わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

カテゴリ:健康ナビ( 15 )

妊娠と癌のお話

すぐにあきらめず、正しい知識と情報を得よう

e0171960_19235270.gif

A美:市川海老蔵さんの奥さんである小林麻央さんが進行性の乳がんだと公表してから1年近くなるわね。

B子:あの時はすごくショックを受けたわ。


A美:海老蔵さんも麻央さんもブログを更新して立派ね。

B子:麻央さんは既に子どもが2人いるけど、妊娠しているとわかった時に癌が見つかり、子どもをあきらめた友人がいるの、お気の毒ね。


A美:出産を勧めないお医者さんが多いと聞くけど、すぐにあきらめてはダメよ。そういった人たちでも子どもが産める方法など研究が進められているのよ。

B子:出産、授乳が癌に何か影響を与えるということはないの?


A美:出産や授乳そのものによって癌が進行したり、再発することはないらしいから、その点は安心できるわね。ただ、レントゲンやМRIは、胎児の発育が盛んな妊娠前期には奇形などの原因となるから、安定期に入るまでは行われないことが多いわね。超音波検査や生検などによる細胞診、マンモグラフィなどの検査は行えるようよ。

B子:抗がん剤治療や手術時の麻酔はどうなのかしら?


A美:これも妊娠前期にはダメみたい。それから放射線治療やホルモン療法などは、どの周期でも胎児に悪影響が出るので出産後に行うらしいわ。

B子:妊娠の周期によって、また癌の種類や進行ぐあいによって検査や治療が異なるのね。家族もそうだけど、お医者さんとしっかり相談したいわね。ところで、高齢出産が増えているので乳がんの発生率も高くなっていると聞くけど?


A美:高齢出産には「リスク」ばかりが取りざたされているけど、さまざまなメリットがあるという研究発表もあるのよ。例えば子宮体がんの発生率の低下(米国の国立がん研究所の発表による)。25歳以前の女性を基準にすると、ママになった年齢が30歳だと13%のリスクの低下、40歳だと44%のリスクの低下がある。その他の年齢層でも高齢になるほど子宮体がん発生のリスクの低下がみられたそうよ。また、妊娠中に分泌され続ける「プロゲステロンホルモン」にガン抑制作用があるということも判明しているの。


B子:難しいことはよくわからないけど、妊娠中に癌と分かってもすぐにあきらめるのではなく、正しい知識と情報を得ることが何よりも大切ね。

   (中村 聖代)


[PR]
by mako0491 | 2016-11-24 19:28 | 健康ナビ

前立腺がん生検の顛末記

腫瘍マーカー陰性だったが・・・
e0171960_1857361.jpg
 男の沽券にかかわる話?いえいえ股間にかかわる話です。男性も50代半ばを過ぎてくると、検査をしたほうがいいよって言われるのが前立腺がんの検査です。

 今年の初め、私も人間ドックに行ったとき初めて、前立腺の腫瘍マーカーをオプションで付けました。その結果が、組織をとって検査をする生検への誘いでした。他人事だと思っていた私にとっては強いショックを受けました。

 担当医から、生検は早い方がいいです。いつしますか?私には受けるか受けないかの選択の余地が全くなかったのです。

 ネットで調べたら、生検のことは詳細にわかると思ったのですが、小心者の私は調べる勇気もなく悶々としながら、入院の日を迎えました。生検の前日に入院して、体調を整えてという感じでした。男性の看護師さんだったので男同士で聞きやすいこともあって生検の内容をいっぱい聞きました。

 処置室を見ておきましょうと言われて、案内してもらった部屋を見て、「これは、妊婦さんが出産の時に座る台…」両足を大股で広げて、股間が丸見え…ううう、恥ずかしい…隣にいる男性の看護師さんに「明日は付き添ってくれるのですよね?「明日は間違いなく女性の看護師さんです。」

 「ううう…沽券にかかわる、いえいえ股間にかかわるではないですか…」「大事な検査ですから頑張りましょう」とあっさりとかわされました。

 生検の直前にお尻に大きな穴の開いたパンツに履き替えて、尾骶骨あたりに麻酔の注射を打たれて、あの台に座りました。股を広げるのは身体がとっても硬い私には苦痛でした。前立腺あたりの細胞を10か所取って、その結果は全て陰性でした。

 良かったと思ってにこやかな表情を先生に向けた瞬間、「たまたま悪性でないところを取ったかもしれません。腫瘍マーカーの検査は毎年1回はしてください。より高い数値になっていましたら、また生検しましょう。」と言ってニコッとしました。また生検…身体を守るために男の沽券にかかわる話?いえいいえ股間に関わる話はこれからも続いて行きそうです。
                          (森下 和紀)
[PR]
by mako0491 | 2016-08-27 19:04 | 健康ナビ

