わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9.26日掲載

 脳トレに適した?俳句

 吟行・写俳会に連れだって


 俳句をゲームとして考えれば俳句ほど脳トレに適したものはない。先ずルールを覚える。5・7・5のリズム。17文字におさめること。必ず季語が入ること。季語とはその季節に巡り合った風物と思えばいいだろう。さまざまなルールは少しずつ覚えていけばいい。とりあえず句を作ってみませんか。
                                   (岡本 炎弥子)

e0171960_0432985.jpg
季節を感じながら
 現代の忙しい時代だからこそ、その時の空気を、風を、季節を感じてほしい。通りすがりの小さな生き物に花にと、関心と観察それを表現できた時の喜びはひとしお。

 美しい日本語を残していくという大きな使命感はなくても美しい表現を探がしてみたいとおもう。そぎ落とした美しい日本語で17文字のなかに表現できる素晴らしさを知ってほしい。

 幼稚な俳句はみせたくない?だいじょうぶ。若さがあるでしょう。
 年だから?年輪がおぎなってくれるわよと思っている。

最初は誌上句会から
 で、ゲームの達人になるべく我が結社「俳句春秋社」の「和歌山支部きのくに句会」が誕生。

 最初は誌上句会として、発足したのが2011年。あちこちからくる俳句を選者の本田たけし氏が春秋誌に載せていたが、主幹の「句会を開いたらどうですか」との勧めでスタートさせたいと無謀にも考えた。

 誌上句会は大阪、兵庫、奈良、御坊、そして米国はニューヨークからと、どんなに遠くでも参加できるが、句会となると会場に足を運んでいただかなくてはならない。

 それに和歌山近郊となると参加者があるかどうか、と不安も有ったが、根が走りながら考える性格のせいか、「少人数でも句会を開いてみましょうよ」といってしまった。

 発足するまでの準備、話し合いはもつれる時もあったが目的は同じ。本田氏の人柄からか、スムースに事が運んだことに感謝。

 会場はJR和歌山駅の近くの大人の居場所「ほっこりさん」。ほっこりしたご婦人がたの協力も得て昼食付お茶付で部屋を貸していただいている。

 俳句よりもお弁当とケーキ付お茶につられて毎月1回の俳句にいそいそと参加するわたしがいる。因みにオール込1000円とリーズナブルをとおりこして安いのはラッキーでしょう?

 本田たけし氏の率いる「きのくに句会」は解説と人柄が人気で徐々に会員も増えているのがうれしい。

新人ともコミュニケーション 
 新人が来れば、紹介者に任せてしまわないで、長く俳句を、続けられるようにとコミユニケーションを大切にしている。
 
 俳句よりゴルフという俳句仲間がうちそろってゴルフをたのしんでいる句友もいるが、ゴルフ場でもやはり俳句のことが気にかかるらしく素敵な俳句が出てきたりするから面白い。

 女性陣は料理や趣味を交換する楽しさは俳句有らばこそ。この婦人たちとご縁があったとよろこんでいる。

プラチナエイジ楽しく
 俳句とともに、この素晴らしい人との交流は何物にも代えがたい。プラチナエイジをどう楽しく、いきいきと生きるかを教えてくれるのも俳句あってのもの。

 みんなで一緒に考えたイベントは11月にはミカン狩り吟行句会、来春は写俳展をと、走り出したばかりの「きのくに句会」は大いに盛り上がっている。これからも快い熱気のある句会をと思っている。

「言い足りぬことのありさう染指草」  炎弥子
(染指草は鳳仙花のことです)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-26 00:50 | アタマ記事
9.26日掲載

市民グループが存続、かち取る


 神戸は「おしゃれな街」のイメージで私たちの憧れ的なスポットになっています。瀬戸内海をはさんでお向いさんに遊んでみてはいかがでしょう?e0171960_0133395.jpg
 
 中でも神戸の市街地から一番近い山岳リゾート、摩耶山の山上と山麓を結ぶケーブルとロープウェーでの空中散歩がお勧めです。

 震災後に運休し、2001年に「まやビューライン夢散歩」として6年ぶりに運行を再開しましたが、利用客の減少を理由に2011年末をめどに、廃止が打ち出されていました。

