わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

奈良のゲストハウス人気

4.17日掲載
レトロな民家蘇えり、主人も外国人客もフレンドリー
e0171960_13203659.jpg
 既存のホテルや旅館とは一味違い、比較的安価で泊まれるユニークなホテルが増えている。中でも国内はもとより国際交流の盛んなゲストハウスがお客を呼んでいる。古都奈良の雰囲気を残す町並み「ならまち」にある、レトロな民家がゲストハウスとして生まれ変わった。「ゲストハウスたむら」のオーナーである小峠忠義氏に現在の状況をレポートしてもらった。海外からの客を増やし、観光の推進を目指す和歌山にとってもヒントになる。

*安価で宿泊できる

 奈良の名門ホテルである奈良ホテルの裏門(西門)を出ると、すぐそこに、ちょっと変わった雰囲気の民家が見つかります。それが私たちの営んでいる「ゲストハウスたむら」です。

 ボスである女将はかみさんです。ゲストハウスはまだ日本ではなじみがないようですが、ホテルや旅館の様な行き届いたサービスや立派な設備がない代わりに、安価に宿泊できる設備で、奈良でも増えてきました。

 ゲスト(お客様)は海外からもたくさん見えます。平均するとほぼ半分が海外からです。

 この建物はかみさんのおばあさんのお家で、5年くらい前に亡くなってからしばらく空き家になっていましたが、場所も良く、雰囲気も面白いので、3年半前に改築してゲストハウスを始めました。

*手探り状態だった

 二人ともサービス業の経験は皆無で全くの手さぐり状態でしたので、本当にお客様が来てくれるかと随分気をもんだものでした。

 近所の居酒屋の紹介で来てくれた最初のお客様は今でも、毎年利用してくれます。それでも開業から数カ月はなかなか予約が入ってこず、予約が入った時には二人してきゃきゃと喜んだものです。

 最初の海外からのゲストの時にも随分緊張しました。懐かしく当時を思い出します。奈良という観光地の性格なのか、素敵なゲストに恵まれ(とんでもないゲストもたまにはいらっしゃいましたが)今日に至っています。

*設備古くても清潔にe0171960_13245710.jpg

 国内外のレピーターさんも増えてきました。どちらかというと無愛想なかみさんがゲストからは案外評判がよく、サービス業には全く不向きだと思っていた私には意外な発見でした。

 様々な人たちと出会うのが好きで、それがこれまで続いきた原動力のようです。人付き合いが苦手な私には、まだゲストとの適切な距離感が掴めませんがーー。

 二人して心がけていることが二つあります。その一つ、設備は古くても清潔にする事。そして、すべてのゲストに奈良で最高の時間を過ごして頂けるように気を配る事。

 ゲストハウスには小さなホールがあります。ここではゲスト同士の出会いがあったり、情報交換の場になったり、これもゲストハウスの楽しみの一つでしょう。

*「台風なのに熊野に行く・・・」

 いくつかゲストの声を紹介しますとーー。
 スイスからの一人旅の若い女性は「私はきれいな公園や神社、お寺だけではなく、このゲストハウスのことで奈良の事を思い出すでしょう」と、チェックアウトの時に涙ぐんでいました。

 フランスからの家族は「奈良公園はシカがたくさんいて楽しいけど、地図を食べられてしまった!」。 

 中には豪傑さんもいて、台風が接近しているのに「熊野古道へ行く!そして野宿する」と。私どもは、日本の台風をなめてはいけないと中止するように説得しましたが、その後どうされたかは……。

 日本人の家族からは「同宿の方と楽しいおしゃべりができるのもこういう宿の楽しみですね」。「実家に帰ったようです」とか言っていただけるのが何より嬉しく思います。

 今日も、「有難う楽しかったよ」と笑顔でチェックアウトして頂けるよう頑張っています。
[PR]
by mako0491 | 2015-04-19 13:26 | アタマ記事

酒とナミダと女と女

4・17日掲載
映画の絵になる女に比べ、トホホのわが酒よe0171960_1238305.jpg

 映画でお酒を飲むシーンは数えきらないほどあるのですが、女性がお酒をたしなむ姿はマリリン・モンローの「七年目の浮気」や『君の瞳に乾杯』で有名な「カサブランカ」なんかで、海外モノが圧倒的に絵になりますね。

 自身のお酒にまつわる話も実は数えきれないほどありまして、以下は今でも赤面モノでございます。

 突然目の前が真っ暗になりこのまま失明するのではないかと不安な一夜を過ごしながらもしっかり寝て、翌朝には元通りになっていた20歳の山のアルバイト時代。

 まっすぐ歩いているつもりなのに何度も車道寄りになり、初めて両親が駅まで迎えに来た就職1年目の年末。

 サウナ風呂から出て、気がつけばおでこにタンコブを作って裸のまま床に倒れていた新婚時代。

 大阪地下鉄御堂筋線のなかで失神し、車両が動くことなく衆人環視の中をホームの端まで歩いた不良中年時代。

 「小梅日記」にも、お酒好きな小梅さんがご主人におぶわれて帰ったと記述があるので、皆さま口には出さずとも色々エピソードはおありでしょう?

