わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

7.20 涼しい場所は

e0171960_1110599.jpg

[PR]
by mako0491 | 2012-07-27 11:11 | ©まんが

装飾的な死、驚きの結末



7月20日掲載

ミステリーの愉しみ



 『霧越邸殺人事件』
  綾辻 行人著  

新潮文庫 935円 
1990年

 霧越邸殺人事件ーある晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった…安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。

 密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとり―不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚がくの結末が待っていた。

 霧越邸に引き寄せられるように集まった劇団「暗色天幕」のメンバー7人とその友人と医師。そしてそこに住む不思議な住人。登場人物が揃い霧越邸での見立て殺人の幕が上がる。
 
 冒頭にーもう一人の中村青司氏に捧ぐーとあるように、綾辻行人は「館シリーズ」と呼ばれるシリーズを今まで9作品書いている。これはそのシリーズとは全く関係のない著作だが、あえて「もう一人のー」とうたっている。
 

e0171960_16495826.jpg
 さて綾辻行人は1987年「十角館の殺人」でデビュー。この「十角館の殺人」は乱歩賞に応募したそうだが、最初の選考で落選したそうである。 

 乱歩賞に応募したことはあまり知られていない話かもしれないが、わたしは直接、関係者から聞いたので本当の話だ。それもけちょんけちょんに貶(おとしめ)られ、無視されたようだ。

 で、落選はしたが出版され今までシリーズ化されて続いているという事は、乱歩賞の選考委員に見る目が無かったと言われても仕方のないことだ。
 
 さて「館シリーズ」9作品で一番好きなのは5作目の「時計館の殺人」で、このトリックは一言で言えるが、秀逸だと思う。ここで取り上げるのを「霧越邸」とどちらにしようか随分迷った。そして「館シリーズ」の探偵は島田 潔で後に島田荘司の島田と御手洗潔の潔をとり「島田 潔」としたと語っている。そしてその安直さを反省。現在はそれをアナグラムにした鹿谷門実を探偵としている。

  綾辻行人の奥さんはホラーで有名な小野不由美だが、もともと綾辻行人もホラー物が得意のジャンルだというのは知る人ぞ知る有名な話だ。

 本格+ホラーを否定はしませんが、「館シリーズ」での使用はしないでくださいね。コアな本格ミステリー命のファンの一人としてのお願いです。
                                              (阪井 俊夫)
[PR]
by mako0491 | 2012-07-24 16:59 | ミステリーの愉しみ

7.20付け
湯煙り私情

滝原温泉・ほたるの湯


 梅雨の晴れ間、目指したのは広川町にある「ほたるの湯」=写真。国道42線を一路由良町へ。この町には興国寺がある。径山寺(きんざんじ)味噌発祥の地であり、「虚無僧尺八」発祥の地ともいわれる。寺内は紫陽花の花がみごろ。道路標識には「門前」とあり、その名前すら郷愁をさそう。

 雨上がりのたたなわる山の濃密なみどり、おおいなる山容にさすが紀の国だと感動をおぼえる。この間まで竹の秋を広げていた場所は、今、鮮やかな緑のスポット。

 その自然豊かな山の稜線に巨大なプロペラが回り始めたのはいつから?何機もの風車は天空でゆっくり羽を回している。賛否両論にみちた彼らは、なにも知らなくて只、まわっているだけ。
これを見るたびに、立ってしまった、この風車を町おこしのツールとしては、顰蹙(ひんしゅく)をかうかもしれないな、と思いながらも、演劇に使えないかなと考えるのも楽しい。

 目的の温泉は周りを山と樹に囲まれ、滴(したた)る様な緑にくるまれた地にあった。
ほたるの湯とあるように、「この間まで蛍が飛んで、多くのお客さん来てくれたんですよ」と、スタッフは話してくれた。

