わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

味覚障害


10.25掲載


「味覚障害」亜鉛不足などが原因

女性の比率6割、受診早めに

 
 「何を食べても味が薄い」「味を感じなくなった」――最近こんな人が増えている。味覚障害だ。男4に女6と女性の割合が高いのが特徴。年齢別では60歳以上の高齢者に多いが、最近は20~30代の若い世代も増えてきた。原因は偏食による亜鉛不足、糖尿病や腎臓・肝臓障害、薬剤服用による副作用、風邪による感冒性と様々。最近はストレスなど心因性のものも増えてきた。変だなと思ったら早めに受診を。(高堀 琴世)
e0171960_17442054.jpg


「味付け、次第に濃く」
 日本口腔咽頭科学会の調査によると、2003年時点で推計受診患者は約24万人だった。過去13年間で1・7倍に増えていたが、その後も増え続けているとみられる。その背景には高齢化の進展、生活習慣病の増加、食生活の変化などがある。

 症状別にみると、最も多いのが「味覚減退」。何を食べても味を薄く感じる。次いで、味をほとんど感じなくなる「味覚消失」。この2つで全体の8~9割を占める。家庭で料理を作る主婦が味覚障害になると、次第に味が濃くなっていくこともある。

 この他には口の中に何もないのに苦味などを感じる「自発性異常味覚」、甘みなど特定の味が分からない「乖離(かいり)性味覚障害」、何を食べてもまずく感じる「悪味症」、本来の味とは違った味がする「異味症」などがある。


「亜鉛不足で感度低下」
 味覚障害の原因の一つが亜鉛の不足。体にとって不可欠な亜鉛が不足すると、舌や軟口蓋にある味蕾(みらい)細胞の再生がうまくいかず、味の感知機能が低下していく。保存料や増粘剤など添加物を多く含む食品の過剰摂取が亜鉛不足を引き起こす。添加物が亜鉛と結び付くことで亜鉛が体に吸収されにくくなるのだ。

 化学肥料の増加で野菜自体にミネラル含有量が減っているという問題もある。ただ亜鉛不足に伴う味覚障害は亜鉛製剤の服用で7割程度の人は症状が改善するという。

 営業職の20代の女性の場合、仕事が忙しく食事はいつもコンビニの弁当かインスタントもので済ませていた。そのうち同じものを食べても違った味を感じるように。しかも、いつの間にか舌が真っ赤になっていた。

 耳鼻咽喉科を受診した結果、亜鉛不足と鉄欠乏性貧血による味覚障害と判明。医師の指示に従って市販の亜鉛サプリメントを毎食後1粒のみ、食事も亜鉛や鉄分を多く含む海藻やレバーなどを意識的に食べるようにした。そのかいあって、味覚感度は2カ月後ほぼ正常値に戻っていた。


「薬の副作用で発症」
 糖尿病や腎臓・肝臓障害の患者では亜鉛がタンパクと一緒に尿中に排せつされ、その結果、味覚障害が起きるケースも多い。また最近増えているのが薬剤性や心因性の味覚障害。兵庫医科大学が1999~2010年の12年間の患者1059人(男412人、女647人)を調べたところ、原因不明の突発性味覚障害が全体の18・2%を占め、次いで心因性が17・6%、薬剤性が16・9%と続いた。

 薬剤性味覚障害は降圧剤や抗がん剤、抗うつ剤などの服用に伴って起きる。薬が亜鉛と結合し、腸の中で吸収されずに排せつされる。咽頭がんなどの放射線治療によっても症状が現れる。

 厚生労働省は薬剤性の増加に伴って、2011年夏に発行した「重篤副作用疾患別対応マニュアル」の第5集に、「薬物性味覚障害」を加えた。その中の「患者の皆様へ」では、薬を飲んで①味を感じにくい②嫌な味がする③食べ物の味が変わった――などの症状が出た場合、早めに医師か薬剤師に相談するよう呼び掛けている。

「健常者にも発症予備軍」
 味覚障害を訴える人は65歳以上の高齢者が全体のほぼ半分を占める。しかし最近では若者の患者も増えてきた。大阪市内の病院が健常者の血中亜鉛値を調べたところ、20~30歳代で基準値以下の人が目立ったという。いつ発症してもおかしくない〝予備軍〟だ。

