わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

久留米かすりを使った 地下足袋スニーカーなど

TOPIX

久留米かすりを使った

地下足袋スニーカーなど

e0171960_03071984.jpg

久留米絣(かすり)をご存じですか?福岡県の筑後地方で200年続く膨大な細やかな工程と長い時間をかけて織りあげられる日本伝統の織物。

ギャラリー木綿(ゆう)=和歌山市西高松=では主に久留米絣を使った洋服やバッグなどを販売。2年前、オープン10周年にむけて久留米絣を使った商品は出来ないものかと考え、出来上がったのがこの地下足袋スニーカー&サンダル=写真。

久留米絣との出会いはオーナーの谷口登喜子さんが久留米絣の服を購入したのがきっかけ。肌が弱く化学繊維の服を着ると肌荒れなどをおこしていたのがこの久留米絣の洋服を着たところ夏は涼しく、冬は暖かくそして何より肌荒れが全くおこらなくなった事で久留米絣の素晴らしさを体感しその魅力を伝えるべく和歌山にお店をオープンした。

実はこの久留米絣はほとんどが福岡の小さな工房で作られている。工程に手間がかかるため後継者が減っていっているのが現実。この伝統工芸をたやさない為にオーナーの娘さんの谷口まりこさんも織物屋さんとの交流を深め、この伝統工芸を残すべく和歌山県内外へと販路を広げている。

ギャラリー木綿では久留米絣の生地を使ったオリジナルな製品を扱っているが、洋服と同じ柄でトータルコーディネート出来るように地下足袋シリーズが考案された。

地下足袋は自然と親指に力をいれて歩くことで正しいい歩き方ができるので腰痛の方や外反母趾の方にお勧め。男性にもお勧めという。

地下足袋スニーカー22cm-28cm ¥8,640税込み

地下足袋サンダル242628cm ¥7,480税込み

(神谷 弥生)


[PR]
by mako0491 | 2017-07-06 03:07 | TOPIXS