は日本人によって作られ発展してきた歴史があり、日本人によって作られたといっても決して過言ではないのです。

 奇跡的な治安の良さや、大都市としての利便性と自然の豊かさをあなたの目で確かめてみませんか。

<ダバオの詳しい情報>
・Facebookの当法人ページ、HPhttp://www.kaigai-kaigo.com/

・毎週火曜日午後7:30から1時間―現地説明会(コーヒー付1,500円)
・毎週金曜日午後7:30から1時間―話せる英会話レッスン(コーヒー付1,500円)を開催。会場:和歌山市小雑賀677-20(喫茶40Winks内)
E-mail  filipine2007@yahoo.co.jp
[PR]
by mako0491 | 2015-07-09 13:41 | アタマ記事