 味覚障害になると、楽しいはずの食事も味気がなくなり食欲も低下する。そうならないためにも、ふだんから保存料の多いインスタントや加工食品を控えめにする一方、亜鉛を含む食品を意識的にとることが大切。亜鉛は海藻、カキ、イワシ、数の子、納豆、玄米、胚芽米、ブロッコリー、パセリ、干しシイタケ、牛レバーなどに多く含まれる。
[PR]
by mako0491 | 2013-10-30 17:45 | アタマ記事

いつの間にかアラフォー


折り返し地点への準備


 40歳前後の年齢を示す言葉「アラフォー」が流行語大賞になったのは2008年。最近は30歳前後の年齢を示す「アラサー」の他に還暦前後の年齢を示す「アラカン」という言葉もよく見かけるようになりました。

 皆さんは自分がどの「アラ○○」か、意識されていますか?私にとっては、その言葉はテレビやインターネットの世界の言葉でした。それが先日、突然、「自分はアラフォーだ」という事実に直面しました。

 普段は雑誌をゆっくり読む機会も無い日々。車の点検の際、少し優雅な時間を、と、お店の雑誌を手に取りました。菅野美穂さんの表紙の雑誌を読み始め、数分。なぜか違和感。疑問に思いながらも、今度は違う雑誌を読み始め、納得。自分はアラサーではなく、いつの間にかアラフォーになっていたのです。 

 近年、特に年齢を気にもせず、大まかな30代でやりすごしてきた事を反省。そういや、いつのまにか白髪の本数も増え、自分が考える姿と写真の姿にズレが生まれはじめていました。

 雑誌記事で紹介されているアラフォーは恋や結婚や夢を語るアラサーとは違い、人生の岐路に立っているようなものばかり。でも、元気で意欲的。ギャップを感じながらも、しっかりしなくては、という気持ちにもなりました。

 40歳と言えば、「人生の折り返し地点」で「不惑」の年齢とも言われます。30代から急に40代になるよりは、「アラフォー」として、40歳への準備を始めるのも良いかも。

 今は生活様式も子育ても働き方も生き様も様々。決まってないからこそ、迷いは増える。だからこそ、あと数年、自分の幸せバランスをしっかり見つけたい。

                        (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-16 16:51 | 女の視点

白金温泉

10.11日掲載



三種の神器携えて

混浴露天風呂

 
 北海道の秋は暦どおりにやってくる。e0171960_16452593.jpgすでに観光客は去り、広々とした畑と空と大雪の山々がむかえてくれた。ナナカマドの実は赤く色付き、白樺の葉は少し黄葉が始まっている。

 今回は、「丘のまちびえい」にある白金温泉に。混浴があったはずと、目指すは大雪山国立公園内の十勝岳山麓にある白金温泉郷に。

 この温泉はナトリゥム、マグネシウム、カルシウム,硫酸塩など含有。効果は20種にもおよび、殊にやせる温泉として女性のファンも多いと聞く。

 やせるというより、混浴というところに興味を覚え行ってみた。露天風呂三種の神器をたずさえて。神器とは何?先ずガーゼのバスタオル。決して質の良いバスタオルにはしないこと。上がる時、重みでストンと落ちてオールヌードになってしまいます。
(2)ビーチサンダル。これは底にぬめりがある場合のみ使おう。
(3)傘、これは着替えの時につかいます。傘で隠せば何処でもOKよ。
これだけあれば混浴も平気。

 まっ、自分が思ってるほど見てないから、安心してはいって、各地の人とお話でもすればそれが、旅の良い思い出になるだろう。

 今回は白金温泉ホテルに。渓谷沿いにある露天風呂で、コバルトブルーの流れが、上流の滝から滔々(とうとう)とほとばしるように落ちるダイナミックな音と、自然美を露天から堪能できる。

 夜にはぽっかり開いた樹間からオリオンなど星が大きく煌いている。露天混浴というのを忘れ、ただ自然を堪能している。少し狭いのが又、親近感をもたらし、次の行き先など情報交換している若者を見るのも楽しい。

 近くにはゴルファーに人気のレイアウトのいいコースもあり、雄大な大雪連山十勝岳の噴煙に向けてボールをとばすのも爽快だろう。

 十勝岳トレッキング、野鳥観察、近くの放牧場でゆったり草を食む牛をみたり、林の中に立つ陶芸家のギャラリーなど見てお気に入りがあればマグカップでもーーと沢山の見所がある。四季問わず訪れたい「丘のまち」びえいと、白金温泉である。

