わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

骨格が未成熟、過度な運動
一日の投球回数などに規制

e0171960_9274530.jpg
 成長期のスポーツは体力や運動能力をアップし、肥満防止にもつながる。一方で過度な運動が肩や肘、膝などの障害を招くことも多い。成長期の小学生高学年~高校生は発育がアンバランスで骨格が未成熟。そのためけがや故障を起こしやすい。スポーツ少年・少女をお持ちのお母さん、子どもの頑張りに声援を送るとともに、体調にも注意を払ってくださいね。(高堀琴世)

「骨の成長に追いつけず」

 「外傷・障害で練習を1週間以上休んだ経験があるか」。文部科学省が全国の中学・高校各100校の運動部員にこう聞いたところ、中学生では「外傷で休んだ」が20%、「障害で休んだ」も約13%あった。高校生では外傷が約33%、障害が約25%。中学、高校とも高学年になるほどその割合は高かった。

  成長期の子どもは身長がぐんぐん伸びる半面、筋や腱(けん)が骨の成長スピードになかなか追いつけない。関節の近くには骨端線(こったんせん)という骨を成長させる軟骨部分がある。そこに強い外圧が加わることで、けがや障害を引き起こしやすい。

「投手・捕手に多い野球肩」
 野球少年に目立つのが「野球肩」「野球肘」と呼ばれる故障。ボールを投げる回数が多いピッチャーとキャッチャーに多いのが特徴で、症状が軽ければ1~2週間投げるのをやめ体を休ませると自然に回復する。だが放置してひどくなると、肩関節に変形が生じる恐れもあるから要注意だ。
 
 筑波大学医療系の講師が4月、野球少年の小学生を対象にした肘のMRI(磁気共鳴画像)検査結果を発表した。それによると、62人のうち26人に肘靭帯の緩みや腫れなど野球肘の初期段階の異常が見つかった。その割合はほぼ5人に2人に上る。
 
 野球肩・野球肘を防ぐため、日本少年野球連盟は小学生投手の場合、1日の投球を6イニング以内とし、変化球は禁止している。さらに今年2月の大会規定の改正で「連続する2日間で8イニング以内」を追加し、来年から実施することを決めた。中学生については従来通り1日7イニング以内、2日間では10イニング以内としている。
 
 日本臨床スポーツ医学会によると、野球肘の発生ピークは11~12歳、野球肩は15~16歳。同学会は①発生頻度が高い投手と捕手を各チームがそれぞれ2人以上育成する②1日の全力投球数は小学生50球以内、中学生70球以内、高校生100球以内③シーズンオフを設け野球以外のスポーツを楽しむ機会を与える――などを提言している。

「膝のオスグッド病」
 サッカーやバレー、バスケットの選手に多いのが「オスグッド病」と呼ばれる膝の障害。膝の皿の少し盛り上がった骨に痛みや腫れが生じる。正式名は「オスグッド・シュラッター病」で、この症例を集めて発表した米国の整形外科医オスグッドさんとスイスの外科医シュラッターさんの名前にちなむ。
 
 中学1年のバスケットボール部員(13)の場合、夏合宿の頃から右足の膝が痛むようになった。母親はいわゆる成長痛と思ったが、整形外科を受診したところオスグッド病と分かった。エックス線検査で膝の皿の下の骨の一部が分離し隆起していた。幸い症状が軽かったため、消炎塗り薬を使いながら練習前後十分ストレッチングするうちに回復した。

「シンスプリント」
 ランニングや跳躍、サッカー選手には「シンスプリント」という脛(すね)の故障も目立つ。〝弁慶の泣き所〟といわれる脛全体に鈍痛が走るもので、「脛骨(けいこつ)過労性骨膜炎」や「過労性脛部痛」とも呼ばれる。陸上シーズンや新学期が始まって、急に固い地面でハードな練習を繰り返すうちに発症しやすい。特に新入部員は要注意だ。
 
 成長期には腰も痛めやすい。サッカーや野球、テニス、水泳、バレーなど、腰をひねる動きの多いスポーツの選手に多いのが腰椎分離症や椎間板ヘルニア。成長期のスポーツ選手の1割が腰椎分離症ともいわれる。またサッカーやランニング、跳躍競技の選手がなりやすい足のけがや障害には踵骨(しょうこつ)骨端炎、中足骨疲労骨折などがある。