 中は、清潔で泉質はアルカリ性低張性冷鉱泉。龍神温泉とおなじ肌触りのいい湯。露天あり、サウナありで楽しめるのもいい。
何よりいながらにして、森林浴を楽しめるような緑に囲まれているのが好き。温泉に入り疲れたら、お部屋を借りて一休み。
e0171960_16441276.jpg
 「近くのビオトープには今、大賀はすが咲き始めています」と親切に案内してくれる。
入れ替わり入ってくる近隣の人たちのうきうきした表情を見ていると温泉には、入る前から効用があるのかしらと、こちらも嬉しくなってしまう。

 自然と人が一体になって、安らぎをもたらし、心をも温めてくれた「ほたるの湯」。ロケーションとすれば最高の蛍の棲家であろうこの地域と深い山に魅せられたわたし。来年はぜひ立ち寄りたい場所にと脳のフアイルにおさめた。

                                                (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2012-07-24 16:47 | 温泉巡り
7.20付け
女の視点

 小さい頃、頑張ってお皿洗いをしたけれど、終わった後に、母にもう一度洗われたことがあった。今思えば、洗剤の洗い残しがあったのだろうが、しょんぼりした。

 「人に仕事を任せる」行為は簡単のようで難しい。自分で済ませた方が早いし、効率的。ましては、任せた手前、自分の思い通りにはいかない。

 さらに、大人の場合は人間関係も絡み複雑になる。会社には、今も昔も、仕事の権限にしがみつく上司、他人のやること全てに反対意見を言う上司や先輩が存在し、不満を抱える部下も多い。

 さて、先日、和歌山市から母子手帳の父親版「父子手帳」をいただいた。和歌山市の父子手帳は乳幼児の実践知識や妻や子どもに対する心得がふんだんに紹介されている。

 さらに、子どもの節目の写真やメッセージが記入できる冊子付。子どもが二十歳の時にプレゼントできるよう、工夫されている。このような父子手帳は様々な地域で発行され、プレパパが自然にイクメンになれるように一役買っている。

 しかし、妻の方ではいまだに「夫に家事を任すことができない」という声も不思議と聞く。自分のやり方のある皿洗いや洗濯もの干し、夫と子どもだけでの外出などなど。

 もちろん父子手帳などで教育を受けていない人の方がまだまだ多いし、気が利かない節もあろう。が、会社では「仕事を抱え込み不機嫌」になる先輩も、「任したといいながら、いつまでも細かく口を出してくる」先輩も迷惑に感じていたはず。頑張れば頑張る程、自分の首を絞めている事ほどつらいものはない。

 幸い、和歌山市では8月8日を含む1週間を 「パパウイーク」としている。何事も失敗しながら上達するのは世の常。多少の失敗ぐらいでは、子どもが命を落とすことは稀だ。この機会に父親に子どもを任せてみよう。もっと自由に、もっと気軽に。もちろん、理想の先輩は分かっていますもんね。

                                                (浦田ひろみ)
[PR]
by mako0491 | 2012-07-24 16:41 | 女の視点
7・20付けあたま記事
NPO法人 Mi-kumano


 このほど紀伊由良町にある白崎青少年の家で「まちびと学会」(人づくりや地域づくりに関する実践事例の発表と情報交換会)が開かれた。その一つに、熊野古道における、外国人向けのライセンスガイド・ボランティアガイドの両方を擁するNPO法人「Mi―Kumano」=ミ・クマノ(代表楠本晴美さん)の発表が興味を引いた。エリアマネージャーの出石美佐さんの話を基に、現在の活動ぶりと今後の課題などについて考えた。
  (中村 聖代)


 【信仰と修行の道】
 熊野古道とは、ひとことで言えば、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称である。2004年7月ユネスコ世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録された。

 「道」が登録されているのは現在では世界で2つー「熊野古道」とスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」(キリスト巡礼)の道である。古今東西ひとを惹きつけてやまない参詣道。単なる「社寺と道」ではなく、あくまで『信仰の霊場と修行の道』なのである。