 まだ暑さの残る関西に帰ってすぐに、もう大雪山主峰の旭岳は初冠雪を迎えたと聞いた。

・遠雷や牧の羊はかたまりて・・・炎弥子

                            (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-16 16:46 | 温泉巡り
10月11日付け

主婦の温かい運営・サービスに魅力
ぬりもの館に「奥座敷」でき、新たな催し



 いま黒江の街が一段と注目されている。主婦グループが主催・運営する「黒江ぬりもの館」がその中心である。手作り感のある店づくり、客へのフレンドリーな対応などが人気だ。新しく「奥座敷」が完成、新たなイベントで多彩な人を集める。すでに知られているように、平成24年度には、「第5回ゆめづくりまちづくり賞」の奨励賞に「日本四大漆器産地の一つ、黒江の町並みを活かした景観づくり活動」が選ばれた。その主体の「黒江の町並みを活かした景観づくり協定運営協議会」は「黒江JAPAN」と名を変えて一段とパワーアップを図る。
  
                             (中村 聖代)
e0171960_16212067.jpg




【古民家活用、主婦の視点】
 黒江では様々なグループが、街づくりに関わり活動している。「黒江ぬりもの館」をはじめ、同じエリアの産業振興会の「うるわし館」や、吹きガラスの店、うだつの家などが一層魅力を引き立てる。

「黒江ぬりもの館」を運営するのは主婦たちのグループだ。以前、この紙面に登場した岡本炎弥子さんは、北海道美瑛の街づくりに活躍した一人だが、和歌山県に移り住んで、黒江にも関与している。
4年前、男性たちが営んでいた古民家利用の「漆器屋さん」を、今度は女性の視点からやってみようと再度試みたのだった。
 
 女性ならではの細やかな手作りランチや店づくりが功を奏し、客も年を追うごとに増えているという(当初の代表は角野牧子さん。現在は吉本裕子さん)。

【古き良き時代のもの展示】
 この古民家は、少しずつ形を整えてきている。トイレが美しくなり、2階部分が整備されといった具合だ。

 関係者のひとり九鬼敏博さんは、建築家で古民家を壊すたびに出る古き良き時代の品々を自宅に持ち帰り保存していた。たくさん集まった品を、この「黒江ぬりもの館」を改造して、展示・販売をしてはどうかということになった。

 皆で掃除や片づけを手伝いながら完成に至り、ついに最近「奥座敷」が完成した。「年代ごとの展示・販売」、「お料理上手になるレッスン&ランチ」、「着物で楽しもうよ」など、奥座敷を利用したユニークな催しがある。

【ゆめづくりまちづくり奨励賞】
 昨年度、「ゆめづくりまちづくり賞」の奨励賞を受けた「黒江の町並みを活かした景観づくり活動」の選出母体は、建築家の安藤忠雄さんが委員長、国土交通省近畿地方整備局が事務局である。

 個人や団体・企業・行政で行われているまちづくりの取り組みの事例の中から特に優れたものを選び表彰することで、関西において更によりよい都市形成や地域活性化に向けた取り組みが進むよう目指すものだ。平成25年度は10月31日締切りで現在募集中である。

【黒江散策マップ】
 海南市は「黒江散策マップ」を作成・配布し、モデルコースを案内する。うるわし館(紀州漆器伝統産業会館)を出発・終着点とした30分・60分・90分の3つのコースで、のこぎりの歯状の家並みを散策する。

 重要文化財に指定されている「柳川家」跡、先述した「黒江ぬりもの館」はじめ古民家利用の数々の漆器店。吹きガラスの店、うだつの家や漆器蔵など、歴史ある街並みを堪能できる。

【多彩なまちづくり】
 鈴木裕範さん(和歌山大学教授)を代表とする「黒江・温故知新の会」は、黒江の町の歴史的資源を掘り起こし、価値を再評価・再発見しようと平成22年5月に誕生し定期的に例会を開いている。
また、学生と地元の人が黒江の宝探しをするフィールド調査を行い「黒江まち歩きマップ」を作成した。

 「にんにこ会」は、平成22年7月に「海南地域創造推進協議会」が開催した「まちづくり・地域おこしリーダー養成研修」に参加したメンバーが、活動を実践の場に移して研修後も継続している会で、藤坂俊氏を代表に、20名の会員が4つの部会に所属して活動している。