十分なストレッチを
 スポーツ障害を予防するには運動前後のウォームアップとクールダウンが欠かせない。練習前にはまず肩や膝、足関節などのストレッチに十分時間をかけること。そして軽いランニングなどで体を温めてから本格的な練習に入る。

 日本臨床スポーツ医学会が提言しているように、成長期には野球やサッカーなど1つのスポーツに特化せず、いろいろなスポーツをやってみることも必要だろう。

  指導者の役割も大きい。注意深く体調に目配りし、痛みや違和感などの訴えに耳を傾ける必要がある。場合によっては練習を休ませて整形外科に相談するよう勧めることも大切だろう。
[PR]
by mako0491 | 2015-05-14 09:33 | アタマ記事

相席が目的の居酒屋登場

5.15日掲載

友達・ネットワーク拡大に利用


 世の中には男と女しかいません。異性を求めるのは自然の摂理。太古の昔も現代も恋愛の悩みはそう変わるものではないようです。
 
 「出会いの機会が少なくて」と嘆く人も多いはず。最も手軽な出会いの場として「合コン」がありますが、それでもメンバーを集めて、日程を調整して、場所を探して、と色々面倒もあります。合コンすらできない環境にいることも・・
 
 「街コン」って聞いたことがあるでしょうか?街おこしとも連なって、かなり大きな規模の合コンがあちこちで開かれたりしています。
 
 和歌山市内でも5月19日火曜日、24日日曜日、31日日曜日に、JR和歌山駅周辺の複数の店舗で受付をしています。e0171960_11223181.jpg
 
 店舗と言えば、初めから相席をする居酒屋ができています。もちろん男女の相席です。
 
 利用目的の大半は、婚活というより、友達作りや、ネットワークを広めるためのようです。
 
 関西ではまだ大阪市内に2か所、神戸市に1か所しか開店していません。ドリンクは相席では基本飲み放題。盛り上げグッズの貸し出しも無料なので楽しくゲームもできます。フードメニューも豊富でリーズナブル料金です。しっかりとした会社が運営しているので安心のようです。
 
 女性は無料(時間無制限)。男性は30分1500円飲み放題。ただ、時間帯や曜日によっては女性がいなかったりすることもあるようです。
 
 こうしたイベントやお店は、女性は男性よりも安く設定されているので、できればうまく利用して楽しみたいですよね。
 
 和歌山にもこんなお店を誰か開いてくださいませんか?
                           (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2015-05-13 11:23 | ちまたで近ごろ流行るもの
5.15日掲載

家族・友人も自由に出入りできる

e0171960_1232262.jpg
 健康寿命が伸び、4人に1人が高齢者と言われる現代社会。最近とみに高齢者向けマンションが注目されてきている。シニアにとって、制限が少ないのが魅力のようだ。

 介護が必要になってから入居する有料老人ホームは介護が必要な方のホームであり、病院の個室にトイレ等が付いている程度の大きさしかないのが多い。

 一方、高齢者向けマンションは生活に対する制限がなく、自由に外出でき、家族・友人も自由に出入りできる。普通の賃貸マンションと同じ設備が備わっている。

 バリアフリーはもちろんの事、手すりやナースコール等シニアにとって負担や危険のない、安心の設備・構造で、自由で快適に安心して生活できる。

 私が関わるそんな高齢者向けマンションの一つ「ウェルネス・コート」では、元気な方は仕事やゴルフ、旅行などへ行ったりしている。ご夫婦や親子、ペットと一緒に入居する人も。

 入居される方の理由としては「一人での生活が不安になってきたから」が一番多い。まだまだ元気だけど将来のことを考え入居するケースだ。

 高齢者向けマンションは介護施設で介護が必要になってから入居するところと思っている人が多いが、元気なうちから入居し、安心・快適にセカンドライフを楽しむことができるところが特徴だ。

 和歌山エリアでも徐々に人気が高まってきている。
                                  (鳥羽 修司)
[PR]
by mako0491 | 2015-05-13 01:25 | TOPIXS