 ところが地元市民グループが中心になって「摩耶山再生の会」を結成、さまざまな活性化策を実践、存続に成功しました。さらに「まやビューライン」を未来へつなぎたいという願いからサポーターの会を発足させています。
 
 面白いのは毎月第3土曜日に開かれる「リュックサックマーケット」。 参加条件は、出品したい物(なんでもOK)をリュックサックに詰めてくることだけ。ピクニック気分で気軽に出店でき、物々交換も可能です。

 第1日曜に開かれる読書会「ブックカフェ」は、自分で読みたい、あるいは読んでほしい本3冊以上と敷物、食器マイカップ持参です。青空のもと自然の中で遊ぶのも楽しそう。

 「星の駅」にあるゲストハウスでは大パノラマが広がり、そのスケールは、さすが日本3大夜景の一つ、1000万ドルに値するものと言えます。

 10月3日から13日は「KОBE観光ウィーク」が始まります。六甲、摩耶・北野界隈はもとより、みなと市街地や灘・東灘地域、有馬や須磨垂水など広域にわたり、無料開放施設、各種料金割引、特別イベントやプレゼントまで用意されています。

 観光立県をめざす和歌山との比較においても、「観光ウィーク」体験する価値はありそうです。

                                          (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-26 00:14 | お勧めスポット
9.26日掲載

 シニア軸に多世代交流から


 最近、「プラチナ社会」という言葉をよく聞く。東大総長も経験した三菱総合研究所理事長の小宮山宏さんが中心になって提唱している。

  同氏によれば、まず第1はエコ社会。エネルギーや資源の心配がなく、温暖化の問題を解決している社会である。第2は、高齢者がいきいきと参加出来る社会。

 第3は、一生を通じて人々が成長出来る社会である。人生100年時代だ。「何歳で大学を卒業して、さあ一人前だから働きなさい」「何歳だから、ご苦労様」という仕組みは成り立たなくなっている。 第4は、年齢、性別に関係なく雇用が十分にある社会である。
e0171960_23452451.jpg
 こうした条件を満たす社会は、快適で、プラチナのように威厳をもって光り輝いているはずだ。このような社会を「プラチナ社会」と呼ぶ。

 シルバーではなく、プラチナと名付けたのは、金より上質で品格を感じさせ、輝きを失わない明るいイメージがあったから。
 
 プラチナ社会が目指す姿は、高齢者だけでなく、多世代がいきいき暮らし、活躍できる成熟した社会。具体的には、多世代が交流できる社会的な仕組みをつくり、環境問題と結びつけながらそれを産業化することを目指すと解説している。

 そのためには、環境、医療・健康、教育、インフラ整備等の分野で解決すべき事が山積しており、マクロ的には、まさに「アベノミクス」の宿題と言える。
 
 そんなに難しく考えなくて良いのかもしれない。和歌山市内で月1回、異業種、異なった世代間交流のサロンを開催しているが、そこに集まる元気な参加者を見ていると、小さなプラチナ社会の実践を重ねているような気がする。

 スモールビジネスだが、シニアたちがちょっとした報酬を得て、そこに来る仲間と自由に語り合い、共感する時間を過ごすーーそんな良い風景があちこちに広がっていくことが、プラチナ社会を形作っていくのかもしれない。
                                         (淡 美輪)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-25 23:50 | ちまたで近ごろ流行るもの
9・26日掲載

昇任試験と子育ての狭間で


 安倍内閣改造で、入閣した女性が最多タイ。女性管理職の数値目標があったりすることに違和感を覚える私。

 今の私の仕事は、昇任試験に合格すれば、若くても管理職に就けます。管理職で出産育児する女性も多数。管理職のポジションで、出産育児すれば、職位は保持したまま、様々な制度を利用して育児できます。一方、非管理職でも様々な制度を利用できますが、何だか割に合わないことばかりでなりません。
 
