わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月21日掲載

 「大丈夫だよ」の一言で母子安心



 年々出産数が減少し、このまま少子化が進めば日本はどうなるのか危惧される昨今だが、初めてお母さんになった方たちの心強い味方が和歌山市にいる。澤典子さん、彼女は「桶谷式乳房管理法研鑽会」(注参照)のメンバーで、「桶谷式澤母乳育児相談室」を営み、お母さんたちの支援を続けている。また、和歌山放送「ニコニコ子育て みんなで応援、はじめの一歩」のアドバイザーもしている。そうした活動でどれだけのお母さんたちがほっとしたことだろう。
                                                (中村 聖代)
e0171960_22243914.jpg

【日赤医療センター】
 典子さんは東京渋谷区広尾にある日本赤十字助産師学校で看護師並びに助産師の資格を取り、そのまま日本赤十字社医療センターで助産師として6年間勤務した。
 
 今のご主人と「見合的恋愛」の結果、結婚し、大阪府泉南市に移ってきた。

【桶谷式との出会い】
 典子さんは昭和55年・57年と続いて出産後、仕事はしていなかった。その当時典子さんの住んでいた泉南市新家には、桶谷式治療手技(乳房マッサージ)考案者である桶谷そとみさんがいたが、全く知らずにいた。日赤時代の同僚がそこに学びに来ていて誘われ、自分も門下に入ったのだ。

  「3人目の子供を出産したときは、桶谷式のおかげで随分楽になりました」と、典子さんは言う。

【40歳で開業】
 医局に勤めていたご主人が、開業医のあとを引継ぐことになり、そうした縁で和歌山市に転居したのは、平成7年のことだ。その少し前に「桶谷式澤母乳育児相談室」を開業する運びになった。
 
 全国にある同相談室は、赤ちゃんが生まれておっぱいで育てたいと思っていても、スムーズに母乳育児ができない、おっぱいが足りない、断乳(卒乳)の仕方がわからないなど、母乳育児に不安を抱えるお母さん方に、乳房マッサージを行い、授乳指導・搾乳指導援助、食事指導・育児相談・援助を行っている。

【母乳で育てたい】
 母乳で育てたいと100%近くの母親は願う。だが母乳で育てきることができるのは全国も和歌山も30%位。その主な原因はどこにあるのだろうか?

 「早く早くとせかされるような育児指導ではなく、子どもの数が減っている現在、一人一人を大切にじっくりと見て欲しい」。

 「一律に体重を量り、飲ませる量が少ないとか、おっぱいが張ってないとかでなく、具体的な指導を共に寄り添いながら行い、『それで大丈夫よ』の一言が欲しい」

 「近頃のお母さんはインターネットでよく調べているけれど、赤ちゃんは一様でなく個々に違うことを知って」
と、典子さんは続ける。

【2つの思い】
 安部首相が唱える女性が輝く社会は、保育園を増やしたり扶養控除をなくすなど女性の子育てをプロに任せるといったイメージだが、子供の気持ちが安定するのはやはり母がそばにいること。母が育てるのが一番大切ではないかと考える。

  もう一つ、予防接種のことで気がかりなことがある。現在乳幼児の予防接種は15、6種類あるが、無料なのはそのうち7種程度。5、6種は高額な自己負担。同じ赤ちゃんとして産まれながら、親の経済事情で接種できないというのは先進国では日本だけだという。是正に向けて関係者に働きかけていく考えだ。

(注)桶谷式乳房管理法研鑽会=助産師の資格を持ち、所定の研修を終了し、認定を受けた母子保健の専門家の全国組織。なお県内には澤さんの他に河野裕子さん(和歌山市)、奥村映子さん(田辺市)が主宰する育児相談室がある。

<教科書にない子育てのヒントいくつか>
①生後1・2カ月は子宮から出たばかりで不安なため泣くのであって、決して母乳不足ではない。目が見えしっかり耳が聞こえるようになるまで待って。
②妊娠後半期入院中1週間は特に食事に気をつけて―高カロリーな食品は避けて。

③乳児湿疹にステロイド剤は禁物―お湯で洗う程度にして、むしろ母親の方で卵や牛乳の摂取を控えて。
④離乳食をあせらない―大きい赤ちゃんの場合4カ月から与えることがあるが、6か月以降で十分間に合う。アレルギーや虫歯の原因を早くから作ることにもなる。
[PR]
by mako0491 | 2014-11-19 22:29 | アタマ記事
11.21日掲載