 【百人超す人名乗り】
 日本のみならず世界で注目を浴びるようになった熊野古道だが、「世界遺産に登録された当初は外国人向けガイドが皆無だった」と出石さんは言う。

 そこで、外国から来た観光客が安心して訪れることができ、また県外から来た人たちに熊野の良さや価値を正しく伝えることが地域の活性に繋がると考え、自分たちがガイドとなり、またガイドを養成しようと、地元の有志が中心となってグループを作った。

 【関心の高いスタート】
 明治大学で実施している「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」の一環として、新宮市において 外国人向け観光ガイドを目指すプロジェクトが起こったのは2008年のことである。50名の募集のところ、100名を超す人たちが名乗りをあげた。 

 2006年にNPО法人としてスタートしていた「Mi-Kumano」は明治大学の講座に講師派遣という形で運営に携わり、講座修了後はさらに学びたい人たちの受け皿として多くの卒業生を受け入れたのだった。
「結果、ガイドを真剣に志す会員が増え、Mi-Kumanoにとっては一つの転機となりました」。

 【ガイドに2種類】
 ガイドは、難関な国家試験を突破した通訳ガイド(ライセンスガイド)と、ボランティアガイドの2種類がある。限られた時間で歴史的背景、文化、宗教をわかりやすく、きちんと説明するのは本当に大変な仕事である。  
 熊野古道の場合、英語力だけでなく、安全に歩く山の知識、体力が必要だが、県外のプロにそれを求めるのは難しい。
 そこで熱のあるボランティアガイドが出番となる。熊野をこよなく愛し、地元の活性化を真に願う人たちでなければできないことだからだ。

 今年から和歌山県地域限定ガイド制度がスタートする。この制度が導入されると、今Mi-Kumanoでボランティアガイドとして活動している人たちのほとんどが地域限定ライセンスガイドとなり、有償でガイド活用ができるようになる。
「和歌山県が観光立県として、一つの産業として観光を推進していくのであれば、ガイドという職業を、趣味や片手間ではなく、自立可能な職業にまで高めることが今後とても大事になってきます」と出石さんは言う。

 【実践のなかで学ぶ】
ここでは、海外からの旅行者たちの国際感覚を身に着けることができるだろう。わざわざ遠い外国から東洋の辺境の地まで時間とお金をかけて来ているのだから、真の国際理解や交流が実現出来るまたとないチャンスといえないだろうか。
彼らが何故熊野まで参詣にくるのか・・「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に行くカトリック信者への理解も必要かも知れない。

e0171960_16134038.jpg

 出石さんは今後の取り組みなどについて、次のように語る。
 「和歌山には人を呼び込むために莫大なお金をかけて何かを作らずとも、存在自体が人を惹き付けるすばらしい遺産があります。
 熊野が何故千年以上の時を超えて今なお人を呼ぶのか、それは熊野が単に自然が美しいだけの場所ではなく、特別な空気が流れているからだと私は考えます」。

 「“訪れることによってその人が元気になる”、“人が訪れることによってこの地域が元気になる”、私はそのお手伝いができればと思い日々活動しています」。
 「紀北の方でも一緒に活動をしてくれる人を募集しています。月1回のペースで研修も行っているので、興味のある人はホームページを見てください」。
http://www.mi-kumano.com/
[PR]
by mako0491 | 2012-07-24 16:17 | アタマ記事