 映画の話に戻りますが、最近見たのがフランソワーズ・サガン原作の「悲しみよこんにちは」(1958年公開)=写真。

 セシル(ジーン・セバーグ)が17歳の時、コート・ダ・ジュールの別荘でのシーン――ボーイフレンドと父の若い愛人エルザと一緒にシャンパンを飲んでいるところに父レイモン(デヴィット・ニーヴン)と聡明で美しいアンヌ(デボラ・カー)も加わります。皆にシャンパンを注いでいるのは、この別荘のメイド。シャンパンを注ぐ合間に、自分のグラスにも注ぎ、後ろを向いてグビグビ。

 セシル達のグラスは、小さいシャンパングラスなのに、彼女のは、ビールジョッキほどの大きなグラスです。

 陽気なエルザが今夜はツイているからと、皆をカジノに誘います。その後、瓶に残ったシャンパンをメイドが全部飲んだことでしょう。
                         (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2015-04-19 12:59 | 魅惑のオンナ酒
4・17 掲載
 男を翻弄する悪女、いや聖女? 

e0171960_12185743.jpg
 作家 有吉佐和子は、紀州を舞台にした年代記『紀ノ川』『有田川』『日高川』の三部作、『華岡青洲の妻』など多彩な作品群で知られています。でも『悪女について』を読んだ人はそれほど多くないのでは。

 新潮文庫には、
《自殺か、他殺か、虚飾の女王、謎の死》――醜聞(スキャンダル)にまみれて謎の死を遂げた美貌の女実業家富小路公子。彼女に関わった27人の男女へのインタビューで浮び上がってきたのは、騙(だま)された男たちにもそれと気付かれぬ、恐ろしくも奇想天外な女の悪の愉しみ方だったーー。
というキャッチコピーにひかれて読み始めました。

 最近の大手出版社のネット上のサイトの充実ぶりには驚かされます。

 細かい筋書きは、読んでもらうとして、印象に残ったのはオトコが平凡で、強烈な個性を感じさせる相手役ががいなかったことでしょうか。

 もう一つは悪女と聖女を併せ持つのが母親。そこにひかれる子供っぽさの抜けきれぬ男たち。だから男社会を逆手にとり、しかも女の魅力を完璧に発揮して男たちを翻弄(ほんろう)しながら生きられたわけでしょう。面白いが、ちょっと長いかなと言う読後感も持ちました。

 郷土の誇りでもある有吉さん、53歳の若さで亡くなっていますが、調べてみると色んな興味深いことがわかってきました。  

 中国との縁が深く、国交回復前からも訪れ、天主教(中国におけるカトリックを指す)調査のため半年滞在して『有吉佐和子の中国レポート』を執筆しています。

 まだまだ読んでない小説が多くあります。次は『芝桜』『開幕ベルは華やかに』に挑戦したいと思っています。
                                        (水上 真琴)
[PR]
by mako0491 | 2015-04-19 12:23 | 名品発掘
4.17日掲載
暴れる娘をかついで幼稚園へ

 さくらの花が咲き、わくわくドキドキの新学期が始まりました。この時期、ランドセル姿の一年生を見かけると、微笑ましい気持ちになります。そして、泣いている入園児を見かけても。

 入園児が保護者との別れ際に泣くことはよくあること。入園シーズン前には新聞や雑誌・インターネットで、園での別れ方特集が組まれています。

 園児はしばらく泣いた後、けろっとして遊具やお友達と遊ぶとか。保護者は笑顔でその場を離れることが重要、と書かれています。幼稚園や保育園が楽しい場所と理解できたら、徐々に泣くことは減っていくようです。

 しかし、自分自身は?となると、苦労は想像以上でした。娘は園に到着してから泣くのではなく、家から大泣き。パジャマから制服に着替えさせるだけでも大泣き。着替えができないように家の中で逃げる。玄関から出るだけでも、大仕事。道中も走って家に帰ろうとする。仕方がないので、娘を担いで幼稚園に向かいます。仕舞いには、交番近くで「助けて~」。

 ようやく幼稚園の門までくると、まわりは着飾った人たちが爽やかに登園。かたや、赤ちゃんを背負い、暴れる娘をかつぐ私。とほほ。

 今思えば、ほほえましい一週間ほどの出来事。が、当時は必死。虐待で通報されないかと、びくびくしていた。「泣くのは大好きな人とお別れするのが嫌だから。それだけ好かれていると自信を持って」と、励ましてもらっても、しょんぼり。

 今や、娘もしっかりした小学生。苦労も愛おしい思い出になった。毎年、この時期になると思い出し、本当に頑張ったと自分自身を褒め称えている。そして、今まさに頑張っているだろう子ども達と親たちに密かにエールを送りたくなる。頑張って。大丈夫。
                                                (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2015-04-19 12:03 | 女の視点