 まとわり付く感じの泉質、そして美人湯

 白浜温泉を通り越して、国道42号線を南下する。e0171960_21293479.jpg

 田辺から勝浦までの海沿いは大辺路(おおへち)と呼ばれ、ここを通って那智詣のルートとなっていたという。円月島、富田の富田坂の石道などは必見。あちこちの旧跡を訪ねるのも大辺路の魅力だろう。

 雄大な太平洋をながめながらのドライブは気分爽快。そんな道路際に椿温泉がある。道の駅ができ、足湯が人気と言うから行ってみようと思い立った。

 室内の温泉は泉質がトロンとまつわり付くような湯で、またしても美人湯と言うからマグマ大使としてはゆっくり楽しみたい。坪庭には椿の木が植えられている。椿温泉の名は椿が多いから名付けられたのだろう。

 平日とあり客人ゼロの湯船は湯口からの音が静寂のなかでさらに静けさを感じた。足湯は無料と言うからか、ライダーや若いお嬢さんが素敵な足をつけて遊んでいた=写真。

 駐車場には温泉の湯を販売するコーナー、喫茶店、エコカーに充電するチャージコーナがあったりで新しい道の駅のあり方を学習できる。 

 散策には「俳句の小道」があり高台に上ると、太平洋が眼下に広がる。

 野分まえの空は灰色だが、濃密な色の椿の葉、青を含んだ雲の流れ、黒々と横たわる広い海、この美しい風景を等伯ならどう絵に表現するのだろか、芭蕉はどう俳句に読むのだろうかと見上げていると、鴨がカギ型に編隊を組み整然と南にとんでいった。

 温泉と美味しい南紀の海の幸を堪能し、暮れ行く海をながめていると漁船が灯をつけて出港していく。

 とっぷりっと暮れた漆黒の海に漁火が揺れ動き、さながら平家物語の御座船のごとくならんでいた。

 「露天湯や雁のかぎ型しかとあり 炎弥子」

                                     (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-19 21:35 | 温泉巡り
11.21日掲載

 炭水化物与えすぎていた

 わが子は高機能広汎性発達障害、別名アスペルガー症候群。この障害を持つ子の特徴のひとつが「動作が不器用」「運動音痴」。実際、自転車も乗れずまっすぐ立っていられません。 

 運動量が少なすぎる為、代謝は極めて低く、今では体脂肪率が40%を超える肥満児です。

 中学では特別支援学級にお世話になっていますが、幼児向けアニメに没頭し、自分の思い通りに事が運ばないとパニックになり叫びながら逃げ出し、自分の頭を殴ったり、壁に叩きつけたりします。「失敗」が異常に怖くて、泣きながらどこかへ隠れてしまいます。

 以前、私は「キレるのは砂糖の摂りすぎ」と聞いたことがありました。でも、料理に砂糖はあまり使わないし、おやつは甘くないスナック菓子やポテト菓子、ジュースは100%オレンジジュースだけと決めていたので、長男が砂糖の摂りすぎだとは全く思っていませんでした。

 そして毎日の“育ち盛り男子用”弁当には1.5合のごはんをぎゅうぎゅうに詰め込み、帰宅後はすぐにおやつ、寝る前にオレンジジュース。一日の食事3食とおやつ以外に小腹が空いた時は「お菓子よりおにぎり」、旅行先のランチでは「とんかつ定食よりきつねうどん」で、我が家の食生活はとってもヘルシーと思い込んでいたのです。

 これがとんでもない勘違いだったとは!!

 『平穏死・10の条件』でベストセラーになった、尼崎市の長尾和宏医師は、「落ち着きのなさ」「自分を責める」「思考力や集中力が低下する」時は、砂糖をやめなさいと忠告されています。

 「砂糖をやめなさい」の「糖」は「砂糖」の事ではなく、もっと広義の「糖」だったのです。そう、「炭水化物」が真犯人でした。私はなんと恐ろしい事をわが子に強いてきたのか…

 この子を救うのは私しかいない!こうして私たちの「糖絶ち」が始まったのです。

                                                     (梅木 智子)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-19 20:57 | 健康ナビ
11.21日掲載