霧越邸殺人事件

 
7月20日掲載

ミステリーの愉しみ

P付き

 『霧越邸殺人事件』
  綾辻行人著  

新潮文庫 935円 
1990年

 霧越邸殺人事件ー或る晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった…安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。
密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとり―不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚愕の結末が待っていた。
 霧越邸に引き寄せられるように集まった劇団「暗色天幕」のメンバー7人とその友人と医師。そしてそこに住む不思議な住人。登場人物が揃い霧越邸での見立て殺人の幕が上がる。
 冒頭にーもう一人の中村青司氏に捧ぐーとあるように、綾辻行人は「館シリーズ」と呼ばれるシリーズを今まで9作品書いている。これはそのシリーズとは全く関係のない著作だが、あえて「もう一人のー」と謳っている。
 さて綾辻行人は1987年「十角館の殺人」でデビュー。この「十角館の殺人」は乱歩賞に応募したそうだが、最初の選考で落選したそうである。 
乱歩賞に応募したことはあまり知られていない話かもしれないが、わたしは直接、関係者から聞いたので本当の話だ。それもけちょんけちょんに貶され無視されたようだ。
で、落選はしたが出版され今までシリーズ化されて続いていると云う事は、乱歩賞の選考委員に見る目が無かったと云われても仕方のないことだ。
 さて「館シリーズ」9作品で一番好きなのは5作目の「時計館の殺人」で、このトリックは一言で云えるが、秀逸だと思う。ここで取り上げるのを「霧越邸」とどちらにしようか随分迷った。そして「館シリーズ」の探偵は島田 潔で後に島田荘司の島田と御手洗潔の潔をとり「島田 潔」としたと語っている。そしてその安直さを反省。現在はそれをアナグラムにした鹿谷門実を探偵としている。
 綾辻行人の奥さんはホラーで有名な小野不由美だが、もともと綾辻行人もホラー物が得意のジャンルだというのは知る人ぞ知る有名な話だ。
本格+ホラーを否定はしませんが、「館シリーズ」での使用はしないでくださいね。コアな本格ミステリー命のファンの一人としてのお願いです。
     (阪井 俊夫)
e0171960_15141654.jpg
[PR]
by mako0491 | 2012-07-10 15:15 | ミステリーの愉しみ
7月6日
女の視点



 「俳句でゲームしよう」の投げかけに、子供たち「俳句ってなに?」
ルールは5・7・5の17文字しかつかえないこと。今の、季節のものを1つだけ入れること。これだけの言葉に、柔軟な子供の脳は大きな反応を示す。

 ゲーム化した俳句にお叱りを受けるかもしれないが、興味あるものに食指が動くのは大人も、子供も同じ。後は子供の心の中にある言葉と、言葉の響きを引きだせばいいと。
季節感が薄れ、旬さえもわからない大人の中で育つ子供の中に、ふとした会話の中に輝く言葉を見出した時、子供の表現力に笑ったり、励まされたりした事ありませんか。
子供から与えられるだけでなく知恵や知識、経験を経てきた大人が、なすべきことは精神生活を子供の時から、援助する事と思っている。

 子供の吸収しようとする心の中に、日本の美しい四季の移ろいと言葉をさりげなく教え、できる限り楽しく過ごさせるには、俳句という文学を媒体に手助けしていけたら、それは私自身の楽しみであり、仲間となった子供たちへのプレゼント。

 今の日本語の乱れは語彙の少なさと共に、感動するという感情の希薄さも手伝って、意味のつながらない若者語?が蔓延している。

 そんな中、今一度日本語の美しさと共に自然の美しさを、
感性豊かな言葉が溢れるほどあるという事を伝えればどんなにいいだろう。
言葉を紡ぎ創作するにあたり環境を整える手段として「俳句」があるではないかと。

 子供の目にする感動を少しでも手助けできるなら子供自身の世界で、言語、コミユニケーション、習慣を習得するだろう。
 子供たちの感性とエネルギーを、私自身も吸収しながら、俳句から日本文学と言葉の文化を、いま一度振り返ってみたいと思っている。
                                 (岡本 炎弥子)
[PR]
by mako0491 | 2012-07-03 17:49 | 女の視点