 ここで紹介しきれないほど多くの人々が、黒江の街を愛してやまない。秋の一日、まち歩きに出かけてみませんか。

<住民が景観づくり協定>


 黒江は川端通り周辺4万8千平方メートルを対象に、住民同士が建物の高さや色、素材に基準を設け、「黒江の町並みを活かした景観づくり協定」を締結。2011年末、「わかやま景観づくり協定」に認められている。
[PR]
by mako0491 | 2013-10-16 16:26 | アタマ記事

赤線基地

2013.10.11掲載分 名品発掘 

 
 悪女役の根岸明美が最後は・・・

 赤線と言う言葉は、若い世代には死語になりつつあるのかもしれない。
 
 売春を目的の特殊飲食街で、警察などの地図に赤線で記されていたことからそう呼ばれた。昭和33年には廃止されている。
 
 その「赤線」と「基地」を一つの言葉にした映画作りは見事と言える内容だ。谷口千吉監督の冴えた演出が見物である。
 
 1953年の作品で、米軍基地問題を、その影響下で生きる人々の目線で描いた作品であり、反米的なテーマのために一時上映見送りとなったほど。

 主役男優は三国連太郎で、相手役の悪女と言ってもいい役の根岸明美が魅了する。米国進駐軍GI相手の女由岐子を演じる。e0171960_14154217.jpg
 
 日劇ダンシングチーム出身で、映画「アナタハン」のオーディションで抜擢されて、主役を務め注目される。166cmと大柄で豊満でありながらも引き締まった肢体で人気を集めた。
 
 しかし肉体派女優と見られることを嫌って、演技を磨き、黒澤明監督の「赤ひげ「どですかでん」にも出演するなど、演技もできる妖艶な魅力を持った個性派女優だった。

 赤線基地の大まかなストーリーはーー。
 
 10年ぶりに旧満州から帰還してきた三国の役の主人公浩一は、懐しい故郷、富士山麓御殿場の変り果てた姿に驚いた。土地は射撃場に接収され、生活に困窮して部屋の離れをGI相手の女(根岸が演じる)に貸してあった。
 
 彼は10年間思い続けてきた恋人ハルエの消息を聞きただすが、皆言葉を濁して答えなかった。

 最終的に、昔の恋人の変わり果てた姿と、農業以外に仕事がないことから、東京に行く決心をする主人公。

 そして、「真面目になるから」一緒に連れて行ってくれとしがつく由岐子を、浩一はふりきるように引き離した。しかし、バスの中には、うって変った地味な身なりの由岐子が乗りこんできた。浩一は話しかけようとするが、その時響き出した砲声に妨げられた。
 
 秀麗な富士を包んで轟く砲声が何時止むともなく続く中を、無言の浩一と由岐子を乗せてバスは駅へ向つて走って行った。

 赤線と言えば名匠溝口健二の吉原の女たちを描いた「赤線地帯」が有名。どちらかと言えば生々しい女たちの姿を描をリアルに描いていたが、社会的視点は弱かった。
 
 谷口作品は、今でも基地問題を抱える我が国の姿を、すでに半世紀以上前に先取り、活写していたという意味で名作に数えられるのではないか。

                       (淡 美輪)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-16 14:17 | 名品発掘

熊野ナンバー

8.30

<車の熊野ナンバープレート実現を> 

 先日、ビッグ愛の9階会議室で、NPOサポートセンター主催の「NPO交流会」を開きました。県内の10団体以上が熱心な議論を繰り広げ、福祉・文化・まちづくり・情報・国際などで新たなネットワークが築かれつつあります。

 最後の方で、NPO法人紀州熊野応援団の方から「車の熊野ナンバーに興味はありますか」と問いかけがあり、私は初めて聞く話でしたので大いに興味を持って、いくつか調べてみました。

 すでに和歌山、三重両県南部の自動車のナンバープレートに「熊野」を導入しようと市議会議員らが、「『熊野』地域新ナンバープレート導入推進協議会」を設立したそうです。

 会への参加を想定している地域は和歌山県側がみなべ町以南で、三重県側が紀北町以南。導入のためには自動車数が10万台以上との要件がありますが、該当地域は軽自動車を含め20万台以上ある。当面の課題は市町村の合意形成を急ぐことでしょう。

 「広域観光につなげるきっかけにする」「全国に熊野の自動車が移動することでPRできる」などの効果があります。県内はもちろん、三重県の尾鷲市の議員らにも呼び掛けているといいます。

 ご当地ナンバーは現在、ユニークなところでは「平泉」「鈴鹿」「奄美」などがあり、県境をまたいだ例としては山梨と静岡の「富士山」ナンバーがあります。奈良の飛鳥ナンバーは登録台数10万をクリアできなかったそうです。