私の母の日

5・15掲載
息子の態度に、くやし泣きの後・・・

 母の日の真夜中にトイレで泣いた。多分くやし泣きだ。
 
 その日は朝からご時世ならではのSNSで、子どもたちからの母の日のプレゼントの写真が次々と投稿されていた。

 カーネーションは元よりハンカチやアクササリーなど、プロ顔負けの素敵なショットばかり。

 素直に羨ましいと思いながらも、春から家を出て大学生活を送り始めた息子が、元気に逞しく暮らしている事に感謝しつつ床につく。
 
 しかしその時に届いた彼からのメールは、私の眠けを一気に覚まし、何度も寝がえりをうつことになった。

 そこに「ありがとう」の文字はなく、「こっちで買えるから色んな物いっぱい送らんといて」ーーといった内容だったのだ。

 ひどい。母の日なのにひどすぎる。それでトイレに入ったら泣けてきた、という訳だ。
 
 それから沢山の子育ての事を思い出し、考え、怒り、反省した。
 
 空が明るくなってきた頃、再び「ごめん」とメールが届いた。たった今まで二度と送ってやるものかと決めていた私だが、もう忘れている。 

 あんな風に言ってくるなんて、よほど嫌な事でもあったのかと、急に心配になる。そしてたぶんまた、彼の笑顔が見たくて荷造りを始めてしまうのだろうな。やっぱり母は母なのだ。泣こうが喚こうが。

 考えてみると私にも同じような経験があった。天国で笑っているかな。お母さんあの時はごめんね。溢れる愛をありがとう。
                     (江藤 花音)
[PR]
by mako0491 | 2015-05-13 01:15 | 女の視点

癒しの場「ゆの里」

5.1掲載

泉質は名水、金銀銅の水

e0171960_0145539.jpg

 京奈和自動車道をドライブしようと誘うと、高野山の麓に温泉があるよといわれた。この方面はほとんど制覇しているはずだが気にかかる。
 
 春霞にうるんだような高野連山を遠くに眺めながめ、山麓のあちこちで上がる野焼きの煙をながめ、春耕に備え下草の整備する長閑(のどか)な農人の姿を見るのもたのしい。

 もうすぐ咲く桃の花の手入れかしら。近くに目を移せば、もう菜の花が鮮やかな色を田園に置き、春が来たと実感する風景をみせてくれる。

 橋本インターチェンジで降り、ル―ト24を和歌山方面にバックすると大きな看板が見える。弘法大師ゆかりの地。橋本市神野々(このの)という地域にその温泉があった。

 良質な名水らしい。早速レクチャーを受ける。その泉質は、金銀銅の水という。ちなみに金は無菌の地下水。銀は含二酸化炭素冷鉱泉。銅は自律神経に良いそうだ。この3種の水を汲みに来ている人も多い。

 浴場では10種類に及ぶ施設がありどれから入ろうかと迷ってしまう。フルコースを制覇するには時間が・・・。

 露天風呂からの高野山系と、のんびりした田園地帯を眼下に見つつ、帰りには土筆でも摘めるかなあと、春の摘み草を脳のファイルからひきだしていた。

  帰りは恒例の道の駅に立ち寄り、広々とした土手から家族連れの様子、犬の散歩のお姉さん、サイクリングに興じる少年たち。春のいぶきを満喫する姿を眺めるのも心温かい。

 風はまだ冷たかったが、かすかな川音に混じって鶯の声がきこえてきた。唱歌「早春賦」をハミングしていた。

「をちこちに野焼きの煙人みえず  炎弥子」
  (岡本 炎弥子) 
[PR]
by mako0491 | 2015-05-02 00:16 | 温泉巡り
5月1日掲載

福祉サービス、みんなで支え
障がい者イキイキ働く


 和歌山市のJR六十谷駅から歩いて5.6分のところに、こじんまりとした可愛い作業所がある。ろう学校の卒業生たちの集まる場所として始まった「くじら共同作業所」だ。現在、障がい者福祉サービス事業所として、2007年4月からは就労継続支援B型・生活介護サービスを実施している。設立から関わっている所長の白藤 令(しらふじ・れい)さんに、話を聞いた。
   (中村 聖代)

e0171960_23544013.jpg
【班ごとの作業】
 「くじら作業所」のパウンドケーキは有名だ。東京・有楽町のアンテナショップ「わかやま喜集館」で販売されたことがあり、現在もアバローム紀の国で販売されている。