 「投票者バー」で議員と率直に語り合う


 衆院の解散・総選挙が確定的になる中で、国民も政治への関心を高めなければーーと長年言われてきましたが、無関心な状況を変えられていないのが現状ではないでしょうか。
 
 特に女性の方がその傾向が強いことは残念ながら認めざるを得ません。
 今度の消費税絡みの政治局面などは、私たち女性が大いに議論したりすることで選挙を盛り上げていくべきなのでしょうがーー。
 
 では具体的にどんな糸口があるのでしょうか。 最近、若い人がつくったNPО法人「ユースクリエイト」(東京)の動きに注目しています。
 
  有権者と議員が一杯飲みながら、語り合う「ヴォーターズ・バー」(投票者のバー)が面白そうで、和歌山でも取り入れて、何回か開いてきました。
 
 今まで現役県会議員3人(女性議員1人)、衆院議員前職1人と活発に議論しました。 議会での審議の活性化など、これという妙手はなかなか見出せていませんが、そこに至るための議論を重ねていく努力が必要と痛感しています。
 
 NPO法人ユースクリエイトでは「あなたの日常・地域のこと、さらには未来にまで関わっているのが政治です。その政治を行なっているのが私達の代表であるはずの一人一人の政治家です。Voters Barは政治に触れる最初の入り口です。気楽に政治家と語り合い、私たち若い世代の声を政治に伝えていきましょう」ーとうたっています。
 
  遅まきながら、 若者に負けず、女性もシニア世代も政治参画の推進に向けて活動を進めていきたいと考えています。 まず和歌山の県・市議会の現状を議員から直接聞き、分析して、改善の提言をしていきます。
 
 「和歌山版ヴォーターズ・バー」は現在中断していますが、来年からぼつぼつ再開して、ゆっくりですが、政治への積極姿勢を養っていきます。

                                              (水上 真琴)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-19 20:27 | 女の視点

さかなはさかな

11・7日掲載

さかなはさかな―かえるのまねしたさかなのはなし』
レオ=レオニ著 谷川俊太郎訳 


好学社1975年 1572円
http://tinyurl.com/k7g678q
対象年齢:年齢に応じて読むことができます。
(読んでもらうには)3歳から
(自分で読むには)4歳から大人まで 

e0171960_1113663.jpg

 子どもの時に楽しんでいた絵本を大人になって読んでみると、あら不思議。笑いに笑えなかったり、じんと心が温かくなったり。大人ならではのメッセージを受け取ってみませんか。

 <あらすじ>
 一匹のおたまじゃくしと一匹の小魚が池で仲良く暮らしていました。
 ある朝、おたまじゃくしから小さな足が生えてきました。彼は自慢します。「見ろよ。僕はかえるになった」。「ばかな。夕べは僕みたいな小魚だったのに。」「かえるはかえる、魚は魚さ。」

 数週間が経つと、おたまじゃくしには前足が生え、しっぽはどんどん小さくなりました。そして、とうとう本物のかえるに。そして、水の中から草の生えた岸にはい上がっていきました。

 小魚も大きくなり、立派な魚に成長。しかし、魚が考えることは、行ってしまった四本足の友達のことばかり。

 ようやく、かえるは池に戻ってきました。魚はかえるの話を夢中で聞きます。鳥、めうし、人間。話を聞くにつれて、魚の心に大きな羽の生えた魚みたいな鳥が飛びます。カラフルな服を着た魚みたいな人間が歩きます。
 
 「僕もあいつみたいに、すばらしい世の中を見れたらなぁ。」
 彼はとうとう決心します。力強くしっぽを振って、水の中から岸へ飛び上がりました。しかし、乾いて暖かい草の上、魚は息も動くこともできずにあえぎます。「助けて。」

 気を失った魚は水の中の世界の美しさ、すばらしさに気がつきます。そしてかえるに微笑みかけます。
「魚は 魚さ。」

                                  (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-15 01:21 | 絵本この一冊

11・7日掲載
ヲタクだけじゃない電気街

 日本三大電気街は、東京の秋葉原、大阪の日本橋、名古屋の大須ですよね(ついでに言うなら京都は寺町に電気街があります)。

 先日久しぶりに大阪・日本橋に行ってきました。その界隈の今昔を。
 これらの電気街はいわゆる「ヲタク」と呼ばれる人たちの聖地として有名です。アニメや漫画、ゲームのフィギアやおもちゃ、コスプレ、メイドカフェなど、日本発の、いまや外国でも人気のポップカルチャーですが、一般人である私たちもおおいに楽しめる界隈だといえます。