 「湘南」ナンバーを見たりすると、サザンオールスターズやチューブを思い起こすひともいるのでは。一種のカッコよさを誇るような面もあります。地域振興・観光活性化にも大いに役立つと思いますので、広く県民運動にまで高めていけたらいいなと考えています。

          (サポートセンター長 岩田 誠)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-01 17:03 | TOPIXS

10.1


 メルマガ用です
<男の料理、若者からシニアまで広がる> 

 男の料理があちこちで広まっています。「男子厨房に入るべからず」は大きく変わりつつあるようです。

 「料理男子」が増えた一つの背景には、男性タレントを起用した料理番組が増えていること。料理は
こだわりの強い男子ほどハマるようです。

 婚活男子向けに、お見合いパーティーを兼ねた男女混合の料理教室も最近は人気とか。男性本人よりも、女性の方の期待度が高いのも特徴で、特に働く女性からモテると聞いています。

 シニアの料理も盛んです。例えばNPO法人「 シニアSOHO普及サロン・三鷹」(東京)など男の料理教室に取り組む例は一段と増えてきています。

 男の料理は、女性に比べて材料を贅沢に使ったり、うんちくや関連エピソードを、色々しゃべったりする傾向があります。

 さて、当方も和歌山市内のある会で、料理に挑戦することに。スペイン料理パエリアを苦心して完成、仲間15人に賞味してもらうことができました。

 パエリアといえば、スペイン・バレンシアが発祥の地方料理です。米の産地であるバレンシアではインディカ米を使った料理や菓子が多く、1960年代の観光産業振興に際して様々な米料理が考案され、その1つがパエリアです。

 パエリアの具材は魚介類、鶏肉、ウサギ肉、カタツムリなど様々であり、野菜だけで作られるものもあります。

 中南米やフィリピンのかつてのスペインの植民地にも伝わり、名前や調理法が変化した後も、米料理の1つとして現地で食べられているそうです。

 お米との親近感で食べやすいのか、日本人にも好評のメニューです。

 パエリアを食べながら、スペインのもう一つ和歌山に深い関係のある聖地に話が移ります。

 巡礼路のうちスペイン国内の道は、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」としてユネスコの世界遺産に登録されています。「紀伊山地の霊場と参詣道」と並び、世界でも珍しい道の世界遺産として知られ、和歌山県とガリシア州とは永続的な友好関係を確立するため、両古道の姉妹道提携を1998年に締結しています。

 徒歩によるスペイン横断は、イベリア半島内でもおよそ 800kmの道程。長い巡礼を続けることは、人々にとって信仰と向き合う貴重な時間となるわけです。

 そして、その後の楽しみはパエリア料理とか。ほんまかなーーすぐ知ったかぶりをするのは男の料理の悪い癖かもしれません。

(サポートセンター長 岩田 誠)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-01 16:55 | TOPIXS

綺麗な男子

綺麗より料理できる
オトコが格好いいよ
e0171960_11264042.jpg
詠子:あなたの周りに美容男子はいる?綺麗男(きれお)とか言われ、美にこだわりを持つ男のことなんだけど。
美恵:最近増えてきているようね。

詠子:こんなに不況が続いている中でも、男性化粧品市場が急激に伸びて、男性用のエステティックやネイルサロンなんかも拡大されているようなの。
美恵:美容界にもジェンダーフリーの風ね。

詠子:2009年度にある男性化粧品メーカーが行った調査では、中身の重要度の比率は、男性の考えの平均は「男は見た目が40.4%」で、女性の平均は、「男は見た目が40.3%」と、男女とも同程度に重要と捉えられていることが分かったそうよ。

 また2012年1月に発表された某研究所のレポートでも「自分の外見を整えることに関心がありますか?」との問いに、25~29歳の男性で78%が「関心がある」「やや関心がある」と答え、45~49歳の層でさえ、55.0%が同様の回答をしているって。

美恵:「男は中身で勝負!」というのは遥か昔のことのようね。

詠子:周囲に女性がいるのが当たり前の社会背景が、男性の美容に関する意識を高めていることも確かね。
美恵:そういえば職場などで人間関係が広がる年代層は「いつ誰にあっても困らない」身だしなみを心がけている人が増えたわね。

詠子:周囲の人と円滑な関係をつくるツールとして、「清潔」「綺麗」であることを大切にしている人は「仕事ができる」という印象を与えてもいるみたい。
美恵:具体的にはどうしているの?