12.5日掲載

 私の家庭のある日の献立です。

 朝食:目玉焼き2個、ベーコン2枚、ブロッコリ塩茹、寒天ゼリー、ぶつ切りキャベツ&マヨネーズ、牛乳200ml。

 昼食:鮭塩焼き、ネギ入り卵焼き、ゼロ甘味料使用鶏モモ照り焼き、インゲンの胡麻和え、枝豆塩茹で、ウインナーソテー、ごはん100g、こんにゃくゼリー、麦茶。

 夕食:豚ロース生姜焼き、玉葱ソテー、ブロッコリの芯ともやしと豆腐のお味噌汁、ほうれん草のおひたし、海老ときのこの茶碗蒸し、麦茶。
e0171960_1238458.png
 効果は直ちに現れました。長男の体重が減少するとともに、動作が軽快になりました。しかし、私が驚いたのは、子供がみるみる成長し始めたことです。妹の世話を始めたり、友達に関心を持つようになったり、この糖質制限に積極的に関わってきたり、こんなことは、13年間で初めての事で、急激な成長に私びっくりしました

 そして、私が最も驚いたのが、自傷行為の激減です。失敗しても、邪魔をされても叱られても、全くキレなくなったのです!

 わが子の表情には、今まで見たことのない“余裕”が感じられます。反省したり、考えて解決策を見出したり、一歩引いたり謝ったり。そして妹をやさしく諭したり、私たち大人を労わったりと、以前の彼とはまるで別人なのです。

 「食育」という言葉が流行って数年、私達は健康的な食生活と生活習慣について既に無関心ではなくなっていますが、溢れる情報の渦に巻き込まれ、間違った常識がまかり通っているような気がします。

 少なくとも私の知る限り、「糖」がイライラの原因。脳の発達に関するなんらかの異常が発達障害とするならば「糖断ち」が脳に効いていると信じざるを得ません。「糖断ち」は正に私たちの救世主なのです。

                                           (梅木 智子)
[PR]
by mako0491 | 2014-12-06 12:47 | 健康ナビ
11.21日掲載

 炭水化物与えすぎていた

 わが子は高機能広汎性発達障害、別名アスペルガー症候群。この障害を持つ子の特徴のひとつが「動作が不器用」「運動音痴」。実際、自転車も乗れずまっすぐ立っていられません。 

 運動量が少なすぎる為、代謝は極めて低く、今では体脂肪率が40%を超える肥満児です。

 中学では特別支援学級にお世話になっていますが、幼児向けアニメに没頭し、自分の思い通りに事が運ばないとパニックになり叫びながら逃げ出し、自分の頭を殴ったり、壁に叩きつけたりします。「失敗」が異常に怖くて、泣きながらどこかへ隠れてしまいます。

 以前、私は「キレるのは砂糖の摂りすぎ」と聞いたことがありました。でも、料理に砂糖はあまり使わないし、おやつは甘くないスナック菓子やポテト菓子、ジュースは100%オレンジジュースだけと決めていたので、長男が砂糖の摂りすぎだとは全く思っていませんでした。

 そして毎日の“育ち盛り男子用”弁当には1.5合のごはんをぎゅうぎゅうに詰め込み、帰宅後はすぐにおやつ、寝る前にオレンジジュース。一日の食事3食とおやつ以外に小腹が空いた時は「お菓子よりおにぎり」、旅行先のランチでは「とんかつ定食よりきつねうどん」で、我が家の食生活はとってもヘルシーと思い込んでいたのです。

 これがとんでもない勘違いだったとは!!

 『平穏死・10の条件』でベストセラーになった、尼崎市の長尾和宏医師は、「落ち着きのなさ」「自分を責める」「思考力や集中力が低下する」時は、砂糖をやめなさいと忠告されています。

 「砂糖をやめなさい」の「糖」は「砂糖」の事ではなく、もっと広義の「糖」だったのです。そう、「炭水化物」が真犯人でした。私はなんと恐ろしい事をわが子に強いてきたのか…

 この子を救うのは私しかいない!こうして私たちの「糖絶ち」が始まったのです。

                                                     (梅木 智子)
[PR]
by mako0491 | 2014-11-19 20:57 | 健康ナビ
7.18日掲載

消化にやさしく、栄養もあります


 アーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学)では季節の移り変わりの中で、1年を通して体力の強くなる時期と弱くなる時期があるとしています。ちょうど12月中ごろの冬至の頃に体の機能が最も高く、冬至をピークにして次第に低下していき、6月中ごろの夏至の頃に体の機能は最も低下します。