 一つひとつ真剣に作られるケーキ。クッキーやパンも原料にこだわるため、儲けは二の次になる。こうしたお菓子班のほか、さをり織班、空き缶リサイクル班、割り箸やゴミ袋などの袋詰めをする下請け班がある。

 障がい者とともに歩む令さんは、「毎日が教えられる日々」だと話す。

・聴覚障がい者と一緒に歩くとき知的障がい者はおのずと車道側を歩き、車の来たことを知らせる。
・手話のできない者も、身振りで相手に伝わり、「くじら」にしかない手話がうまれる等々のエピソードに事欠かない。

【左側股関節が壊死】
 那智勝浦町下里に生まれた令さんは、自身が肢体障がい者である。逆子で生まれた時に股関節がはずれたままなのに気付かれず、二歳近くになってギブスをはめたが左側が失敗。手術を繰り返した結果、左足の骨頭部分がない状態となってしまった。保育園のかわりに病院とリハビリの日々だった。

 現在痛みはないが、身体は傾いたまま正座はもちろん胡坐(あぐら)もかけず、肩こりがひどいので針と整体治療は欠かせない。

【キャンプを機に】
 高校一年の時に障がい児の療育キャンプに参加した彼女は、重い障がいを持つ子どもを目の当たりにして、ウジウジしていた自分が恥ずかしくなった。二年生の時には盲・ろう・肢体障がいの3部門ともボランティアとして参加。県立ろうあ児施設「湊寮」の保母さんになりたい!と思うようになった。そして卒業を前にして資格も取得していた。

【洋裁学校に】
 だが両親は「障がいがあるので手に職を」という考えが強かった。しかたなく洋裁学校に2年通う。そのあと和歌山市内の洋装店に住込みで働いたが、どうしても保母になる夢を捨て切れず、就職して半年後、洋装店主と両親に許しを願い出た。
e0171960_2357343.jpg
【念願の保母になって】
 辞めて間もなく「湊寮」からお呼びがかかる。充実した毎日だった。手話でコミュニケーションする素晴らしさを知り、もっとおしゃべりがしたいと、聴覚障がい者や同僚たちと手話サークル「タンポポ」を立ち上げた。その輪が広がりを見せ、あちこちでサークルが誕生した。また黒潮国体に手話ボランティアとして宿舎訪問も経験した。
 
 保母になって6年後のある日、突然立ち上がれなくなった。聴覚障がい児は目と目を合わせないと手話が分からない。子どもたちを追いかけ、回り込んで話す毎日。夜勤もある。やはり無理を重ねていたのだろう、ドクターストップがかかった。
 
 そんな折、御坊と和歌山間の電車通学が可能になり、施設の縮小化が進んでいた。県庁の手話通訳者の産休に伴い、「障害福祉課」へ配属された。県庁で学んだことは今の仕事に生かされている。

【無認可でも頑張る】
 1997年6月、自宅近くの和歌山市吹屋町にあるワンルームマンションを借りて聴覚障がい者の働く場所・集まる場所を作った。補助金の認可が下りるのを待っていられなかった。目の前にその場所を必要としている者たちがいたから。

 認可が下りるまでと、元ろう学校の先生に常勤の職員になってもらった。また、自宅庭でバザーを開いて資金にした。物品の提供や手伝いを県庁の職員たちがかってでてくれた。吹屋町5丁目の自治会長たちも応援してくれた。

【見えない力】
 「保母になれたのも、県庁に勤めることになったのも、今こうして、くじらがあるのも周りの人たちがいてくれたから。人に恵まれたおかげです」と、話す。現在の作業所は県から無償貸与されている。
 
 土地建物の持ち主は障がいを持つ娘の父親で、遺言に『障がい者のために使って』とあったので県に寄付されたのだ。その娘さんとも縁があった。「借りましょうよ」と、令さんに声をかけてくれた人がいた。
 
 1998年移転開所のときには有功(いさお)地区連合自治会長はじめ地域住民の協力があった。その時の祝儀が「社会福祉法人設立準備基金」の第一号となった。
 
 くじらは利用者のためにお金を使っているので貯えがほとんどない。「こんなに自己資金のない法人は初めて」と言われるほどだ。が、令さんはその信念を変える気はない。
[PR]
by mako0491 | 2015-05-01 23:58 | アタマ記事
5.1掲載