詠子:乳液は当然。美容液や脱毛、眉そりからパック、美顔器まで使う人もいるとか。この夏も、制汗スプレーや汗拭きシートに香り付のものがよく売れたって。
美恵:友人はともかく、パートナーとして、あまりに「美」にとらわれる男性は、どうかしら?

詠子:女性がそれを求めているのもあるし、男性のほうでも癒しや自分へのご褒美として求めているのね。
美恵:そんな時間やお金があるんだったら、読書や研修など、自己研さんに使ってほしいわね。

詠子・美恵:私たちは「お料理ができる男性」が「男らしくてかっこいい」っと思うけどね。

                           (中村 聖代)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-01 11:28 | ちまたで近ごろ流行るもの

『うみへいくピン・ポン・バス』

竹下文子著 鈴木まもる絵 


2004年 1050円
http://tinyurl.com/kpznkgu

・対象年齢:年齢に応じた読み方があるようです。
(読んでもらうには)2歳から
(自分で読むには)4歳ごろから大人まで 
     
 行楽の季節、バスに乗ってゆっくり景色を楽しんでみませんか。

<あらすじ>
 特急列車が終着駅に着きました。お客さんが大勢下りてきます。向うところは駅前のバスターミナルです。

 バスターミナルには赤、茶、黄、緑、青と様々な色のバスが並んでいます。

 一台のバスがエンジンをかけはじめました。もうすぐ出発です。「ブルルルン。プッシュウe0171960_11182281.jpg」ドアが閉まり、バスはゆっくり動きだしました。

 まず、商店街を走ります。「降りる方はボタンを押してお知らせください」

「ピンポン」パン屋の前で止まります。焼きたてのいいにおいがしてきました。踏み切りで停車します。先ほどの特急列車が通過しました。

 「ピンポン」止まっては走り、止まっては走り。徐々にまわりの景色が変化します。お店や建物が少なくなり、遠くに山が見えはじめました。

 坂道を上り、トンネルをくぐると、「あっ、海だ!」男の子が叫びました。他のお客さんたちも外を見ます。海がきらきら光っています。

 海辺の道を潮風と競争して、走ります。「ピンポン。」港のそばで、釣り人が降ります。「ピンポン」 男の子の家族が灯台入り口で降りました。

 「ピンポン」風景がとっても綺麗。絵本の停留所でも下車したくなりますよ♪

                               (浦田 ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-01 11:20 | 絵本この一冊

子供に安全な居場所を


9.27視点

子供と真剣に関わろう 

 現在 青少年による犯罪が増えています。
 そしてその子たちが判決を受け、その診断の多くに、広汎性発達障害、アスペルガー障害と発達障害が取り出されることが多い。(すべての青少年がそのような診断を受けるとは言わない)

 携帯の普及などに伴い、ライン・グリー・モバゲー、またテレビゲーム・・・昔と違い子供たちは、友達同士のかかわりの中での会話ではなく、ゲームの中、携帯の中での画面での会話が中心となり、人と人との関わりを持とうとはしていない。

 電車の中・バスの中・道を歩いていても子供たちは携帯を見つめている。家庭では、親たちは子供と友達のような感覚で接し、昔のように父親の尊厳というのは薄くなっているような気がする。

 家族で食事を一緒にとり、一日の出来事を話し合う。今そのような家庭はどれぐらいあるだろうか・・・

 いい高校に入るため、いい大学に入るため、毎日が塾通い、そこに子供たちにゆとりの心があるだろうか?

 家庭のぬくもりというものがあるだろうか?子供たちの安心できる居場所があるだろうか?子供たちは、そういう家庭の中、社会の中で生きづらさを抱えています。そして問題行動を起こします。

 親・教師・大人の人たちに関わってもらいたいから・自分を認めてもらいたいから・・・
 でもそのような子供たちを学校・社会は面倒だと阻害します。心から関わろうとしません。

 子供たちにとって悪循環の社会をつくろうとしています。発達障害児・者は、そのような環境の中で、社会・学校・私たち大人がつくりあげているのです。

 私たちは、子供たちと真剣に心から関わりを持ち、子供たちが安心できる居場所を作りあげていかなければいけません。

 安心できる居場所・ゆとりある場所 それをつくりあげることが、私たち大人に求められる今後の課題ではないでしょうか?

                             (奥田 久美代)
[PR]
by mako0491 | 2013-10-01 11:10 | 女の視点