 ( 財)大阪観光コンベンション協会HPではお勧めルートの一つに紹介しています。
『大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町駅」をスタートして、先ず 日本橋総合案内所に行く(ここは日本語のほかに英語・韓国語・簡体字・繁体字の無料ガイドマップを用意。日本橋を知り尽くした案内担当者が親切に応対してくれます)。そして徒歩4分のところにあるボークス大阪ショールームに寄る。次に ヒーロー玩具研究所へ、それから オタロードを歩き、 ジーストア大阪で遊ぶ。最後に Melcafeでお茶。
所要時間:半日 
タイプ:ビギナー、リピーター』
 
 南北に通る「堺筋」に対して西側に平行に並ぶのが、通称オタロード(“オタクの道”の意味)。マニアックなお店や個性的なお店が点在します。道幅が広いわりに車の通りが少ないので、なんとなくのんびりした雰囲気が漂っています。

  同じ西側の日本橋3丁目と4丁目のあたりに、かなり昔2階建ての「五階百貨店」があり、プロからアマまでを対象としたいろんなジャンルの商品を扱っていたような記憶があります。今は2つの電気工具屋さんのビルに看板が残っています。
e0171960_155936.jpg


 現在の電気街のルーツともいえる「五階」の歴史を調べてみるのも面白いかもしれません。
 以前あった電気屋さんが数多く消えていくなかで、今でも専門店として頑張っているお店を見ると、応援したくなります。

 喜多商店跡は、「日本観光公社」という免税店になっていて、多くの外国人が買い物をしていました。また、大阪ナゾビル(リアル脱出ゲーム)を見つけました。機会があれば是非挑戦してみたいです。

                                                 (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-15 01:09 | お勧めスポット

11・7掲載
シンポ開き、新たな市民団体つくる

和歌山、学習会や菓子ウオークも


 「お菓子によるまちづくり」が広く静かに全国の都市に広がっている。和歌山市でも「紀州の和菓子文化を考える」と題するシンポジウムが22日(土)開催される。6月末に、総本家駿河屋の破産(5月28日)を機に開いた緊急シンポでは、市民にとって和歌山の和菓子と文化、まちの魅力について問い直す機会になった。この議論を発展させて、新たな市民団体を作るのも注目される。いくつか他都市の動きなども参考にして、今後の課題などを具体的に展望してみよう。(まちづくり特別取材班)
 
e0171960_0152314.jpg茶会には和菓子が欠かせない→

 国土交通省のまとめた「和菓子と歴史的景観を活かしたまちづくり」などを参考に他の地域の先進的な動きを見てみよう。

近江八幡、老舗が先頭に
 滋賀県近江八幡市は、近江商人の湖上輸送を支えた八幡堀を、市民の力で復元保存した、意識が高いまちで知られる。 

 老舗菓子舗「たねやグループ」が、明治から昭和にかけての建物で有名なウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築物を買い取って、地場産品も活かした菓子・飲食店や菓子教室などが新しい拠点となり、観光客を増やしている。

小布施の栗菓子

 長野県の小布施町は観光に栗菓子をからませたところがユニーク。小布施地域は昔から良質な栗が収穫され、栗菓子が地域の特産品となっている。

 浮世絵の葛飾北斎の作品を陳列する「北斎館」の開館で観光客が増えたのを機に、菓子店などがまちの回遊性を高めるため、店舗の移転や改築などを進めた。業態も首都圏向きが主だった卸売から小売中心へと転換、にぎわいを生んでいる。

松江、海外も意識して
 茶道も盛んな島根県松江市は欧米・アジアでも売れる菓子を目指している。10年前にはニューヨークで松江の和菓子を普及するため、JAPANブランド育成支援事業「松江・和菓子モダンプロジェクト」をスタート。海外で通用する和菓子デザートの開発などを進めている。

 また松江の中心商店街では、茶舗と和菓子店が協力したツアーが組まれ、大人気だ。和菓子店で好きな生菓子を購入し、茶舗で抹茶とともに食する。「菅田菴」「明々庵」など藩主だった不昧公ゆかりの茶室も当時の面影を残したまま利用されている。