 梅雨や台風のシーズンは、体力、消化力などの身体の機能が低下している時期なので、お腹にやさしく体を冷やさない煮物などのあたたかい食事がおすすめです。

 また梅雨時は細菌などが繁殖しやすく、食中毒の心配もありますが、根本的には、体力の衰弱や3つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)のバランスが崩れていることが原因ですから、毎日の食事に薬味やスパイスを少し取り入れてみることで予防できます。

 とても簡単なことですが、もともと身体に備わっている自己防御機能を薬味やスパイスが程よく刺激してくれることで、身体の調子が自然と調うのです。

 そこで忙しくてもすぐにできて食欲をそそるスパイシーなおかゆを紹介します。
インドのおかゆはKITCERI(キチュリ)といって、パンチャカルマという浄化療法の後に病院で出される、消化にやさしく栄養のあるものです。ですから体調の調節がしにくい春から梅雨の時期にはぴったりのおかゆです。消化力に合わせてギー(牛乳が原料の純粋な油)を加えたりスパイスの種類を調整します。

 気をつけることは、美味しいからといって食べ過ぎないことです!お腹一杯のちょっと手前で止めましょう。これが一番難しいかもしれませんね(笑)

<簡単!インドのおかゆ>
[材料] 2人分
米       3/4カップ
ムング豆    1/4カップ   
(米とムング豆は同量でもよいです)
水       6カップ
生姜スライス  2枚
ターメリック  小さじ1/2
クミンパウダー 小さじ1/4
クローブ    3個
黒こしょう粒  3個
塩       小さじ1/4

[作り方]
1 米とムング豆は洗ってザルにあげておく。
2 厚手の鍋に分量の水を入れて強火にかけ、沸騰したら塩以外の材料を全て入れる。
3 再び沸騰したら弱火にして15分ほどコトコト煮る。
4 米が柔らかくなったら塩で味を調えて蓋をして10分蒸らす。

 (アーユルヴェーダ料理教室「鞘sa-ya 」主催 坂口 靖子)

[PR]
by mako0491 | 2014-07-21 18:54 | 健康ナビ

食の大切さを学んで

7月4日掲載
 
子供の予期せぬ病を機に

 生後7ヶ月になる次男に卵とじのうどんを食べさせていた時のこと、食べ始めて間もなく、顔にポツポツと蕁麻疹のようなものが出て、唇がみるみるうちに腫れあがり顔色も良くない、呼吸も苦しそう・・・危ない予感・・ 慌てて病院へ行き、どうにか一命をとりとめました。

 先生から「卵によるアナフィラキシーショック」との説明を受けまさかの大ショック!上の子達は何もなかったのに・・3人目の離乳食、自信満々で与えた食事でわが子の命があぶないなんて・・「ごめんね ごめんね」と、か細い腕に点滴中の子供にあやまりながら、食について無知だった自分に猛反省。

 これ以降、卵がアレルゲンの次男は幼稚園卒業まで「卵は除去」の支持に従うため、家族も出来るだけ合わせることになり、わが家の食生活は大きく変わることになりました。
 
商品の原材料チェックは念入りに、パンや加工食品・おやつ類は多くに卵が使用されているため、手作りに切り替え、外食も控え気味になりました。

 また、女子栄養大学の通信教育を利用して栄養学や調理技術も学びました。食事は美味しく楽しくがモットーのわが家にとって食事担当の私は孤軍奮闘の毎日でしたが、一日に何をどれだけ食べればよいのか 食生活の大切さが少しずつわかるようになると、子供達の日々の食生活を担うことは、彼らが生涯健康で生き抜くための身体の基礎作りを支えることであり、私にとって実にやりがいのある業であると思いました。

