わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

日蓮宗本廣寺と江戸千家の祖 川上不白

日蓮宗本廣寺と江戸千家の祖 川上不白

茶道の流派には、千利休直系の三大流派、表千家、裏千家、そして武者小路千家がある。その他にも数多くの流派があるが、今回ご紹介したいのは、江戸千家。

江戸千家の祖、川上不白は、享保4(1719)、紀州藩水野家の家臣川上家の次男として新宮市に生まれた。

16歳の時、京都にて表千家の中興の祖といわれる7世 如心斎のもとに入門した。

31歳の時、真台子の伝授を受け、茶道の中で重んじられる所作をすべて活かし、客人に茶を振る舞う動作の集大成)如心斎の命により茶道を広めるために江戸へ赴く。90歳で没するまで、江戸千家の茶道を武家階級や町人階級に広めた。

また、川上不白は、法華経(妙法蓮華経)の熱心な信者として、日蓮宗の寺院と仏縁が深い。生まれ故郷 新宮市の日蓮宗本廣寺には、不白が建立した「書写妙法蓮華経印塔」がある。和歌山県の文化財に指定されている。 79歳の高齢にもかかわらず、江戸より新宮に帰り、先祖菩提所の本廣寺の山内に法華経869384の文字を11石に書写し地下に埋蔵ししているという。

e0171960_16360020.jpg
本廣寺は、JR新宮駅から西方、千穂が峰の麓、熊野速玉大社から神倉神社方面へ徒歩5分のところにある。通称、寺社町。新宮市の歴史を感じられる街並みの中にある。更に、新宮城跡にも川上不白直筆の碑が建立されている。お父上が新宮城主、水野家の家臣であった由縁であろう。


[PR]
by mako0491 | 2017-06-25 16:37 | お勧めスポット