 残念ながら私は、卒業と同時に現在の仕事に就いておらず、子どもが1歳の時に転職しました。転職できただけでもよかったのですが、(団塊の世代大量退職の恩恵で、採用されたのですが…)昇任試験は、なかなか合格できません。

 子どもを言い訳にしているようで、嫌ですが、日々の生活を回しながら、平等な「昇任試験」の準備は、私にとってかなりの難関です。

 個人契約で学童保育を探し、保育料の数倍の月謝を支払い、働く時間を確保しているのですが、急な残業や超過勤務を引き受けることはできません。もちろん、残業になっても対応できるように、個人契約は最大限お願いしています。事前にわかっている残業は、追加でお支払いして対応しています。
 
 そんな仕事をする準備をしていても、重要度は極めて低く、よって評価は当然低いのです。評価結果受けて、当然やりきれない気持ちになります。当てどころのない、怒りも感じます。

 いま未熟な私が、イライラして、些細なことで子どもを叱りつけている時、思い出す光景があります。小学生の私が、周りの友達と違ってしてもらえなかったことを母に文句を言い責めている。母は、悲しそうな顔をしてただ聞いている、そんな場面。

 悲しい顔をしていた理由、今は痛いくらいわかります。子どもを叱っている私は我に返り、あの時に戻って、文句をいう私を止めたい、そう思うのでした。そして、子どもよ、ごめんと心の中で謝るのでした。
ミッドサーティ、これが現実、今が試練です。

                               (田中 麻衣子)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-25 23:27 | 女の視点

絵本 ママ!

『ママ!』
キム・フォップス・オーカソン作 高畠那生絵 枇谷玲子訳 

ひさかたチャイルド2011年 1728円
http://tinyurl.com/l3vw6kp
e0171960_15534480.jpg
対象年齢:年齢に応じて読むことができます。
(読んでもらうには)5歳から
(自分で読むには)小学生から大人まで 

 成長に伴い、服装・行動に対する目が厳しくなってきた娘。主人公の思いにぎくりぎくりしながらも、あたたかい気持ちになりました。でも、甘えすぎは厳禁です。

 <あらすじ>
 僕のママは太っているんだ。友達のアントンやヨハンのママと比べ物にならないくらい、象みたいに太っている。本当にすごいんだ。

 夕ご飯はものすごい勢いで食べる。だから時々、僕は「たまにはにんじんでも食べたら?」と提案する。にんじんはダイエットにいいみたいだから。

 でも、ママは「私はウサギじゃないのよ」って、笑って僕のほっぺたを優しくなでる。

 外では大変なんだ。バスに乗る時は恥ずかしくて仕方がない。座席を一人で占領するから。
 
 さらに、食べ物やさんのそばを通ると、必ず買い物をする。「フランクフルトを3本。ホットドックを6本ね。坊やもいる?」みんながじろじろ見る。僕は靴先を見つめて、「いらない」。

 もっと憂鬱なのは学校での保護者会。みんなきれいし、話し方も上品。なのに、ママは欲張ってケーキを10個も食べてしまった。

 次の日、僕はうちに帰らなかった。引越ししてきたお隣さんのところに行ったんだ。上品な巻き毛をしたおしとやかそうなお隣さん。「ママと呼ぶなら」と受け入れてくれた。

 「やったー!」 こんな綺麗な人とバスに乗ったり、保護者会に行ったりできたらどんなに良いだろう。

 だけど、、、
 絵本を読んでも読んでも、ママの顔は出てきません。どうなることかとドキドキし、安心したところで素顔が登場。素敵ですよ。

                      (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-10 15:55 | 絵本この一冊

9.12掲載


 毎年2万人発病・2千人死亡
 
 和歌山県は罹患率が全国2位


 かつて「不治の病」といわれた結核。結核による死者数は1950年まで年間10万人を超えた。その後、抗結核剤の登場などで患者は激減。だが、発病者は今なお毎年2万人を超え、死者数も2千人強に上る。和歌山県は結核の罹患率(りかんりつ)が全国トップクラス。県健康推進課は「2週間以上、微熱やせき、たんが止まらない時は危険信号。早めに受診を」と呼び掛けている。

