わかやま新報女性面 (隔週金曜日)記事を発信-NPO法人「和歌山コミュニティ情報研究所」の女性スタッフが取材・編集を担当


by mako0491

エコ商品、廃プラから100%



 女性特有の感覚でユニーク商品

 楽しみながら小学生らに環境教育



 「МADE IN WAKAYAMA JAPAN」の商品をもっと作り出したいと思っている会社がある。そして、それはペットボトルを100%再生利用した商品なのだ。私たちが捨てるゴミを資源として、リサイクルする株式会社松田商店(本社和歌山市西河岸町)。代表取締役松田美代子さんと、三女で専務取締役の松田多永さんに会って詳細を尋ねた。
                            (中村 聖代)


e0171960_12563418.jpg

社長の美代子さん㊧と専務の多永さん
 

 【夫に代わり社長に】  
 松田商店は昭和22年に古物商・金属屑商として創立。昭和58年に和歌山市から委託を受け、資源ごみ(空缶・空瓶)のリサイクルを開始。平成2年11月に株式会社松田商店を設立、社長は松田洪毅さん。平成3年には産業廃棄物処分許可を取得、ドイツのシステムを参考にした新社屋・工場が平成10年にできる。  
 
 
 現社長の美代子さんは昭和46年に結婚し、夫の仕事を手伝っていたが、子育てが中心の生活だった。ところが平成11年、体調を壊した洪毅さんに代わり社長になった。この業界は多くの研修や講習を受けねばならない。入院中の夫がそれをすることがかなわなくなったためだ。

 「50歳近くなってからの勉強は大変でしたが、夢中でがんばりました」と美代子さん。

 【何かが降りてきてきて家業を】
 4人姉妹の三女である多永さんは、高校3年から1年間、さらに京都の大学で4年間、ドイツ語を専攻した。父が環境先進国であるドイツ研修に行く際に、同行したりしたが、家業を継ぐという意識は全くなかった。
 
 
 OL生活を3年した後、ドイツに留学。帰国後ドイツ語を生かせる仕事をと考え、就職先がほぼ決まりかけていたときに、「家業が忙しくなったので誰か手伝って後を継いでくれないか?」と4人の娘たちに打診があった。   

 今まで意識していなかった家業だが、「面白いのでは?」と考えるようになった多永さん。それぞれ自分の仕事が面白くなってきた長女や次女に代わって自分が継ごうと決心したのだった。

 【環境、絵本などで学ぶ】
 環境教育の一環として、近隣の小学校から「工場を見学させて」と、十数年前から実践してきた。回を重ねるうちに次第にその数が増えてきた。
 
 新社屋を作る際に、もっと多くの子どもたちに対応できるよう、そして楽しく学べるように、とアトラクション形式のものを作った。

  「USJの年間パスを買って、何度も見学に行き、参考にしました」と美代子さん。当初の案内役は多永さんだ。現在では、社員の女性3人が演劇指導を受けて引継いでいる。
 このときに渡すのがマグカップと「くるくる☆クルリンちゃん」という絵本=写真。

 利用価値の高いペットボトルは、リサイクルに使われることが多い。松田商店では、100パーセント材料にした商品をいくつも開発し、製造・販売している。

 
 最初に作ったのは洗面器。海南市は漆器の町。木製にこだわらず、プラスチック成型の技術が盛んなのも紀州漆器の特色。その技術も参考にした。

 イメージキャラクターの「クルリンちゃん」の名付け親は多永さん、どのエコ商品にもこのマークが付く。
「一家に必ず一つはある洗面器、和歌山県の全ての家庭で使ってほしいと願い開発しました『МADE IN WAKAYAMA JAPAN』の商品です」。
 
 そのほかにも、マグカップやプランター・ゴミ箱などのエコ商品を開発。女性視点の細かい配慮がされている。汚れにくく丈夫で耐久性があり、いずれも人気商品だ。

 【和大と協働で】
 環境絵本「リサイクルおてつだいロボット くるくる☆クルリンちゃん」は、和歌山大学システム工学部と産学協同事業の一環で生まれた=2004年12月19日 初版、有限会社アガサス発行。著者:和歌山大学システム工学部デザイン情報学科 原田研究室の3年生5人(3年5組)。
 
 
 子供たちはもちろん大人も一緒に楽しみながらリサイクルについて学べる。また、双六の付録付きで、遊びながらリサイクルの流れが身につく。

 【女性多いのが特色】
 「経営者は圧倒的に男性が多い業界ですが、それだけに覚えてもらいやすく、人あたりも柔らかです」。
 
 30人程いる従業員のうち20名が女性で、女性ならではの特色を生かした仕事をしている。例えば、分別をする細かい手作業は全員が地元地域の女性たちだ。

  あえてオープンにした工場は、資源ごみリサイクル業だけでなく、産業廃棄物処理事業や鉄スクラップ事業にも信頼される結果となっている。
 
[PR]
by mako0491 | 2014-01-10 13:10 | アタマ記事