7.6付け

絵本
p付き

『だいじょうぶ だいじょうぶ』

いとうひろし著 
講談社 1995年 1050円
http://tinyurl.com/7k92ps7

・対象年齢:年齢に応じた読み方があるようです。
(読んでもらうには)5歳頃から
(自分で読むには)小学生から大人まで 
     
実は大人のほうが言ってもらいたい言葉かもしれません。
私たちも絵本のように暖かく包まれていた時期はあったんですよね。
ほっこり思い出して、言えたらいいですね♪ 「大丈夫 大丈夫」

<あらすじ>
主人公の男の子が小さかった時、主人公のおじいちゃんは今よりもずっと元気でした。
男の子は小さい頃、おじいちゃんと毎日のように散歩を楽しんでいました。
散歩ではおじいちゃんといろいろな話をします。
わけもなく殴る子がいて困ること。空から飛行機が落ちてこないかと、心配に思うこと。このまま大きくなれそうにないと落ち込むこと。
そんな時、おじいちゃんは男の子の手を握り、おまじないのようにつぶやくのでした。
「だいじょうぶ だいじょうぶ。」

「このよのなか そんなに わるい ことばかりじゃないって。」
男の子とおじいちゃんは何度この言葉を繰り返したことでしょう。
おじいちゃんの暖かさや優しさ、安心感に包まれて男の子も大きくなりました。
だから今度は僕がおじいちゃんに言う番になりました。
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
(浦田ひろみ)

e0171960_17455979.gif
[PR]
by mako0491 | 2012-07-03 17:47 | 絵本この一冊
新コラム 女性とお酒

 女性がお酒を飲む機会は格段に増えている。このコーナーでは、お酒にまつわる人間関係や恋愛など様々なエピソードを取り上げる(随時掲載します)


 女子会で好まれる飲み物は?とサントリーが20―30代の女性にグループインタビューしたところ、「見た目がかわいいカクテル系」が1位で57.7%(複数選択方式)。
 2位がチューハイやサワーの54.6%。3位が梅酒・果実酒。続いてビール・発泡酒となり、ワインはなかなか出てきません。

 ところが、クリスマスや年末になると、女子会で「これを飲むと気分が上がる!」と思うドリンク1位は「スパークリングワイン・シャンパン」が51.8%で一番多い結果になります。「ちょっとぜいたくな気分になる」、「普段の飲み会では飲まないスペシャル感があるから」といった理由で「スパークリングワイン・シャンパン」を選択している人が多いようです。

 ちなみに、フランスのシャンパーニュ地方で製造されたスパークリングワインのみがシャンパンと名乗ることを許され、シャンパーニュ地方以外で製造されるものはすべてスパークリングワインと呼ばれます。

 満月の夜に、氷を入れたロゼワインを飲むと異性にモテるらしいーという噂について。  
月というのは元々不思議なパワーを持つと言われます。お月さまのような丸い氷と桜色のロゼワインの美しい組み合わせ。
 でも何故、ロゼなのか?赤ワインの方が女性として魅惑的な感じがするし、ロゼよりも燃えるような恋ができそうなイメージなのに―赤を飲んでいるのは大人な雰囲気が漂っている女性。恋愛に手馴れていて、下手をすると手玉にとられてしまうようなイメージが男性側にあって、ロゼを飲んでる女性の方が親しみやすく、話しかけやすいとか。

 女性が美しい氷入りロゼを飲むとテンションが上がり、表情が豊かになる。そして、男性からすると話しかけやすく好感度があがる。完璧な相乗効果といえるのではないでしょうか。 
 ひとりで飲むときは、ロゼに氷を入れてもらいましょう。誰か素敵な男性が話しかけてくれるかも。
            (中村 聖代)
e0171960_17432513.jpg

[PR]
by mako0491 | 2012-07-03 17:43 | 恋愛模様

和歌山の国際協力の課題

7月12日付け 
国際協力、新たな切り口で



 和歌山の国際協力について、やや停滞状況にある現状を脱して、活気のあるものに変えていくにはどうしたら良いか。「県NPOサポートセンター」とNPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」が共催する研究会「紀望塾」で野村美里さん(JICA国際協力推進員和歌山デスク)の発表を聞き、議論した。「若者が集まりやすいお洒落な場・企画を」「グローバル人材に活躍の場所を」など様々な提案も出された。
                                                 (須藤 宥子)