                                           (高堀 琴世)

e0171960_1347337.jpg

「1年に17万人死亡」
 結核を病んで若くして亡くなった人の中には有名な作家や芸術家も多い。滝廉太郎(享年23)、樋口一葉(24)、石川啄木(26)、織田作之助(33)、正岡子規(34)、国木田独歩(36)。海外でも画家モディリアニ(35)、作曲家ショパン(39)、作家カフカ(40)……。

 日本では結核が蔓延(まんえん)したピークの1943年、17万人も亡くなった。厚生労働省の人口動態統計によると、70年後の2013年1年間の結核による死亡者は2084人。1996年に初めて3000人を下回って以降年々減少している。

 また厚労省の結核登録者情報調査年報によると、昨年の新登録患者数は2万495人で(10年前の2003年は3万1638人)、人口10万人当たりの罹患率は16・1(同24・8)。結核緊急事態宣言が出た1999年以降、この2つの指標も着実に減少を続けている。

「罹患率、米の5倍」

 ただ日本の罹患率を欧米諸国と比べると、米国の約5倍、ドイツやオーストラリアの約3倍とまだかなり高い。日本が「結核の中蔓延国」といわれるのもこのためだ。結核治療に詳しいある医師は「結核の克服という点では日本は先進国に20~30年遅れている」と指摘する。
 
 罹患率を都道府県別にみると、トップは大阪(26・4)で、これに和歌山(20・6)、東京(20・1)、長崎(19・9)、兵庫(19・8)と続く。最も低いのは山梨(7・7)、次いで長野(9・1)。

 和歌山県はずっと全国平均を上回り続けている。昨年は新登録患者数が前年の185人から202人に増えたことから罹患率も前年(18・7)からアップ、大阪と東京の2大都市の間に分け入る形で不名誉な2位となった。政令指定都市では大阪市の罹患率(39・4)が飛び抜けて高い。

「乳児はBCG接種を」
 新登録患者は高齢化が目立つ。昨年は80歳以上が全体の36・1%(前年34・0%)と3分の1強を占めた。次いで70代が21・3%、60代が13・8%。一方、20代は5・8%だった。

 若年層が発病する割合は少ないものの、免疫がないため学校などでの集団感染も起きている。抵抗力が弱い乳幼児は感染すると重症になりやすい。このため厚労省は生後5~8カ月までにBCGワクチンの接種を受けるよう呼び掛けている。
 
 結核が流行していた戦中・戦後に過ごした人は多くが結核に感染しているとみられ、感染者は日本人全体の15%に上るとの指摘もある。結核は患者の咳やくしゃみの飛沫に含まれる結核菌を吸い込んで感染する。ただ感染してもほとんどの場合は免疫が働き菌の増殖を抑えるため、発病するのは1割程度といわれる。

「免疫低下し発病」
 だが、高齢化や生活習慣病などで免疫力が低下すると、菌に対する抵抗力が落ちて発病しやすい。感染から数十年後に発病することも。新登録患者に高齢者が多いのもそのためだ。昨年は新登録患者の14・5%とほぼ7人に1人に当たる2964人に糖尿病の持病もあった。
 
 ある男性(50歳)の場合、おなかに水がたまる腹水の症状を訴えて受診したところ、胸に影が見つかり、たんから結核菌も検出された。転院し精密検査。その結果、腹水は結核性腹膜炎が原因と判明。さらにHIV検査も陽性だった。このため、結核治療と並行し抵エイズ治療を行った結果、2カ月半後には退院できるまでに回復した。

「長引く咳に要注意」
 結核の標準治療期間は約6カ月といわれる。前述のケースのように発病しても抗結核剤3~4種を飲み続ければ他人に感染させる恐れがなくなって2~3カ月で退院できる。その後は外来通院で治療を続けることになる。

 大切なのは医師の指示通りに薬をきちんと服用すること。服用が不規則だったり途中で中断したりすると、薬が効かない「多剤耐性結核」や「超多剤耐性結核」になる危険性が高い。