柔軟、そして譲れぬもの持つ
e0171960_2325081.jpg

 「働く若者」という言葉から、どういうイメージを持ちますか。

 和歌山で働く若者に対してインタビューした内容を元に、今、若者たちがどういった想いで働いているのかについての私論を述べたいと思います。

 今の時点でインタビューを終えているのは25歳の若者3人。異なる点も多々あるのですが、今回はその3人に共通して感じたこと2つにポイントを絞ってお話します。

 1つめは、周りから受けた刺激を、仕事とのつながりが一見ないものも含めて、とても柔軟に受け止めているということ。

 例えば、様々な人との関わりや、家庭や趣味、地域活動など仕事以外の経験が、若者の仕事への向き合い方に大きな影響を与えているようです。

 周りに影響を受ける一方で、それぞれの若者が自分なりの価値観をもって仕事に向き合っています。 

 仕事をするなかで100%自分の理想の仕事に就くことができる人はほんの一握り。自分で自分を納得させながら働いている人が大半でしょう。ただ、そのなかでも「この部分だけは譲れない」というものをもっている人が多いように感じられました。

 ところで、「働く若者」を語るとき、「起業して自分らしく働く人」、逆に「非正規や不安定な職場で苦労して働く人」のどちらかに焦点を当てられることが多いように思います。

 一方、このインタビューで取り上げた3人は「保険会社の窓口業務」「労務事務所の事務員」「発掘現場の作業員」と、先に述べたどちらのパターンにも当てはまっていません。

 ただ、周りを見渡してみたとき、本当に「働く若者」として多くを占めているのはこういった人たちではないでしょうか。

 将来の和歌山を担っていくのが若者であるとしたとき、単に理想論を掲げるでもなく、若者の不遇を嘆くのでもなく、本当に身近にいる「働く若者」たちがどういった価値観や現状でもって働いているのか。

 そういった点を大人たちが理解し、向き合っていくことで、若者たちが本来もっている力をより社会に還元していけることでしょう。
団体ブログ:http://workcafe.sakura.ne.jp/main/
※インタビュー内容などは上記ブログに掲載中

(ワーク・カフェ☆オーナーズ 坂本 祐里)
[PR]
by mako0491 | 2015-05-01 23:29 | TOPIXS

掃除の頻度などで考えた

5月1日掲載
「物には場所を」--そうすれば掃除は楽に

 我家に遊びに来た30代の知人女性が、「ここ落ち着くんですけど、どれくらいの割合で掃除をされるんですか?」

 質問に面食らった。日々の家事ルーティンワークの一つである。逆に「どれくらいで掃除するの?」と聞いてみた。質問が質問だから答えも想像できる。

 生活スペースの掃除は毎日だと思っていたが、平均的な掃除の頻度について興味を持った。20代から50代までの平均は週一回くらいだそうだ。働いている人が多いから?

 私は、究極の面倒くさがりやである。溜めると絶対やらない。見なかったことにする性格。だから、30代の平均睡眠時間3時間の労働(自営業)をしていたときも家事はもちろんだが、掃除は毎日した。二人の息子は私に休みを与えることもなく、毎日片づけ仕事を作ってくれた。

 現在は専業主婦をしている。フルタイムで働いている友人が来ると、必ず「専業主婦だからキレイにできるよね。働いているとこうはできないわ」と。本人次第だと思っているので、あえて反論しない。

 先日、寝室のベッドのネジが緩んで寝返りする度に音が出るようになった。夫にネジを締めるように頼んだが、なかなか腰を上げてくれない。

 いよいよベッドも傾いてきているような気がする。夫も体重75㌔を支えるには危険と感じたようだ。ついにドライバーを取り出してくれた。

 ベッドを寄せ小さく「オッ!」と。作業を終えてから「オッ!」の意味を聞いた。長年動かさない家具のところには綿ゴミが溜まっている。だから動かしたくなかった。埃が何もなかったから驚いた、と。

 よくお掃除クリエーターの先生がおっしゃっている。「物には場所を」と。私もそう思う。居場所を作ることと、見える場所の物の量を少なくすれば掃除は楽。かく言う私はハウスダストアレルギーである。
                             (玉置 ひとみ)
[PR]
by mako0491 | 2015-05-01 21:28 | 女の視点