 そして、待ちに待った卵解禁日、先生からは大丈夫と言われながらも不安でドキドキでした。

 あれから20余年、社会人の次男は兄弟中で一番の元気物。もちろん家族も全員すこぶる元気印の毎日です。

 『良薬は口に旨し、食に敵う薬なし』の心持ちで、美味しい楽しい食生活は現在も進行中です。

                                   (松崎 博子)
[PR]
by mako0491 | 2014-07-04 14:02 | 健康ナビ

腰痛どう予防<下>

6.6掲載
ストレスも大きな原因


ウシュトラアーサナ(ラクダのポーズ)で腰の筋肉強化を図る ↓
e0171960_1605077.jpg

 
 腰痛は事故や筋肉疲労などの器質的要因ではなく精神的ストレスが深く関わっているとも考えられています。

 例えば、人はストレスを感じると、ストレスに対応するため、アドレナリンなどのホルモンを分泌させ、身体を警戒態勢にします。

 アドレナリンは身体活動を高めるため、血管を収縮させて血圧を上げます。ストレスが続くと、アドレナリンは収まらず血管は縮んだままで血流が悪くなります。

 そこで凝り固まっている腰の血流が悪くなり細胞に栄養や酸素が十分いかなくなり軽かった腰痛が段々悪化するという事になります。

 身体のケアをしながらストレスマネージメントをしてストレスと上手に付き合っていくことも腰痛を改善するのに必要なのです。

 ではここで簡単にできる腰のアイソメトリック運動ウシュトラアーサナ(ラクダのポーズ)をご紹介します。

 まずバランスよく背筋を伸ばして膝で立ちます。両手を後ろに回して腰の後ろに手の平を置きます。腰は少し反らします(腰の痛い人はそらさなくても構いません)。

 首は少し天井の方向に向けますが、無理に首をそらす必要はありません。目を閉じて一度大きく息を吸って”あー“といいながらゆっくり息を吐きながら腰は後ろに出す、手の平はそれを押し返す、腰と両手で押し合いっこをします。この時半分の力で押し合いましょう。

 息を吐き終わったらゆっくりと手を解放して座り、膝に手をおいて目をつぶったまま3呼吸ほど休みます。休む事が重要です。これを5回~8回繰り返します。

 もちろん立ったままや、声をださずにすることもできますので仕事の合い間など前かがみの姿勢が続いた時にぜひやってみてください。

 但し、押し合っている間は必ず呼吸を止めずにおこないましょう。運動とストレス解消することで腰痛と上手に付き合っていきましょう。
                        (ヨガシャンティ主宰・神谷 弥生)
[PR]
by mako0491 | 2014-06-03 16:06 | 健康ナビ

腰痛どう予防<上>


5.23掲載

腰回りに良い筋肉を
インド医学アーユルベーダによる腰の治療の様子↓e0171960_1221819.jpg

 腰痛の原因には、事故などによる後遺症、同じ姿勢などを繰り返して起こる筋肉疲労からの血流障害、ヘルニア、腫瘍、感染症などがあります。

 前かがみの作業が多い人は、体重の10%と言われる頭部を支える為に大きな負担が腰にかかります。腰の周りの筋肉の運動不足や腰を使った同じ姿勢での作業を続ける事により筋肉は弱まり、その結果筋肉疲労、血流障害が起こり、腰痛を引き起こします。

 軽減、予防はどうすればいいのでしょうか?コルセット使用がお勧めです。しかし病院や薬局で購入できるコルセットではありません。自分で作るコルセットです。腰周りに良い筋肉をつけましょう。良い筋肉とは普段は柔軟で、いざというとき強固になる筋肉です。

 ヨーガなどでよく使われるアイソメトリック運動(自分の身体を使って押し合ったり、引っ張り合ったりする等尺運動)をすることによって無理なく柔らかい筋肉を作る事ができます。アイソメトリック運動は自分の身体で負荷を調整しながら行うので安全かつ効果的に行うことが出来ます。

 後ろに反る姿勢や捻る姿勢は意識しない限りあまりすることはないと思います。動かす事のない筋肉を負担の少ない運動で鍛える事により血流、筋肉量を増やす事が大事です。

 痛みがあるからといってコルセットをして腰を動かさないと、さらに血流が悪くなって筋肉が弱くなる場合もあります。背中をそる運動やアイソメトリック運動などで腰の筋肉をつけて腰痛のない生活を手に入れましょう。

                      (ヨガシャンティ主宰・神谷 弥生)
[PR]
by mako0491 | 2014-05-27 12:33 | 健康ナビ
14.4.25掲載

心身ともに元気に

 私は和歌山市、橋本市、紀の川市を中心にヨーガを指導させて頂いています。私の教室には18歳~83歳まで幅広い年齢の方がヨーガの教室に来られていますがほとんどの生徒さんは女性の方で男性の生徒さんは全体の1割もいらっしゃいません。
e0171960_15344499.jpg        
                            →写真はインドのヨーガの指導者

 男性の皆さんはどのようにご自分の身体のメンテナンスをされているのでしょうか?