 9月24~30日は結核予防週間。結核菌にスキを与えないためには十分な睡眠やバランスの良い食事、適度な運動が欠かせない。

 和歌山県は2週間以上咳が続く場合の早期受診と、65歳以上を対象に市町村で実施している結核定期検診の受診を呼び掛けている。
[PR]
by mako0491 | 2014-09-10 13:52 | アタマ記事

9.12掲載

 手を貸さなかったからこそ


ある電話営業のオフィス。私は、男性上司のAさんが、面倒をみていたTさんを一緒に預かることになった。彼女、なかなかのツワモノのおばさん。

朝の朝礼、私は、みんなの目標をききながら、「あなたの数字はあてにはしていない」と彼女に伝えた。「Aさんに頼らずに自力で仕事してから、偉そに言え」 私はそう思っていた。

毎日続々と契約があがる。だか、Tさんは、まだ結果が出ていない。

3週間たったある日、Aさんが、私を別室に呼んだ。「もう3周間だし、そろそろTの数字をつけてやってもいいかなあ?」と。

男性は、優しいのね。でも、手を貸したら駄目、黙って見ているほうが、辛いけど、いまは絶対に手を貸すな!と言い切った。

私が、そう言い切れるのは、Tさんの気の強さ、負けず嫌い、彼女の資料から、Aさんが、契約にしている内容を、私は信じていた。

もう月末近い日、机の下から、張りのある声が営業室に響いた。間違いのないクロージング、契約だ!みんなが、一斉に手を止めた、Tさんへおめでとうの握手責めだ。

私は握手しながら、泣きながら、彼女をしっかり抱きしめた。よく頑張った、あなたは出来る、あの時に助け舟を出さなくてよかった。それからは、私の力強いパートナーだ。

家庭の事情で一時退職をしたTさん、一年たったころ、元気かなと電話をしたその時、電話に出たご主人が、丁度一年前、自転車で飛び出し、トラックと衝突、即死だったという。

仏前にみんなで手をあわせたが、きっと、私はしんでない!と言ってるのだろうと話したものだ。
 私にとって、あれから、もう何十年にもなるが、今でも、心の中で、大切な友達。

   (市野 政子)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-10 13:13 | 女の視点

9.12掲載

「嫌われ松子の一生」

超アナログの生き方に共感

e0171960_12462458.jpg

そもそも「中谷美紀」という女優は好きではありませんでした。なんとなく虫が好かないーそんな感じでしたが、彼女の出演する映画を観るうち、考えが変わりました。

まず、「阪急電車 片道15分の奇跡 (2011)」。これは元勤務していた会社の店舗や社員が画面に出てきたり、阪急今津線にかすかな思い出があったりしたので面白く観ることができました。

中谷美紀演じるOLは純白のドレスを着て元恋人と寝とられた後輩の結婚式に出席、その姿のまま引出物を持って電車に乗ります。 

そうした情景がまずありえないし、他にも細かい点が気になりましたが、宮本信子の演じる「おせっかいおばさん」的な人物が多様なエピソードで画面を引き立てます。

次に観る機会があったのが、「嫌われ松子の一生 (2006)」。壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する川尻松子のお話。教師からソープ嬢、殺人まで犯してしまう転落人生を送る松子の悲哀を中谷美紀が演じています。

この作品で彼女は第30回日本アカデミー賞、 主演女優賞を受賞しました。計算高い現代人にはない超アナログ的な松子の生き方は、「嫌われ」るどころか、愛すべき人物として、瑛太演ずる甥に、さらに唯一の女性の親友に、それに何よりも私たちに迫ってきます。
 
 みそびれてしまったのが「ゼロの焦点 (2009)」。松本清張原作のサスペンス。 
失踪した夫の行方を求めて金沢へ旅立つ新妻に広末涼子。事件の鍵を握る二人の女性、社長夫人に中谷美紀、受付嬢に木村多江。

 『主演ではない中谷の演技が素晴らしかった。すさまじい演技に息を呑んだ』という感想がありました。是非観てみたい映画です。

(中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2014-09-10 12:53 | 名品発掘