 県民の意識低い?
 和歌山県人の国際協力マインドはどの程度なのか。これについて、野村さんは1つの指標として、青年海外協力隊などJICAボランティアの人口当たり派遣数を示す。この数では、1万人当たり2・5人弱で全国47位と最下位。ちなみに1位は島根県の4・5人。鹿児島、鳥取県などが上位に。

 シニアが積極的
 最近、開かれたJICA海外派遣の説明会では、シニアの方が積極的で30人以上と、若者の15人を上回った。
和歌山県人は、移民など昔から海の向こうに出ていく気骨があったのに、そのDNAが失われているという意見もある。
さらに環境的要因として、「和歌山県は居心地がいい」「貯蓄率が高く、比較的裕福」「在留外国人が少なく、世界の事を考えるきっかけや情報が少ない」などが挙げられる。

 アジアンレストラン
 メンバーの中から「和歌山にいる外国人との草の根の交流が少ないのが問題」という意見が出た。その打開策として、野村さんは「お洒落な国際協力」を唱える。若者が集まりやすい場所で、堅苦しくない交流の中から、新たなネットワークを生み出したいと考える。
 具体的に、こんな企画を考えているメンバーもいる。ベトナム料理など軸にしたアジアン料理を提供する「コミニティ・レストラン」を、現実に実現したいと、計画を練る。
 そこではお国料理が得意な留学生が腕をふるったりして、さまざまな国の若者が心を打ち解けて、交流を促進するスペースになる。
 
 国際交流カフェも
 イベントでは和歌山県国際交流センターが月一回行っている「インターナショナル・カフェ」=写真=が定着しつつある。
 例えば7月15日の会の案内では「色々な国の人とお茶をのみながらいろんな言葉で話してみませんか。今回は、南カリフォルニアの大学生2名をゲストにお迎えします」
「ガネーシュ・ギリさんによるインドの伝統舞踊とムービーダンスもあります。ムービーダンスをいっしょに踊りましよう、インドの食べ物、飲み物も」といった楽しそうな内容だ。
 こうした会は月1回でなく、常設のコミュニティレストランやカフェができれば、日常的に交流会が開けて、異文化を知る良い学習機会になるだろう。

 就職の場が少ない
 グローバル人材を生かす雇用の場が和歌山には少ないのが悩みの種だ。
 青年海外協力隊を2年間経験して、帰ってきたときに、次の仕事を見つけるのが一苦労だ。
 米国では「ピースコープ」(平和部隊)を体験してきた人が、すぐ企業などに職を見つけられるのと対照的である。全国的には「独創的で実行力もあり、戦力になる」と、採用を増やす企業が増えている。和歌山の経営者、人事部門担当者の意識変革が求められるーーとの辛口の意見を言うメンバーもいた。

 教育に取り入れ
 野村さんは北山村小学校などで、自身のキルギスでの協力隊体験を話すと、「子どもたちは目を輝かせて聞いてくれる」という。県下の小中学などへの「出張講義」も大いに役立つ。
 e0171960_17145161.jpgさらに大学の授業にも国際協力の分野を取り入れることで、若い人材を育てることも必要になってくる。


 <国際協力推進員の役割>
 JICA(国際協力機構)と地方自治体などとのパイプ役。
 国際協力推進員は、JICAが実施する事業に対する支援、広報活動の推進、自治体の国際協力事業との連携を促進するために、自治体が実施する国際協力事業の活動拠点に配置している。
 JICA事業に対する市民参加などの促進を図る業務を行っており、構成メンバーは、青年海外協力隊または日系社会青年ボランティアのOB、OGである。
[PR]
by mako0491 | 2012-07-03 17:15 | アタマ記事