 便利ではあるが複雑になってきている現在の社会で男性が働く事は容易ではありません。
 周りの状況はめまぐるしく変化し、その変化に対応しなければなりません。意識はいつも外側に向いているので自分の身体の感覚や感情の変化など感じる間もなく働かなければなりません。

 また過度のストレスを感じていると失体感症(身体の感覚が感じられなくなる)や失感情症(感情の気づきや表現が困難になる)を引き起こし、疲労しているのに疲労感を感じなかったり、過度のストレスがあるのにそれに気づかずに日々を過ごしている結果、肉体、もしくは精神の限界を超えて身体疾患や鬱病を発病するということになってしまうという事も少なくありません。
 
 働き盛りの男性の方は交感神経優位の方が多く、その状態はまさに止まっているのにエンジンをかけっぱなしの車の状態によく似ています。身体は止まっているのにも関わらず神経は常に激しく動いています。車の場合だとエンジンが耐えられなくなり壊れてしまいますが、人間の場合は自律神経の動きが正常に働かなくなります。その結果心身症になり原因のわからない腰痛、肩こり、または慢性疲労に悩まされることになるかもしれません。

 しかし、適切なヨーガを行う事で外に向いている意識を内に向けることが出来ます。目を閉じて普段は感じない身体の微細な感覚や呼吸を感じることで自分の今の状態を客観視する事が出来るようになり、またヨーガのアーサナ(ヨガのポーズ)を用いて身体に緊張と弛緩を繰り返す事で身体全体の筋肉をまんべんなく鍛えると同時にリラックス度を上げ副交感神経優位にすることが出来ます。

 副交感神経優位になっていくことで自律神経も正常な働きを行う事が出来ます。

  働き盛りの男性の皆さん。これからも心身共に元気に働く為にヨーガを騙されたと思って始めてみてはいかかでしょうか?

                                 (ヨガシャンティ主宰・神谷 弥生)
[PR]
by mako0491 | 2014-04-22 15:45 | 健康ナビ

白湯で生き生きと

14・2・21掲載

「アーユルヴェーダの料理」

 アーユルヴェーダと言えばおでこにオイルを垂らす美容法?とイメージされる方が多いのではないでしょうか?

 アーユルヴェーダは5000年以上も前から伝わるインドの伝承医学です。
 シンプルに「自分らしく幸せな人生を送ること」を目指して、病気の治療だけでなく、心と精神の健康や、毎日の過ごし方に至るまで丁寧に示してくれています。

 すべての人間は生まれながらにしてヴァータ(風の質)、ピッタ(火の質)、カパ(水の質)という3種のドーシャエネルギーを持っていると考えますが、ドーシャのバランス具合は人それぞれ。ドーシャ自体も常に揺れ動いているので一定ではありません。1人1人が違っている上に時間によってもはバラバラなのです。

 アーユルヴェーダは、みんな違っていてあたりまえという考えが根底にあって、まずは自分の資質を知ることが大切なのだと教えています。

 では、いつも揺れ動いているドーシャエネルギーのバランスを整えるにはどうすればよいのでしょう。アーユルヴェーダでは、「食べ物によって身体はつくられる」として、食事が特に重要と考えます。

 消化を軽くすることを第一に心がけて作られた料理は心と体のバランスを取り戻します。食べると気持ちがほっと安らいで、幸せと満足を感じることができるのがアーユルヴェーダ料理なのです。

e0171960_1322914.jpg
 ところでアーユルヴェーダで「最初の煎じ薬」と言われているのは何だと思いますか?
意外だと思われるかもしれませんが、それは「白湯」です。

 沸かし方のポイントは二つ。1、沸騰したら蓋をとる。2、蓋をとったまま10~15分沸かし続けることです。

 水はもともと陰性(カパ)の質を持っていますが沸かすことで火の質(ピッタ)が加わりさらに沸かし続けることで空気(ヴァータ)も入るので3つのドーシャの質をバランスよく兼ね備えた飲み物となるのです。

 白湯を飲むことで胃から体が温まって消化力が上がり、たまっていた未消化物(アーマ)が流れやすくなります。

 朝起きてすぐ飲む水分は、夜寝ている間に失った水分を補給する意味で、白湯ではなく常温のお水を飲むようにしましょう。白湯は結構浄化力が強いのです。

 一日に飲む量も1リットル位で十分です。朝まとめて沸かしてポットに入れておけばいつでも好きな時に飲めますね。ゆっくりすすりながら飲んでください。熱いのが苦手なピッタの方は冷まして飲んでもかまいません。

 身体が整ってくると白湯が甘くおいしく感じられるようになります。とっても安上がりな「白湯」で心までいきいき若返ることができたら嬉しいですね。

(「鞘sa-ya」主宰 坂口 靖子)
[PR]
by mako0491 | 2014-02-20 13:28 | 健康ナビ