わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

『くるまあらいます』

4.21掲載

『くるまあらいます』

e0171960_11354673.jpg

BL出版 2005年 1404

対象年齢:年齢に応じて読むことができます。

(読んでもらうには)2歳から

(自分で読むには)4歳から大人まで 

随分過ごしやすくなってきましたね。さぁどこにお出かけいたしましょう♪まずは絵本の中へ外出、外出。

<あらすじ>

今日はお父さんがお休みの日です。お父さんは二人の子どもに言いました。「お昼を食べに行こう」

早速、車に乗って出発です。ところが、出発した途端、大きな泥の水たまりが現れます。もちろん避けきれず、「パシャ!パシャーン!」車は泥まみれになってしまいました。

お父さんはお昼ごはんどころではありません。先に、車を洗いに行くことにしました。窓を締めて、洗車の機械の中に入ります。

子ども達は何が起こるのか興味津々。ワクワク・ドキドキ。

まずは真っ暗な中を通ります。子ども達にとっては、海の中を潜っていくような気分です。車が潜水艦に変身したかのようです。

窓から見えるのはきれいに泡立てられた洗剤とスポンジ。それは子どもにとっては泡だらけの海と緑のサンゴ礁。もしくは海草。洗剤を流す勢いのある水流は海の嵐や大波です。「しっかり捕まって」

静かになると、窓ガラスにはきれいな水滴でいっぱいです。光が反射してとてもキレイ。と、思ったら「ブォーッ!」海底の火山が噴火したのか、熱い熱風が車にかかります。「大変。やられたらどうしよう。」

でも、大丈夫です。明るい光が見えてきました。無事に海から出られそうです。車もご覧のとおりピッカピカ。

大人にとっては些細な日常でも、子ども達にとっては楽しい大冒険の時間。空想の時間です。私達大人も、たまには空想遊びをするのも楽しそうです.

(笠井 ひろみ)


[PR]
by mako0491 | 2017-04-25 11:39 | 絵本この一冊