駿河屋倒産を機に

 和歌山での最近の動きを見てみるとーー。
 総本家駿河屋の倒産が良いに付け悪いにつけて大きな転換点になっている。

 「紀州の和菓子」=写真=の著書もある鈴木裕範氏(和歌山大南紀熊野サテライト客員教授)は次のように分析する。

 「駿河屋自体が伝統に甘んじて、革新的な菓子作りを進めてこなかった。また経済のグローバル化が進むなかで菓子業界の構造や流通業界が変化するとともに、人びとの嗜好品に対する価値観や生活様式が変わり、和菓子離れが進展してきている」。

 店を育てるという市民の意識も高いとは言えなかった。ただ鈴木氏らが中心になって6月末に開いた緊急シンポジュウムから変化が感じられる。

 地域文化としての和菓子店、老舗の問題を考え、まちづくりまで視野に入れた全国の先駆例のような活発なアクションが和歌山でも期待される。  

e0171960_051597.jpg

和菓子ウォークなど
 次の発火点として、22日開催されるシンポ「紀州の和菓子文化を考える」が次のステップに入る駿河屋問題などにも影響を与えそうだ。

 同時に大きな目的は「紀州の和菓子と文化を考える会」という民間団体を作り、会員を募集することである。
この会の具体的な活動案は
①和菓子ウォーク
和歌山県内ならびに近畿地方の古都・城下町の菓子処探訪
②学習会・調査研究
③菓子店とタイアップし、「幻の菓子」(消えた紀州の菓子)を復活
④ふるさとの新銘菓の提案
⑤ニュースの発行 会報とインターネット
と多彩な活動から成果を出していきたい考えだ。

(会への問い合わせ)
市民の力わかやま・山本さん(電・FAX 073・428・2688)

*シンポジウム「紀州の和菓子文化を考える」詳細*

 『地元菓子』の著書がある若菜晃子氏の基調講演、鈴木裕範氏、田川晋朗氏(うたや店主)、竹田茉耶氏(和歌山社会経済研究所研究委員)、そして若菜氏も加わり、議論を展開する。

 22日午後1時半―4時半、会場は和歌山市NPO・ボランティアサロン(和歌山市本町フォルテワジマ6F)
 主催「紀州の和菓子と文化を考える会」

 事務局〒640-8215 和歌山市橋丁21番地 N2ビル3F NPO法人「市民の力わかやま」内 kishuwagashi@gmail.co
[PR]
by mako0491 | 2014-11-15 01:00 | アタマ記事
11・7日掲載

解決の糸口さえないこのケース

 嫁姑のバトルは時代は変われど、未来も解決の糸口もない難問かもしれない。先日、半分うつ状態になり円形脱毛症になった友人から愚痴を聞き、改めてそう思った。
 
 「高齢者と向き合う」といった講演のテーマのような綺麗事ではないようだ。高齢者の威厳、高齢者の心理など尊重してみても、本人の性格、人柄は納得しょうと努力するにも、嫁の心には重くのしかかる。

 友人のケースでは、姑は何があっても、自分の間違いを絶対に認めない。理屈をつけてでも、正当化する。あてつけ、嫌味を言いながら、自分の要求を出してくる。以前は、それでも、「きっと、こうして欲しいのだな」、と、気をまわして、動いていたそうだがーー。

 台所は譲らない姑。家の中で、役割を持たせることも大切かも、認知症予防にもね。「台所は、あなたに任せた」。姑には、「いつまでも、私がやらなければ」と思わせる。おかげで、嫁は自分の用事も出来るので、ありがたい。

 だが、昨日の鍋に、残ったままの味噌汁、暑い夏、中味を腐らせている。自分の食器は自分で洗うという。しかし、お皿にはマヨネーズが、マグカップは、真っ赤な口紅が、ビタッとついたまま乾燥機に。それでも、「ちゃんと洗ってる!」と強く言う。この性格、死ぬまで治らないよね。

 決して綺麗事ではすまされない現実がある。

 そういう私も、姑の立場なのだ。嫁と仲良くしたいから、なるべく距離をおき、子供たちは、子供たちの生活があると思う。

 可愛いおばあちゃんになりたいとは、誰でも願うこと、いずれ自分も行く道だ。嫁姑バトルを避けるためにも、人の振りみて、我が振り直せという言葉も、肝に命じなければと、感じるこのごろである。
                                         
                                               (市野 政子)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-14 23:58 | 女の視点